ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、犬の体格・体形に合ったサイズ、防水&透湿性がある高機能素材、着脱が簡単、カラー&配色が選べる、レインコートがつくれます。

  • 2019.07.14 Sunday
  • 17:08

東京は、7月14日も前夜から小雨が降り続け、14時にやっと雨が上がりました。雨ばかりでなく、日照時間が極端に少なく、低温が続いているので、体調を崩したり、食欲がない犬も多いようです。皆様のお住まいのほうは、いかがでしょうか。

ドッグワン「オーダーメイド」レインコートは、サイズ計測・カラー・配色と背中のプリントデザインなどが決定してから、約3週間ほどで納品になります。梅雨明けには間に合いませんが、日本は3日に1日は雨が降る国なので、すぐに役立つはずです。

大きいサイズのレインコートを探している方、胴長短足の犬のレインコートを探している方、防水・透湿性がある濡れない・蒸れない生地のレインコートを探している方、生地がソフト・軽量・擦れる音がしないレインコートを探している方、着脱が簡単なレインコートを探している方、オリジナリティがあるカラー&配色、デザインのレインコートを探している方などに、ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、ご要望に応えられると思います。

●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、犬の体格・体形に合ったサイズ、防水&透湿性がある高機能素材、着脱が簡単、カラー&配色が選べる、レインコートがつくれます。

犬のレインコートは、価格もピンキリで、防水(濡れない)性能もピンキリです。価格が高いのに、数回使ったら犬がびしょ濡れになった。生地が硬い、音がするので、レインコートを着たがらない。固まって歩かない。サイズが合うレインコートがない。など犬用レインコートの満足度は非常に低いといわざるを得ません。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、チワワからバーニーズなど超大型犬、胴が短い犬・長い犬、胸周りが大きい犬・小さい犬、寸胴の犬・胴が細い犬、毛が長い犬・短い犬、毛量が多い犬・少ない犬、足が短い犬・長い犬、尻尾が短い犬・長い犬、など多様な体格、体形の、犬の数だけ、違うサイズのレインコートをつくっています。生地は、全てが超撥水加工+防水・透湿フィルムの濡れない・蒸れない高機能素材を使っています。この生地は、軽量・ソフト・薄く、着脱しやすいシンプルなつくりになっているので、着脱が簡単で、雨の日でも動きやすいのが特徴です。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

3層構造ソフトタイプ:イエロー×オレンジ、高襟タイプ(フードなし)

●超小型犬〜超大型犬まで、愛犬の体格や体形にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

犬の背丈・胸周り・胴周り・首まわり、前丈を計測して、その犬専用の型紙をつくって、1点1点異なるサイズのレインコートを製作しています。

超小型犬から超大型犬まで、愛犬の体格や体型にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

●生地は、表地は超撥水加工+「防水・透湿フィルム」+裏地の、3層ラミネート構造の濡れない・蒸れない高機能素材を使用。

市販の犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけのものが多く、数回使用しただけで撥水加工が取れるので、生地に水がしみ込みやすく、犬が濡れる原因になります。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」を使っている生地は、表地は超撥水加工、中間層に「防水・透湿フィルム」、裏地、の3層をラミネートした「濡れない・蒸れない」高機能素材を使っています。この生地は、主にアウトドアウエアに使われている生地で、このような防水・透湿性がある生地を使っている犬用レインコートは、ほとんど類がありません。

*3層生地の内側に、メッシュ生地を周辺だけ縫い付けていて、生地が直接犬の被毛や皮膚につかないようになっています。

●生地は、軽量・ソフト・薄い・丈夫で、擦れる音が少ないので、犬が嫌がらない。

アウトドアウェアに使う生地なので、3層構造の生地でも、軽量・ソフト・薄くて、摩耗・破れに強く、擦れる音もほとんど気になりません。小型犬、服の重さや音に敏感な犬にも優しい生地です。

●生地のカラーを選び、配色も自由にできます。

生地カラーは、生地のタイプによって色が決まっているので、その中からベースカラーを選び、パーツ毎(袖。フード、袖先等)に色を選べます。写真のLUCIAの場合は、3層ソフトタイプのイエローが基本色で、袖と襟先が3層軽量タイプのオレンジを使っています。生地や色数で価格が変わることはありません。

●背中に、プリントが入れられます。

背中に、プリント(1色)が入れられます。愛犬の名前、簡単なイラスト(肉球の画像、愛犬のシルエット)などを組みわせて、オリジナルなレインコートの表現ができます。プリント色は、15色から1色を選べます。

●縫い目が少ない、シンプルな構造で、縫い目からの雨や雪の侵入を防ぎ、レインコート軽量化にも役立っています。

縫い目から雨や雪がしみ込むので、極力縫い目が少ない仕様で製作しています。特に、雨や雪が直接あたる背中側は、縫い目が少なくなるような仕様になっています。

ファスナーやマジックテープは、縫い目が増えて濡れやすくなる、重くなる、犬の毛を挟むなどの理由で採用していません。

●着脱が簡単。普通に歩ける、走れる。

シャツと同じつくりで、着るのも、脱がせのも、すごく簡単で短時間でできます。着脱で、犬にストレスがかからず、脱がせるときに犬が濡れたり、玄関などが濡れにくくなります。

また、ファスナーなど付属が少なく、全体的に軽量でソフトなので、着用しても違和感が少なく、晴れの日と同じように、歩く・走るの動作ができます。

●フート付きが基本で、高襟(上写真)も選べます。前足の長さは、長めも可能。

基本スタイルは、フード付きで、2本足タイプです。上写真の高襟も選べます。また、前足の長さは、歩きやすい範囲で少し長めにもできます。4本足のレインコートは、製作していません。

DPP_3479.JPG
DPP_3480.JPGDPP_3481.JPG


DPP_2626.JPGDPP_2625.JPG

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、胴長短足のミニチュア・ダックス、コーギーでもピッタリサイズのレインコートができます。

  • 2019.06.16 Sunday
  • 18:35

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、背丈、胸周り、胴周り、首周り、前丈を計測して、その犬専用の型紙をつくって、裁断・縫製をしています。ミニチュア・ダックス、コーギーなど胴長短足の体型の犬でも、1等1頭の体格・体形にあったサイズのレインコートがつくれます。10数年前は、ダックス専用、コーギー専用のサイズとデザインの服やレインコートが揃っていたようですが、今はサイズ構成もデザインも選択枝が少ないので、着せたくても着せらるものがないと嘆く飼い主さんが少なくありません。ミニチュア・ダックス、コーギーのレインコートは、胸周りがあっていないと袖の中に前足が入って、歩くことが出来ません。また、背丈があっていないと、短すぎると雨に濡れてしまい、長すぎると排泄で汚れてしまうこともあります。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、ミニチュアダックス、コーギーのような胴長短足の特殊な体形で、個体差も大きい犬にピッタリなアイテムです。


DPP_2627.JPG
DPP_2626.JPGDPP_2625.JPG
●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、胴長短足のミニチュア・ダックス、コーギーでもピッタリサイズにつくれます。
ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、犬の背丈・胸周り・胴周り・首周り・前丈を採寸して、専用の型紙をつくり生地を裁断・縫製してハンドメイドで製作をしています。1頭1頭の体格・体形にあったサイズのレインコートができるので、雨の日でも普通に歩く、走る、排泄することができます。

ミニチュア・ダックス、コーギーのレインコートは、袖がフレンチスリーブで短い仕様が基本です。胸幅が少しでも合わないと、袖の中に前足が入ることがあるので、胸まわりのサイズがあったレインコートができることも、胴長短足の犬種では重要なことです。

●着脱が簡単。雨が入る、重くなる、毛をはさむ可能性があるファスナー、マジックテープ、ボタンなど不使用。

雨や雪は、上面に縫い目があると入りやすくなるので、上面はラグラン袖にして縫い目をできるだけ少なくした仕様になっています。また、ファスナー、マジックテープ、ボタンなどの付属は、縫い目が増える原因になり、重くなる、着脱が面倒になる、毛を挟みやすいなどで採用していません。

人間のレインコートやアウトドアウエア同様に、構造をシンプルにしているので、雨や雪が入りにくく、着脱も簡単です。超大型犬では、着脱が簡単で短時間で済むことは、大きなメリットです。脱がせるときも、玄関周辺などを汚すことが少なくなり、レインコート表面の水が、犬についてしまうことも非常に少なくなります。

●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」のマテリアル・スペック。(防水性、透湿性、撥水性)
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、生地がボロボロにならない限り、濡れない性能は半永久的に持続します。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+「裏地」の、3層構造「3レイヤー」素材
「超々撥水加工ナイロン100%」+「防水・透湿フィルム」の、2層構造「2レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
●フードあり、フードなしの衿仕様を選択できます。

基本はフードがついていますが、フードなしの衿仕様を選ぶこともできます。今回ご紹介しているHazukiちゃんのレインコートは、オプションの衿仕様になっています。価格は、フードあり、衿仕様でも同じ価格です。
●メールでのご注文方法

ご希望アイテム名(オーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)もご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。

●価格の目安

XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、デリケートな柴犬でも着脱が簡単で、普通に歩けて排泄もできます。

  • 2019.06.15 Saturday
  • 15:39

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、犬種別でみると柴犬のレインコートが一番多く製作しています。柴犬は、外でしか排泄しない犬が多いので、雨の日の散歩にレインコートは欠かせないアイテムです。しかし、柴犬は着るものにデリケートで、レインコートの生地が硬い・重い・擦れる音がする、濡れる、着脱に時間がかかる、大きすぎる・小さすぎる・尻尾にかかるなど、少しでも気になるところがあると、レインコートを着ない、やっと着せても噛んで脱ごうとする、動かない・固まる、歩かないなど、レインコートを着せるのを諦めていた飼い主さんが数多くいらっしゃいますした。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、生地が軽量・ソフト・擦れる音が少ない、防水生地で濡れない、着脱が簡単・短時間、採寸して愛犬の体格・体形にピッタリサイズのレインコートをつくれるなどの特長があります。柴犬が気にする箇所やストレスが少ないレインコートなので、嫌がらずに着て、雨の日も天気の日と同じように普通に歩けて、排泄することができます。

犬が、レインコートを着るかご心配な方は、お店やご自宅で何回か練習すると、問題なく着れるようになりますので、当店までご連絡ください。

1543060011043.jpg1543060033424.jpg

●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、デリケートな柴犬でも着脱が簡単で、普通に歩けて排泄もできます。
ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、犬の背丈・胸周り・胴周り・首周り・前丈を採寸して、専用の型紙をつくり生地を裁断・縫製して製作をしています。1頭1頭の体格・体形にあったサイズのレインコートができるので、着ると違和感がなく、普通に歩く、走る、排泄することができます。尻尾にかかることがないので、気になることも少なくなります。

また、生地は、軽量・ソフトで防水の生地になっていて、擦れる音が気になることはありません。普通のシャツにフードや襟がついているようなシンプルなつくりなので、着脱が簡単で犬と人に負担が少ないレインコートです。

●着脱が簡単。雨が入る、重くなる、毛をはさむ可能性があるファスナー、マジックテープ、ボタンなど不使用。

雨や雪は、上面に縫い目があると入りやすくなるので、上面はラグラン袖にして縫い目をできるだけ少なくした仕様になっています。また、ファスナー、マジックテープ、ボタンなどの付属は、縫い目が増える原因になり、重くなる、着脱が面倒になる、毛を挟みやすいなどで採用していません。

人間のレインコートやアウトドアウエア同様に、構造をシンプルにしているので、雨や雪が入りにくく、着脱も簡単です。超大型犬では、着脱が簡単で短時間で済むことは、大きなメリットです。脱がせるときも、玄関周辺などを汚すことが少なくなり、レインコート表面の水が、犬についてしまうことも非常に少なくなります。

●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」のマテリアル・スペック。(防水性、透湿性、撥水性)
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、生地がボロボロにならない限り、濡れない性能は半永久的に持続します。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+「裏地」の、3層構造「3レイヤー」素材
「超々撥水加工ナイロン100%」+「防水・透湿フィルム」の、2層構造「2レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
●フードあり、フードなしの衿仕様を選択できます。

基本はフードがついていますが、フードなしの衿仕様を選ぶこともできます。今回ご紹介しているHazukiちゃんのレインコートは、オプションの衿仕様になっています。価格は、フードあり、衿仕様でも同じ価格です。
●メールでのご注文方法

ご希望アイテム名(オーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)もご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。

●価格の目安

XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、超大型犬でもピッタリサイズのレインコートができます。

  • 2019.06.14 Friday
  • 16:23

ドッグワンでは、「オーダーメイドレインコート」は、グレート・ピレニーズ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ニューファンドランドなど、多くの超大型犬にも製作してきました。最大では、体重75kg、胸周り120僂離團譽法璽困離譽ぅ鵐魁璽箸鮴什遒靴討い泙后

超大型犬の同犬種も、1頭1頭、体格や体型、筋肉量、脂肪量、被毛のボリュームなどが異なります。ドッグワンの「オーダーメイドレインコートは、1頭1頭採寸して、その犬用に専用の型紙をつくって、生地を裁断して製作しています。うちの子は、特別大きい、胸周りが大きい、少し太り気味、毛量が多い犬でも、ピッタリサイズのレインコートをつくることができます。

レインコートの生地は、全て防水・透湿フィルムと、超撥水加工の表生地を使っているので、生地から雨や雪がしみ込んで濡れることはありません。生地カラーと配色は、選べます。また、背中のプリントも費用に含まれています。製作期間は、採寸やオーダーに必要な事項が整ってから、約3週間ほどいただいております。

地域的には、北海道や東北など北国が比較的多く、メールでのやり取りで、問題なくピッタリサイズのレインコートが出来上がっています。東京周辺では、都内、神奈川県、埼玉県を中心にお店(東京都小金井市)にご来店いただいて、採寸して、生地とカラー・配色、プリントデザインなどを打ち合わせして、製作した犬も多数いらっしゃいます。また、飼い主さんだけご来店いただき、打ち合わせ後に、ご自宅で採寸してご連絡いただいて進行することもあります。

DPP_3479.JPG
DPP_3480.JPGDPP_3481.JPG
DPP_3482.JPGDPP_3483.JPG
Hazukiちゃん/バーニーズ・マウンテン・ドッグ/女の子
●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、超大型犬でもピッタリサイズのレインコートができます。
超大型犬は、屋外で排泄する犬がほとんどなので、レインコートは必需品のアイテムです。しかし、市販のレインコートは、大型犬のゴールデンLサイズほどが最大になっていることが多いので、比較的小柄な犬以外の飼い主さんは、雨の日にはたいへんな苦労をされている方も多いようです。
ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、採寸をして専用の型紙を起こして製作しています。このため、体重が70kg以上、胸囲120cm以上などの超大型犬でも、ピッタリサイズのレインコートをつくることができます。超大型犬といわれる同犬種であっても、体重だけでなく、背丈・胸囲・胴囲・首周りなど、体格や体型や毛量など個体差が大きいものです。
犬が大きくなるほど、雨の散歩後のお手入れは大変になりますので、サイズが合うレインコート、撥水&防水の生地のレインコートで、お手入れが格段に簡単に済むようになると思います。

●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」のマテリアル・スペック。(防水性、透湿性、撥水性)
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、生地がボロボロにならない限り、濡れない性能は半永久的に持続します。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+「裏地」の、3層構造「3レイヤー」素材
「超々撥水加工ナイロン100%」+「防水・透湿フィルム」の、2層構造「2レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
●着脱が簡単。雨が入る、重くなる、毛をはさむ可能性があるファスナー、マジックテープ、ボタンなど不使用。

雨や雪は、上面に縫い目があると入りやすくなるので、上面はラグラン袖にして縫い目をできるだけ少なくした仕様になっています。また、ファスナー、マジックテープ、ボタンなどの付属は、縫い目が増える原因になり、重くなる、着脱が面倒になる、毛を挟みやすいなどで採用していません。

人間のレインコートやアウトドアウエア同様に、構造をシンプルにしているので、雨や雪が入りにくく、着脱も簡単です。超大型犬では、着脱が簡単で短時間で済むことは、大きなメリットです。脱がせるときも、玄関周辺などを汚すことが少なくなり、レインコート表面の水が、犬についてしまうことも非常に少なくなります。
●フードあり、フードなしの衿仕様を選択できます。

基本はフードがついていますが、フードなしの衿仕様を選ぶこともできます。今回ご紹介しているHazukiちゃんのレインコートは、オプションの衿仕様になっています。価格は、フードあり、衿仕様でも同じ価格です。
●メールでのご注文方法

ご希望アイテム名(オーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)もご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。

●価格の目安

XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の評判・評価。

  • 2019.05.06 Monday
  • 14:56

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の評判や評価は、「犬が嫌がらずに着て、普通に歩けた」「超大型犬でも着れるレインコートがやっとみつかった」「着脱が簡単で人も犬も楽」「オンリーワン感が良い」「長持ちする」「犬が濡れる部分が少なくなった」「最初からこのレインコートにしたらよかった」・・等々です。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」が、市販のレインコート、他のオーダーメイドのレインコートと違うのは、次の通りです。採寸して愛犬専用サイズのレインコートをつくれる。軽量・ソフト・薄い・丈夫で超撥水+防水・透湿フィルムの,濡れない・蒸れない生地を使っている。レインコートの生地・カラー・配色を選べて、背中に犬の名前などをプリントできる。着脱が簡単、等々です。

●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の評判・評価。

犬のレインコートは、価格もピンキリで、性能もピンキリです。高いのに、数回使ったら犬がびしょ濡れになった。生地が硬い、音がするので、レインコートを着たがらない。固まって歩かない。サイズが合うレインコートがない。などレインコートの満足度は非常に低いといわざるを得ません。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、チワワからグレート・ピレニーズまで、胴が短い犬・長い犬、胸周りが大きい犬・小さい犬、寸胴の犬・胴が細い犬、毛が長い犬・短い犬、毛量が多い犬・少ない犬、足が短い犬・長い犬、尻尾が短い犬・長い犬、など多様な体格、体形の、犬の数だけ、違うサイズのレインコートをつくってきました。生地は、全てが超撥水加工+防水・透湿フィルムの濡れない・蒸れない高機能素材を使っています。この生地は、軽量・ソフト・薄く、着脱しやすいシンプルなつくりになっているので、着脱が簡単で、動きやすい特徴があります。上記のような評判・評価は、このような根拠から出てきていると思われます。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

3層構造ソフトタイプ:イエロー×オレンジ、高襟タイプ(フードなし)

●超小型犬〜超大型犬まで、愛犬の体格や体形にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

犬の背丈・胸周り・胴周り・首まわり、前丈を計測して、その犬専用の型紙をつくって、レインコートを製作しています。

超小型犬から超大型犬まで、愛犬の体格や体型にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

●生地は、表地は超撥水加工+「防水・透湿フィルム」+裏地の、3層ラミネート構造の濡れない・蒸れない高機能素材を使用。

市販の犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけのものが多く、数回使用しただけで撥水加工が取れるので、生地に水がしみ込みやすく、犬が濡れる原因になります。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」を使っている生地は、表地は超撥水加工、中間層に「防水・透湿フィルム」、裏地、の3層をラミネートした「濡れない・蒸れない」高機能素材を使っています。この生地は、主にアウトドアウエアに使われている生地で、このような防水・透湿性がある生地を使っている犬用レインコートは、ほとんど類がありません。

*3層生地の内側に、メッシュ生地を周辺だけ縫い付けていて、生地が直接犬の被毛や皮膚につかないようになっています。

●生地は、軽量・ソフト・薄い・丈夫で、擦れる音が少ないので、犬が嫌がらない。

アウトドアウェアに使う生地なので、3層構造の生地でも、軽量・ソフト・薄くて、摩耗・破れに強く、擦れる音もほとんど気になりません。小型犬、服の重さや音に敏感な犬にも優しい生地です。

●生地のカラーを選び、配色も自由にできます。

生地カラーは、生地のタイプによって色が決まっているので、その中からベースカラーを選び、パーツ毎(袖。フード、袖先等)に色を選べます。写真のLUCIAの場合は、3層ソフトタイプのイエローが基本色で、袖と襟先が3層軽量タイプのオレンジを使っています。生地や色数で価格が変わることはありません。

●背中に、プリントが入れられます。

背中に、プリント(1色)が入れられます。愛犬の名前、簡単なイラスト(肉球の画像、愛犬のシルエット)などを組みわせて、オリジナルなレインコートの表現ができます。プリント色は、15色から1色を選べます。

●縫い目が少ない、シンプルな構造で、縫い目からの雨や雪の侵入を防ぎ、レインコート軽量化にも役立っています。

縫い目から雨や雪がしみ込むので、極力縫い目が少ない仕様で製作しています。特に、雨や雪が直接あたる背中側は、縫い目が少なくなるような仕様になっています。

ファスナーやマジックテープは、縫い目が増えて濡れやすくなる、重くなる、犬の毛を挟むなどの理由で採用していません。

●着脱が簡単。普通に歩ける、走れる。

シャツと同じつくりで、着るのも、脱がせのも、すごく簡単で短時間でできます。着脱で、犬にストレスがかからず、脱がせるときに犬が濡れたり、玄関などが濡れにくくなります。

また、ファスナーなど付属が少なく、全体的に軽量でソフトなので、着用しても違和感が少なく、晴れの日と同じように、歩く・走るの動作ができます。

●フート付きが基本で、高襟(上写真)も選べます。前足の長さは、長めも可能。

基本スタイルは、フード付きで、2本足タイプです。上写真の高襟も選べます。また、前足の長さは、歩きやすい範囲で少し長めにもできます。4本足のレインコートは、製作していません。

IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」ご注文方法。

  • 2019.03.08 Friday
  • 14:03

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、ドッグワンの店舗(東京都小金井市)にご来店いただくか、ご来店できない方は、メールでお申し込みしていただき、完成したレインコートを発送することもできます。

「ドッグワンの店舗にご来店」いただくメリットは、直接生地やサンプルを見ることができるので、生地の色や感じ(軽さや柔らかさ)、プリント色を確認できること、犬が同伴の場合は当店で採寸するので、飼い主さんが採寸しないくて済むことなどがあります。ご注文の流れは、採寸(犬が同伴でない場合は、後日サイズを飼い主さんに測って連絡していただきます)。→生地とカラーを選び配色を決める。→プリントカラーとデザインを検討して決定します(後日、プリントデザインの画像をメールで確認もできます)。→仕様の確認(フードorハイネック襟、袖の長さ等)。→サイズで料金(価格)が決定、現金でお支払。→レインコートが完成するまで約3週間かかります。→受け取りが店頭の場合は着用して問題があれば修正して後日お渡し。受け取りに来れない場合は、送料無料で発送いたします。着用してサイズ等に問題があれば、送り返していただき修正して発送いたします。(当初のサイズ修正は、料金は不要です)
「メールでのご注文」は、ご希望アイテム名(オーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)もご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。
●採寸します。…1頭1頭採寸をして、愛犬専用の型紙をつくり、裁断して縫製しています。1頭1頭、体格や体形にあったサイズのレインコートができます。
採寸箇所は、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈の5箇所が基本です。1頭1頭採寸して、その犬の専用の型紙(パターン)をつくって、生地を裁断して縫製しています。超小型犬から超大型犬まで、愛犬の体格や体形にあったサイズのレインコートをつくることができます。
^Ωい鯑曳爾靴討里翰菘垢蓮▲疋奪哀錺鵑悩寮いたします。
ドッグワンの店内で、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈を採寸いたします。愛犬を同伴できない場合は、ご家庭で採寸表に基づいて計測していただき、後日当店にご連絡いただくこともできます。計測箇所や方法、注意点などはその場でお伝えします。
△翰菘垢任ない方は、当店から送付する採寸表に基づいて採寸して、オーダーシートに記載して、メールかFaxで当店に送り返していただきます。
メールでのご注文は、希望アイテム名(オーダーメイドレインコート)、郵便番号・ご住所・お名前・犬種を、shop@dogone.jpまでお送りください。ドッグワンより、オーダーシートと採寸表(採寸箇所等)等を添付して返信いたします。
採寸箇所を計測してオーダーシートの寸法欄に、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈等を計測してご記入してください。
生地とカラーを選び、配色を決めます。…レインコートの生地とカラー、配色を決めます。配色は、レインコートのパーツ毎(ボディ・フード・袖・フード縁・袖先等)に、生地・カラーを選ぶことができます。
レインコートの生地は、全て、表地に超々撥水加工+防水・透湿フィルムをラミネートした「濡れない&蒸れない」高機能素材の生地です。レインコートのカラーは、パーツ(ボディ・袖・袖先・フード・フード縁・首まわり縁)ごとに指定ができるので、ボディとフードと袖を異なるカラーにする、ボディ・フード・袖のカラーは同じで、フード周りや袖先を別のカラーを選ぶなど、配色も自由にできます。

メールでのご注文の方は、オーダーシートに生地の種類とカラーを、パーツ毎に指定できるようになっています。生地のカラーは、PC・スマホなど、1台1台異なりますので実際とやや異なる場合もあります。生地やカラーについて、ご質問やご相談は、お電話等で当店までお尋ねください。
<生地とカラーを選びます>
生地は、5タイプあります。生地によって、カラーが異なります。

レインコート生地の裏側には、どのタイプを選んでもメッシュ生地を縫い付けています。2層構造の生地は、フィルムに直接ふれないようにメッシュで保護する。また、メッシュ生地を使うことで、レインコートの生地が直接犬の被毛や皮膚に触れないので、冷たさなども伝わりにくくなり、すべりが良くなるので運動性も良くなります。
 孱灰譽ぅ筺次(3層構造)生地×3色
表地の「超撥水加工ナイロン」+「防水&透湿フィルム」+「裏地」がラミネートされた「3層構造」の生地です。3層構造なので生地の張りやしっかり感があり、丈夫な生地なので犬のレインコートに非常に適した素材です。また、千鳥格子柄で上質な光沢感がある生地なので、その上質さや高級感も好評です。3層構造にありがちな硬さや重さがない生地で、ガサガサ音や硬さが気になることはまずありません。
DPP_4032.JPG
左から:*ロイヤルブルーブルー、ホワイト、*レッド、ゴールド(*ロイヤルブルー、*レッドは終了です)
◆3レイヤー・ライトタイプ」(3層構造)×4色
3層構造ですが、2層構造のような軽量でしなやかな生地です。カサカサ音や重さを感じにくい生地なので、服やレインコートを嫌がる犬も評判が良い生地です。また、小型犬で、軽量で高性能な生地のレインコートを探していた飼い主さんにも評判が良い生地です。雨や夜間などでも視認性が高いカラーが揃っているので、夜間や早朝の散歩が多い犬、黒毛の犬にもお勧めの生地です。
DPP_4035.JPGIMG_0339.jpg
左から:オレンジ、プラム、パープル、イエローグリーン

⓷「3レイヤー」(3層構造)×4色

この生地は、柔らかくしなやかさが特長です。ソフト、ガサガサ音がしにくく、軽量なので、市販のレインコートの生地の硬さやガサガサ音が苦手な犬にも、お薦めの生地です。小型犬から超大型犬まで、体のサイズや体形にかかわらず、お薦めできる生地です。

new_20170621_2427051.jpgIMG_0369.jpg

左から:グリーン、イエロー、ブルー、ブラック
⓸「2レイヤー」(2層構造)×3色
表地の「超撥水加工1WAYストレッチ生地」に「防水&透湿フィルム」がラミネートされた「2層構造」です。表地の生地がしっかりしているので、3レイヤーの生地に近い張り感と光沢があるきれいな生地です。大型犬や超大型犬でも、適度な張り感がある生地で、しなやかさや音が少ないなど評判が良い生地です。
DPP_4033.JPGIMG_6022.JPG
左から:ロイヤルブルー、ブルー、レッド
ァ孱殴譽ぅ筺・ライトタイプ」(2層構造)×3色+1色
表地の「超々撥水加工ナイロン」+「防水&透湿フィルム」をラミネートした「2層構造」の生地です。ブルーグレー、グリーン、イエローの3色は、デリケートな生地で耐久性がやや劣るので、ボディ・フード・袖などに使うのではなく、フード縁・袖先などワンポイントのカラーとして使うことがおすすめです。
柿色は、表地が3色とは異なります。表地の生地がブルーグレー・グリーン・イエローの3色よりも厚みがありますが、しなやかで耐久性もあります。
DPP_4034.JPGIMG_5871.JPG
左から:柿色、ブルーグレー、グリーン、イエロー
<レインコートの配色を決めます>
レインコートの配色は、フード全体、フード縁、フードのつば、首周り、袖全体、袖下縁、背中上部、背中下部、ウエスト周り、おなか、などの各パーツごとに生地とカラーを選ぶことができます。3層の生地と2層ストレッチの生地や2層の生地の組み合わせも自由にできます。何色選んでも、価格は同じです。
<ワントーン>
全てのパーツが同色使いの、1色のレインコートです。
IMG_5719.JPG
<ツートーン>
生地のパーツ毎にカラーを変えることができます。フード全体、フードのツバ、フード縁、首周り、袖全体、袖下縁、ボディ背中側、ボディお腹側、胴のゴム周りが、パーツです。パーツの部分とカラーの組み合わせを選ぶと、ツートーンのレインコートの出来上がりです。
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG
<マルチトーン>
生地のパーツ毎にカラーを変えることができます。フード全体、フードのツバ、フード縁、首周り、袖全体、袖下縁、胴のゴム周りに加えて、背中の上と下別々、お腹側左右別の、フード左右別、袖左右別、フードのツバの上面と下面別など、左右アシンメトリー・カラーのレインコートや、上下が色違いのカラーブロックカラーのレインコートもできます。


 
プリントカラーを選びます。…
プリントカラーは16色の中から1色を選べます。
オーダーメイドレインコートで採用しているプリントは、レインコートで一番大切な「超撥水&防水性能」に影響を与えない、生地の柔らかさやしなやかさ妨げない、下地が透けない、発色性が良い、剥離が少なく耐久性が高いなど、最新のプリント技術を採用しています。プリント代や版代等は、費用に含まれますので、別途かかることはありません。また、プリントがなくても費用は同一です。

左上から:ゴールド、シルバー、ホワイト、レッド、グリーン、イエロー、ワインレッド、キャメル、マリンブルー、バンプーグリーン、ネービーブルー、メタルシルバー、レモンイエロー、オレンジ
 ●プリントデザインを決めます。・・・愛犬の名前やイラストをデザインします。
プリントのデザインは、愛犬の名前や誕生日、愛犬の肉球や全身の写真をシルエットにする、名前の由来をイラストにするなど、飼い主さんが自由に表現することができます。プリントデザインは、パターン化されたデザインから選ぶ、飼い主さんのご希望のデザインのラフスケッチから、当店でデザインをして、画像データで確認していただくこともできます。また、イラストレーターやフォトショップで飼い主さんが作成した画像データを使うこともできます。注意点としては、細かすぎるプリントデザインは、プリントが剥離することがあるので、小さすぎ・細かすぎるデザインは不適であること、プリントのサイズは背中の一定の範囲でしかできないことです。当店で、画像データをつくる費用は、レインコートの価格に含まれいるので、別途かかることはありません。

●基本仕様と、仕様(フード、袖丈他)を選べる部位があります。…フード付きのTシャツ型(前足タイプ)が基本仕様。フードなしの襟が長い仕様、袖が長め・短め、雌はお腹部分が長め、尻尾無しタイプなどの仕様も選べます。
ドッグワンの「オーダーメイドレインコート」は、基本形がフード付きのTシャツ型で、前足に袖がある2本足タイプです。着脱の際、首周り、胴回り、フード周りの3箇所のゴムで調整をしてアジャストできるようになります。基本形以外に、フードあり、フードなしの襟長、袖の長さ、しっぽがない犬用など、仕様を選択できる部位もあります。
 屮奸璽匹△蝓廚基本形ですが、「フードがない襟が長い」のレインコートもつくれます。
フードありが基本形ですが、フードがない襟長タイプのレインコート(上記バーニーズ、ラブラドール参照)もつくれます。フードを嫌がる、洗濯や乾かすときにフードがあると面倒などの犬には、衿が長いフードなしのレインコートが選ばれています。
フードありとフードなしの金額は、同額になります。
袖を短めにする。袖を長めにする。ことができます。
ミニチュアダックスやコーギーのような短足系の犬種や、小型犬などは、袖を短めに作製することもできますので、袖に足が入ることが少ない仕様です。

また、足が長い犬は、袖を長めにすることができます。
尻尾あり仕様と尻尾なし仕様があります。
尻尾がある犬種と、コーギーなどの尻尾がない犬種では、尻尾周辺の仕様を変えています。
ぅスとメスで、腹部の長さを変えることができます。
オスは、排尿があるので腹部のカットが大きめになります。メスは、腹部のカットを少なめにつくれます。
4本足タイプは製作していません。レッグカバーをお勧めしています。
4本足タイプは、運動性が著しく落ちること、着脱が大変で犬も人も濡れること、カバー面積が少ないこと(排便等)、などの理由で、製作しておりません。後ろ足や前足をカバーする場合は、レインコートと同素材の「レッグカバー」をご検討下さい。
Α屮好織奪侫丱奪亜廚ついています。
旅行先などで濡れたレインコートを収納できる「スタッフバッグ」がついています。

●価格(税込み)は、サイズで決まります。
価格は、採寸したサイズに基づいてきまります。生地の違いや配色数で価格が異なることはありません。また、マーキングデザインのデザイン代・版下代・プリント代も含まれた価格なので、他に費用はかかりません。また、このサイズは、価格を決めるだけで、実際に製作するレインコートは、採寸した寸法によって専用のパターンをつくって、その犬専用サイズにつくられます。
XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

*同犬種でも、体重が2・3倍異なり、体形の違いも大きいので、この目安と実際が異なることがあります。

●納期は、全ての手順が完了してから、約3週間です。
採寸、レインコートの配色、プリントデザインが完成・確認できた段階から、3週間ほどの製作期間をいただいております。

納品は、店頭でお受渡し、店頭からヤマト運輸便で発送。

メールでのご注文は、ヤマト運輸便のコレクト(現金引換え)で発送いたします。

●メール(FAX)を使って、オーダーする手順について。
メールでご依頼の場合は、オーダーシートを添付いたしますので、それに必要事項を記入していただくだけで、簡単にオーダーすることができます。また、カラー配色やプリントデザインのデータ上での確認もできます。
”要事項を記載して「shop@dogone.jp」に送信してください。
メールで「オーダーメイドレインコート」をご注文の場合は、下記内容をご記入のしてメールをお送り下さい。
・ご希望アイテム・・・オーダーメイドレインコートと記載ください。(オーダーメイドシャツ、オーダーメイド首輪とはオーダーシートが異なるため)
・お客様の情報・・・郵便番号、ご住所、お名前、電話番号、メールアドレス
・犬の情報・・・犬種、性別
◆屮ーダーシート」・「採寸表」等必要な書類を添付してメールで送信します。
「オーダーシート」、「採寸表」、「プリント例」等の書類を添付して、メールで送信いたします。
「オーダーシート」の必要事項にご記入していただき、メールかFAXでドッグワンまでお送りください。
オーダーシートには、〆寮I宗↓∪乎呂肇ラー、配色の指示プリントデザインを記入してください。
プリントデザインをメールで確認することも出来ます。
プリントデザインを確認する必要がある場合は、レインコートを指定のカラーで配色したうえに、プリントデータをつけてメールでお送りします。配色やプリントデザインをご確認することや修正することもできます。
と送・お支払いは、ヤマト便の代引き(コレクト払い)になります。
完成した「オーダーメイドレインコート」は、ヤマト便の代引き(コレクト払い)で発送いたします。発送の際には、メール等でご連絡いたします。また、代引き手数料は、10,000円未満324円、10,000円以上432円になります。送料につきましては、5,400円以上はサービスです。また、他の商品等と同時発送もできます。
●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」の特長と機能について
ドッグワン店長のブログ・カテゴリー「オーダーメイドレインコート」、2019年2月24日〜3月7日をご参照ください。

また、ご不明なこと、ご心配等がございましたら、下記店舗までご連絡ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」で多いQ&A。

  • 2019.03.07 Thursday
  • 15:31

2月の下旬から3月にかけて、周期的に3日に1日は雨が降っています。雨の日が増えるにつれ、ドッグワン「オーダーメイドレインコート」のお問合せやご注文が増えてきました。「オーダーメイド・レインコート」は、ドッグワンの店舗以外では、生地や完成品などを直接見ることができないので、疑問や不安に思うこともあると思います。お客様からの質問と、その返答をQ&Aにまとめてみました。

IMG_0339.jpg

*生地カラー:3層ソフトタイプ パープル×プラム (カラーは、下記の生地見本参照)

*プリントデザインは、動きでぶれています。

●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」で多いQ&A。

「オーダーメイド・レインコート」は、ドッグワンの店舗では生地や色、サンプルなどを確認することができます。また、犬を同伴すると、生地を当ててみて、色を決めることや、採寸もできます。一方、お店に来店できない方は、このブログが情報源なので、良くわからないことや心配なこともある場合があります。お客様からのQとAについては、多様ですが、以下代表的なものを列挙いたします。また、不明なことやご心配ごと等ございましたら、いつでもご連絡ください。

IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

‖僚鼎60圓△觚い任癲▲譽ぅ鵐魁璽箸鬚弔れますか?

60圈70圈80圓慮い任癲屮ーダーメイドレインコート」はつくれます。バーニーズ・マウンテン・ドッグ、グレート・ピレニーズ、ニューファンドランドなどの実績も多数です。

⊆宅で採寸は、難しいですか?

自宅でもサイズが計測できるように、書類を準備しているので問題なくできると思います。

メールでご注文をいただい方、ドッグワンに犬を連れて来れない方には、「サイズの計測方法」の書類をメールで添付いたします。

犬が立った状態で採寸するので、一人は犬が動かないようにして、もう一人が採寸と記録するようにして計測するようにすると、正確に計測できるはずです。メジャーで測るときは、指1本分隙間があるように測ります。

サイズ計測箇所と説明を入れていますので、お分かりになると思います。不明な場合は、お電話をいただければサポートいたします。

⓷胴(背中)が長い犬ですが、サイズが合ったレインコートができますか?

このレインコートは、首周り、胸周り、胴周り、背丈、前丈、(胸下丈)の5か所or6か所を計測して、専用型紙をつくって裁断縫製をします。胴が長い犬、胸周りが大きく・胴が短い、胸周りと胴周りの差が大きいなど、犬の体型にあったレインコートがつくれます。

4本足のレインコートは、つくれますか?

4本足のレインコートは製作していません。レインコートの型は、前足タイプでフードありが基本です。尻尾あり・なし、フードなしの高襟も選べます。

ドが苦手な犬でも、このレインコートは着れますか?

このレインコートだけは、嫌がらずに着て、普通に散歩ができる。少し練習したら、嫌がらずに着れるようになった。…等々、慣れと練習で、犬が嫌がらずにレインコートを着て、普通に歩く・走る・排泄することができるはずです。

シャツやレインコートを着ると、異物が体についたと思って、かじったり、走り回って取ろうとする犬もいます。このような犬でも、口を手で持って、レインコートを頭から通し、前手を出し、レインコートを延ばす、3か所止める、順番で着せる。できない場合は、日を変えて着る練習をすると、知っている限りでは100%着用します。脱ごうとしたり、かじろうとする場合は、「ダメ」や「NO]などのコマンドで、かじってはいけないことを学習させます。着用して普通に動けるようになったら、犬が好きな場所に連れて行って、レインコートを着ると楽しいことがあると記憶させると、雨の日の散歩も普通にできるようになります。

暑い時は、蒸れませんか?

犬のレインコートは、袖先やお腹周りなど隙間があるので、蒸れることは少ないはずです。また、このレインコートは、防水&透湿フィルムを使っていて、熱の蒸気は生地を通って外に排出され蒸れにくくなっています。

з水性と防水性の違いが良くわからない。

撥水は水をはじくことで、防水は水を通さないことです。撥水は、生地表面に撥水加工をしたもので、水玉になって落ちるので表地が濡れにくくなりますが、撥水性は落ちていくので、撥水スプレーなどでメンテナンスが必要です。このレインコートでは、撥水加工した表地の裏に、防水&透湿フィルムをラミネートしていて、表地から水が漏ってきても、このフィルムから水を通すことはなく、犬が濡れることがありません。防水&透湿フィルムは、生地が切れたり、擦れたりしない限りは、メンテナンス不要で機能が落ちません。

─屮ーダーメイドレインコート」はいくらでできますか?

犬のサイズを計測して、一番近いサイズの価格になります。レインコートの製作代(税込み)価格で、プリント代など全て含まれています。店頭でのお支払は、オーダーをするとき(前払い)になります。発送の場合は、手数料なしで発送ができます。また、メールでのご注文のお支払は、ヤマト運輸便の代引き(現金引換え)で発送、別途代引き手数料がかかります。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

*同犬種でも、体重が2・3倍異なり、体形の違いも大きいので、この目安と実際が異なることがあります。

IMG_0355.jpg
写真左3色:3層ライトタイプ/グリーン、ブルー、イエロー

写真右4色:3層ソフトタイプイエローグリーン、オレンジ、パープル、プラム
IMG_0359.jpg

写真左3色:3層/ゴールド、ホワイト、ブルー

写真左4,5,6 :2層ロイヤルブルー、ブルー、レッド

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

カラー:イエロー×オレンジ プリントカラー:シルバー 高襟タイプ

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」。次文ね僖譽ぅ鵐魁璽箸隆霑値儻譟

  • 2019.03.04 Monday
  • 15:47

インターネット検索は便利ですが、情報の正誤では問題があります。犬用レインコートについても、メーカーやショップで、生地の専門的な知識がない人が製作したり、販売しているようで、撥水性しかないのに、防水性があるような説明をしているところが目立ちます。

私共は、以前スポーツ会社に勤めておりましたので、生地の機能性や用語やレインコートのことは、専門的な知識を有しているつもりです。飼い主さんには、正しい情報をもとに、愛犬にとって、飼い主さんにとっても、最良のレインコートを選べるようにお手伝いします。
IMG_0339.jpg

●犬用レインコートの基礎用語。

レインコートは、雨や雪で犬が濡れることを防ぐアイテムです。特に、レインコートは、撥水性(水をはじく)と防水性(水を通さない)&透湿性(蒸れない)の生地の機能が重要です。機能が理解できると、犬のレインコートだけでなく、ご家族のスポーツウエアや一般衣料などの購入のときにも役立つはずです。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

』水性。

撥水性は、水をはじく性能のことです。撥水加工をした生地では、水が球状になって滑り落ちやすくなり、表地が濡れにくくなります。

耐久撥水

耐久撥水性は、撥水性が落ちにくい加工(コーティング)している生地のことです。100回洗濯を繰り返して、撥水性がどの程度残っているかで、撥水性能が分かれます。しかし、耐久撥水加工でも、撥水性が劣化しますので、撥水スプレーなどで、メンテナンスする必要があります。

*ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、全て耐久撥水加工を施した生地を使っています。

⓷防水性

防水性は、水を通さない性能のことで、濡れない性能ともいわれます。生地では、表地の内側に、防水&透湿フィルムをラミネートしたものが防水性能が高く、アウトドアやウィンタースポーツのウエアに使われています。

ぢ竸絨機

耐水圧は、生地がどれだけの水圧に耐えられる防水性があるのかの数値です。耐水圧20,000ミリは、生地の上に1兒擁の柱を立てて、水を20m(20,000ミリ)の高さまで入れても、生地から水が漏らない性能のことです。台風・嵐などの大雨でも、水を通さない性能なので、アウトドアのレインジャケット・アウター、スキーウェアなどに採用されています。

*ドッグワン「オーダーメイドレインコート」の生地は、全て耐水圧20,000mlです。

ゴ袷緩豹紂

完全防水は、防水&透湿フィルムをラミネートした生地を使って、縫い目からも水が入らないように目止めをしたウエアのことです。犬用では、完全防水のレインコートは、私が知っている限りではありません。

*ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、完全防水ではありません。縫い目を少なくして水の侵入を少なくしています。

ζ湿性。

透湿性は、衣服内の水分(水蒸気)を外に出して、蒸れにくいようにする性能のことです。

透湿度。

透湿度は、衣服内の蒸気状態の水分(汗)を、生地が透過できる量のことです。生地1屬△燭蝓24時間で水分を透過した(外に出す)数値で表します。アウトドアウエアで使うレベルの生地は、透湿度20,000g//24hで、1日(24h)で1平方メートルあたり、20,000g(20kg)の水蒸気の汗を透過する(外に出す)能力があります。

*ドッグワン「オーダーメイドレインコート」の生地は、20,000の透湿度があります。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」。察文い縫譽ぅ鵐魁璽箸鷲需品)

  • 2019.03.03 Sunday
  • 18:07

私と「はる」は、毎日自宅から店まで散歩をしながら出勤しています。晴れ、曇り、雨、大雨、台風、雪、猛暑、厳寒に関係なく、40分から1時間ほど、散歩&通勤が日課です。「はる」は、3歳8か月ですが、病気知らず、ケガ知らずなのも、食事習慣と運動習慣などの生活習慣が良いことと思っています。

もちろん、「はる」にとってドッグワン「オーダーメイドレインコート」は必需品です。散歩後に、濡れている、汚れているところを拭く、飼い主にも必需品です。体高が28僂曚匹靴ない「はる」は、レインコートの下側が、砂や小石、草などでドロドロになっていることが多く、レインコートのありがたみをそのたびに感じています。

IMG_0384.jpgIMG_0363.jpg

●犬にレインコートは必需品。

飼い主はレインポンチョ、犬はレインコート。雨の日の、私と「はる」の散歩&通勤に欠かせないアイテムです。

飼い主は傘、犬はそのまま。犬がレインコートを嫌がる、着ない。サイズが合わないなど、何かしら事情があるかもしれませんが、そのような事情であれば、「はる」が愛用している、ドッグワン「オーダーメイドレインコート」がお薦めです。

〇笋函屬呂襦廚留の日の散歩&通勤。

私と「はる」は、雨が降っていても、台風が来ようが、雪が降ろうが、364日毎日、40〜60分ほど散歩をしながら店まで通勤しています。今日の東京は、あいにく朝から雨でしたが、約1時間雨の中を歩き続けました。雨の日は、私はレインポンチョを愛用していて、カバンが濡れないように中に入れることができるのがメリットです。「はる」は、ドッグワン「オーダーメイドレインコート」を着用しています。晴れや曇りの日と同じように、雨の日も同じくらい散歩をしているので、雨でも不快に思わないようです。

雨の朝の散歩&通勤で、店に来てから行うこと。

店の玄関のマット上で、レインコートを脱がして、「はる」を自由にしながら、レインコートを吊るします。その後、「はる」をタオルで拭きます。背中とサイドはほとんど濡れていませんが、顔、頭、お腹、脇の下、足を中心に拭きます。その後、「はる」は歩き回って、ゴロゴロした床を雑巾掛けして終了です。時間は、あまり濡れないので、5分から10分ほどです。

⓷「はる」が着用し、汚れたレインコートを見て思うこと。

「はる」は、体高が28僂如地面とお腹が近いので、足が長い犬に比べると、お腹部分が圧倒的に汚れが目立ちます。砂・小石、草、泥などで汚れ切っています。もし、レインコートを着ていなければ、胸や腹の毛に入り込むのかとおもうと、ゾッとします。

ぅ譽ぅ鵐魁璽箸魴がる、着たがらない犬に。

犬は、もともと服を着る動物ではないので、体に何かしらついただけで嫌がる、取ろうとすることがあります。犬がレインコートを着るのを嫌がる、レインコートを着なかった、動かなくなったなどが、トラウマになっている飼い主さんも多いようです。しかし、採寸をして犬の体型にあっているレインコート、ソフトで軽量、音がしないなどストレスが少ない生地、頭からかぶり前足を袖に入れるなどシンプルなつくりで着脱が簡単な「オーダーメイド・レインコート」は、犬が嫌がる可能性が非常に低くなります。

飼い主さんと犬の主従関係が確立されていれば、後は慣れなので、着脱や散歩も普通にできるようになった犬がほとんどです。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」。此蔽輅犬蓮店舗orメール)

  • 2019.03.02 Saturday
  • 15:24

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」のご注文は、東京都小金井市のドッグワンの店舗、ご来店ができない方はメールでご注文ができます。日本は、雨が多い国なので、犬にレインコートは必需品だと思います。サイズが合うレインコートがない。レインコートを着るのを嫌がる。すぐに生地が濡れて、レインコートを着せる意味がない。このような不満を感じている飼い主さんは、ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」をお薦めします。店頭でのご注文、メールのご注文とも、飼い主さんが思っている以上に簡単に、オーダーメイドのレインコートをつくれると思います。

IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

●ドッグワン店舗での注文

ドッグワン店舗でのご注文のメリットは、生地を直接見て、触れることができることがあります。また、犬と一緒にご来店していただくと、採寸の心配が不要になります。生地を犬にかぶせると、似合うカラーがわかるので、配色も自信をもって決めることができるはずです。

\乎蓮▲ラー、配色を決める。

店舗では、生地サンプルを用意しています。生地の厚み、しなやかさなどの確認、カラーを確認して、生地、カラーを決めます。2色使う場合は、メインカラーとサブカラーを選び、サブカラーを使う箇所を袖、襟、袖先、襟先などを指定して、配色を決定します。3色以上は、3色目を選び、同様に配色を指定します。

背中のプリントデザイン、カラーを決める。

背中のプリントのデザインを決めます。お客様のご要望をお聞きして、当店でデータをつくり、メールでご確認して製作を勧めることも可能です。プリントカラーは、16色の見本から1色を選びます。

⓷採寸

採寸は、首周り、胸周り、胴周り、背丈、前丈の5か所を基本に、胸下丈などを計測します。

ぅ奸璽瓢斗or高襟(オプション)を選ぶ

フード仕様が基本ですが、高めの襟にすることもできます。他に、袖を長めにする等も可能です。オプションですが、費用は同じです。

ゲ然覆蓮▲汽ぅ困之茲泙蠅泙后

レインコートの価格は、⓷の採寸の結果で、決定されます。価格は、税込みで、プリント代、データ作成費など全て含まれます。

お支払は、基本、この段階で現金でお願いしております。

上記 銑い魍稜Ц紊棒什遏L3週間後に、納品。

上記 銑い瞭睛討魍稜Ц紊法∪什遒貌ります。製作期間は、約3週間が基本です。注文が多い時期などは、もう少し時間がかかることがあります。

納品は、店頭で着用後にお渡しが基本ですが、発送もできます。

納品後に、サイズ調整が必要な場合は、可能な限り無償で修正いたします。

納品後に、着用した後でも、丈が長すぎる、おしっこがかかるなど問題がる場合は、可能な限り無償で修正いたします。

製作後、数年経過した、太ったなどの場合は、有償や修理不可能になります。

●メールでのご注文

メールでのご注文は、出来上がりが想像以上に良いなどなど、良い評判をいただいています。生地のカラーは、PCやスマホで異なることがありますが、概ね想像していたカラーとそんなに遜色はないようです。メールのやり取りやブログでも不明なことや心配ごとがありましたら、お電話でサポートができますので、いつでもご連絡ください。

.疋奪哀錺鵑縫瓠璽襪如△潅輅犬靴討ださい。

メールでのご注文は、ご希望のアイテム名(オーダーメイドレインコート)、郵便番号・ご住所・お名前・電話番号・メールアドレス、犬種、の必要事項を記入して、ドッグワンにメールで送信してください。

当日・または翌日に、オーダーシートと関連する資料を添付して、メールで返信いたします。

メールをいただいた時間によりますが、当日、または翌日に、オーダーシート・関連する資料を添付して、メールで返信いたします。

⓷オーダーシートに、必要事項を記入して、ドッグワンにメール送信。

「オーダーメイド・レインコート」のオーダーシートは、上記店頭でのご注文の 銑い汎韻呼睛討如↓\乎蓮Εラー・配色 ▲廛螢鵐肇ラー プリントデザイン ぅ汽ぅ此↓ゥ奸璽or高い襟、他サイズ、デザインのご希望などです。同時に添付をした資料を参考にする。当ブログの「オーダーメイドレインコート」をご参照ください。

ぅ廛螢鵐肇妊競ぅ鵑蓮▲如璽燭燃稜Г發任ます。

背中のプリントデザインは、データで確認ができます。ご要望の際は、オーダーシートにご記入ください。

チ瓦討虜邏箸終了後、約3週間後に発送。お支払は、ヤマト運輸便のコレクト払いになります。

プリントデザインの確認などが全て終了してから製作をいたします。製作期間は約3週間です。納品は、ヤマト運輸で発送いたします。お支払は、コレクト(現金引換え)で、1万円以下324円、1万円以上432円が別途かかります。送料は、サービスです。

η蕊文紂着用後に、寸法が合わないなど、修正が必要なときはご相談ください。

納品後のサイズ修正が必要なときは、当店への発送代はお客様持ちで発送していただき、当店からの発送代。修正代は無料です。

数年経過したレインコート、太って窮屈など、修理が不可能、有償になります。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

カラー:イエロー×オレンジ プリントカラー:シルバー 高襟タイプ

●価格(税込み)は、サイズで決まります。
価格は、採寸したサイズに基づいてきまります。生地の違いや配色数で価格が異なることはありません。また、マーキングデザインのデザイン代・版下代・プリント代も含まれた価格なので、他に費用はかかりません。また、このサイズは、価格を決めるだけで、実際に製作するレインコートは、採寸した寸法によって専用のパターンをつくって、その犬専用サイズにつくられます。
XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

*同犬種でも、体重が2・3倍異なり、体形の違いも大きいので、この目安と実際が異なることがあります。

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM