RSS | ATOM | SEARCH
冬に、お客様からの質問や相談が多いこと。-3(犬が食べないときに、)

今年の冬は、最低気温が低い日が多く、今日は気温差が18度もありました。犬は、気温差が7度以上あると下痢をしやすくなるといわれていますので、下痢、下痢でなくても胃腸の調子が悪い、食欲がない、元気がないなど、健康を損ねやすい季節です。

ドライフードや手作り食は、冷たいままではなく、温めて食べさせる。トッピングを加えて食べさせるなどの工夫をすることで、食欲が回復した犬も多いと思います。しかし、それでも食べない犬には、完全栄養食のチーズでトッピングや栄養補給、 食べる量が少ない犬には、飲ませて栄養補給をすることもお勧めです。

●完全栄養食の「フリーズドライチーズ」は、栄養バランスが崩れないので、食欲不振時の栄養補給に適した食材です。
チーズは完全栄養食といわれ、食物繊維とビタミンC以外のほとんどの栄養素をバランス良く摂取できます。特に、良質なタンパク質、ビタミンA・B2、カルシウム・鉄分などが豊富なので、夏ばてで食欲不振の犬、成長期の子犬、高齢犬、食が細い・食欲不振の犬、病気がちな犬の栄養補給に適した食材です。

今日紹介する「フリーズドライチーズ」は、チーズの優れた栄養をそのままに、犬に適した低塩になっていて、開封後も常温で保存ができるのが特長です。散歩でもおやつとして食べさせることができて、ドッグフードや手作り食のトッピングには、そのままでも手でつぶしてフリカケ状にしても食べさせることができます。

DPP_4064.JPG

ー命榛犬ら:ドットわん「フリーズドライチーズ キューブ」¥410(25g)/¥1,058(70g)
ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」¥820(45g)、ナチュラルハーベスト「ベイクドチーズ」¥864(40g)

ドットわん「フリーズドライチーズ」、ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」は、ニュージーランドのナチュラルチーズを輸入して、日本のチーズ工場でプロセスチーズにして、さらにフリーズドライ加工したチーズです。フリーズドライのチーズは、無添加で長期保存が可能、開封後も冷蔵保存が不要で常温保存ができるので、とても使いやすいチーズです。

犬はタンパク質が発酵した味や匂いを好むといわれますが、チーズも発酵食品なので、チーズが大好きな犬が多いようです。夏ばてで食欲不振になったときには、おやつとフードトッピングの両方で、不足した栄養を補給することがお勧めです。多少多めに食べても、完全栄養食なので、栄養バランスが崩れないので、安心して食べさせることができます。

●犬が食欲不振で食べる量が少ないときは、飲ませて栄養と水分を補給。

犬が食欲不振になって長期間続くと、栄養失調や脱水症になるのが心配です。このような食べない、少量しか食べないときは、飲ませて不足した栄養を補うことで、栄養と水分を補うことがお勧めです。

お湯や水で薄めて飲ませるだけでなく、フードにスープを入れてフードも食べさせる、フードにヤギミルクの粉末をフリカケにする、お湯で薄めたヤギミルクにフードを入れてフードも食べさせるなど、犬の好みや様子を見ながら、試行錯誤してやると良い結果ができることがあります。

DPP_4067.JPG

▲疋奪箸錣鵝屮疋奪箸錣鵐后璽廖廖594(5包入り/1包10g)、¥1,620(15包入り/1包10g)
全頭検査済み国産牛の大たい骨だけをコトコトじっくり煮出した牛骨スープです。お湯に溶かしてスープ、お湯に溶かしたスープにフードを混ぜるなど、短時間で簡単に、栄養と水分を摂取させるができます。犬の胃に優しく消化吸収が早いので、胃腸の調子が悪い、胃腸の機能が落ちているような、夏ばて、高齢、病中病後の犬にもお勧めです。成分的には、コラーゲン(タンパク質の1種)が豊富で、コンドロイチン・ヒアルロン酸などを含みます。

PetAg「ゴートミルク&核酸(DNA・RNA)粉末」 ¥2,052(150g)
ヤギミルクは、完全栄養食なので、食欲不振の犬、病気で食欲が低下した犬、高齢で食欲が低下した犬、成長期の子犬の栄養補助などに、飲ませて栄養と水分を補給・補助することができます。ヤギミルクは、牛乳に比べてアレルギーや消化不良になる犬が少なく、ヤギは牛よりも様々な植物を食べるので栄養価値が高いといわれています。

この「ゴートミルク&核酸(DNA&RNA)粉末」は、粉末にすることで喪失してしまう核酸(DNA&RNA)が補完されていて、最も母乳に近い安全なヤギミルクとして、アメリカの動物園で野生動物の赤ちゃんの飼育用に使われています。

夏ばてで食欲不振になって、ドッグフードや手作り食を食べない、食べても食事量が少なすぎるようなときに、「ゴートミルク」を飲ませて、栄養と水分を補給させることもお勧めです。

 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 16:13
-, -, pookmark
冬に、お客様の質問や相談が多いこと。-2(フードを食べない犬に、ごはんの友を)

今年の冬は、最低気温が例年以上に低い日が多く、寒暖の差が大きいので、冬になって食欲不振になった犬が多いようです。冷たいドライフードよりは、少し温めたり、温かい煮汁(スープ)や肉・野菜を加えたほうが、犬の食も進みます。冷たい生肉や生野菜は食べなくても、温かい肉・野菜・ご飯の方が、犬の食は進むはずです。

このような工夫をしても食べない犬、少ししか食べない犬には、おやつとして食べさせるソーセージやジャーキーを、小さくカットしたり、フリカケ状にして、ご飯の友のようにトッピングすると、良く食べるようになる犬が多くいます。特に、体力がない子犬、高齢犬、痩せている犬、病中病後の犬は、体力・免疫力・筋力が低下しないように、食欲を回復させる方法をすぐに試してみることがお勧めです。
●ドライフードだけでは食べない犬に。手作り食も食べない犬に。…無薬飼料飼育で平飼い「島原名水鶏」を使った「無薬鶏レバーソーセージ」と「無薬鶏ささみ&チーズ・ソーセージ」。
無薬飼料飼育で平飼いで育った「島原名水鶏」を使った「無薬鶏レバーソーセージ」と「無薬鶏ささみ&チーズ」は、レトルト加工されたソーセージなので、未開封でも、常温で長期間保存ができます。1本を開封すると、人間の食品と同様に、残りは冷蔵庫で保存して、早めに食べきる(数日内)ようにします。

「無薬鶏レバーソーセージ」は、島原名水鶏のレバーが85%で、水分が少なくレバー特有の香りとレバーの比率が高いので、食欲が落ちた犬でも好んで 食べることが多いソーセージです。犬の大きさ、トッピングやおやつなどの目的に応じて、包丁などでカットして食べさせる、外では手でカットして食べさせることもできます。

「無薬鶏ささみ&チーズソーセージ」は、無薬鶏のササミにチーズを入れたソーセージで、レバーソーセージに比べると水分が多く、嗜好性が高いので、薬を入れて食べさせている飼い主さんも多いようです。使い方は、レバーソーセージと同様です。どちらかというと、ささみ&チーズソーセージの方が、小型犬では人気が高いようです。
 屮宗璽察璽検廚鮠さく切り刻んで、ドライフードにトッピング。
ソーセージを小さく切り刻んで、ドライフードに混ぜてやると、ソーセージと一緒にドライフードも食べる犬が多くいます。ソーセージが大きくカットしてあると、ソーセージだけ食べて、ドライフードを食べないので、できるだけ小さくカットしてフードに混ぜるのがポイントのようです。
このソーセージは、肉の比率が高いので、良質なタンパク質と脂質の補給にもなります。最初は、ソーセージを多めでドライフードを少なめからはじめて、食欲が回復するにつれ、ソーセージの比率を下げていったり、飽きてきたようなら別の味のソーセージにすることで、食の細さや食ムラを改善することができる可能性が高いソーセージです。
また、抗生剤や成長ホルモン剤を飼料に加えていない「無薬飼料飼育」の島原名水鶏を使っているので、ドライフードも「無薬飼料飼育」の食用肉を使っている「ナチュラルバランス」や「ドットわん」などのドライフードと組み合わせることが望ましいと思われます。
▲奸璽匹鬚燭さん食べれない犬には、おやつとして「ソーセージ」を食べさせて、栄養補給をする。
極端に食欲が落ちた犬、高齢で食事量が少なくなった犬などには、この「ソーセージ」でたんぱく質と脂質を補給することもお勧めです。
犬が何歳になっても減らしてはいけない栄養素は、タンパク質・脂質・ミネラル・ビタミンの必須栄養素です。食欲不振になると、必須栄養素が不足するので、「体を作る」役割をするタンパク質と資質を中心に、少しでも不足を補うことができるのが、このソーセージです。
手作り食で食欲不振の犬にも、肉のかわりに使いやすい「ソーセージ」です。
手作り食で使っている肉や内臓肉よりも、この「ソーセージ」で使っている肉のほうが、安全性が高い可能性があります。無薬飼料飼育の鶏肉は、抗生物質や成長ホルモン剤などの薬品が内臓に蓄積することがなく、安心してレバーも食べさせることができます。ドッグフード派でも、手作り派でも、このソーセージが評判が良いのは、使っている材料の質が高く、美味だからと思われます。いつもの肉、別の種類の肉にしても食べないときには、試してみる価値があるソーセージです。
ぅ愁侫箸覆里如∋童ぁ高齢犬、歯やあごが弱い犬にも適しています。
ソフトなソーセージなので、仔犬、高齢犬、歯やあごが弱くて固いものを食べれない犬などにも食べさせることができます。
●「無薬鶏レバー・ソーセージ」と「無薬鶏ささみ&チーズ・ソーセージ」
「無薬飼料飼育」で平飼いで育った「島原名水鶏」のレバーを使ったソーセージと、同じ鶏のささみとチーズを使ったソーセージです。小麦粉でんぷんは、つなぎとして使われています。無薬飼料飼育は、抗生物質や成長ホルモン剤を飼料に加えないで飼育することで、安全性だけでなく鶏肉本来の美味しさが備わっていると言われています。また、島原名水鶏は、天然水と無農薬のトウモロコシとカテキンが豊富な茶葉で育っていて、旨み成分のイノシン酸が多いので美味な鶏肉として評価されているそうです。
このような「無薬鶏レバーのソーセージ」と、「無薬鶏ささみとチーズのソーセージ」なので、嗜好性が非常に高く、おやつ、トレーニングや躾のご褒美、トッピング、手作り食など様々な使い方ができます。もちろん、原材料の安全性だけでなく、人間のハム・ソーセージ工場で衛生的につくられていて、合成着色料・合成香料・合成保存料など無添加製品なので、安心して与えることができます。
このソーセージは、レトルト釜で高温高圧殺菌されたものなので、防腐剤などの保存料がなくても保存が可能になっています。また、空気(酸素)に触れないので酸化が進まないので合成着色料も不要なので、無添加でも安全な製法です。開封したソーセージは、開封した残りは冷蔵庫で保存して、早めに食べきることが必要です。
DPP_4061.JPGDPP_4062.JPG



写真上 左:「無薬鶏レバーソーセージ」 右:「無薬鶏ささみチーズソーセージ」
写真下:ソーセージを1本ずつ、カットしたものです。
 嵬橘鶏レバー・ソーセージ」¥598(35g×4本)
無薬鶏のレバーが、85%使われているので、非常に嗜好性が高く栄養価値も高いソーセージです。鶏肉に限らず、レバーは有害物質が蓄積しやすい内臓肉ですが、鶏が飲む水、鶏が食べる餌を管理しているので、抗生物質や成長ホルモン剤や残留農薬などの影響がなく、安全な鶏レバーを食べさせることができます。
仔犬の躾のご褒美、訓練やスポーツをしている犬のご褒美などのおやつとして使うときには、あらかじめ適度なサイズのサイコロ形にカットしておくと使いやすいと思います。また、ほとんどが鶏肉のレバーなので、ドッグフードのトッピングにも適していて、嗜好性が高いので食が細い犬、夏ばてなどで食欲不振になった犬にも、ぜひ試してもらいたいソーセージです。このソーセージばかり食べるときには、おろし金でふりかけのようにしたり、包丁で細かく刻んでフードと一緒に食べるようにします。また、手作り食にも、安全な鶏肉レバーとして使い勝手が良いようです。 
原材料:無薬飼料飼育鶏きも(長崎産)、デンプン
生産地:国産
1本あたりの成分:粗タンパク質4.8g、粗脂肪0.84g、炭水化物8.36g、灰分0.45g、カロリー61.7kcal 
サイズ:長さ約11cm、直径約20mm×4本入り
◆嵬橘鶏ささみ&チーズ・ソーセージ」¥598(40g×4本)
無薬飼料飼育の「島原名水鶏」のささみに、香り豊かな国産チーズを加え、つなぎに小麦でんぷんが使われている、安全で美味なソーセージです。ささみとチーズは、犬が大好きな食材なので、嗜好性が非常に高く、おやつだけでなくトッピングや手作り食の具材としても使いやすい優れたソーセージです。使い方は、上の「無薬鶏レバーソーセージ」と同様です。
原材料:無薬飼料飼育鶏ささみ(長崎産)、チーズ、デンプン
生産地:国産
1本あたりの成分:粗タンパク質7.56g、粗脂肪0.92g、炭水化物6.52g、灰分0.4g、カロリー66.5kcal
サイズ:長さ約11cm、直径約20mm×4本入り
●味と香りが良いおやつは、「ご飯の友」のようにトッピングに使え、良く食べるようになる犬が大勢います。
「ドットわんササミジャーキー」は、広島ハーブ鶏のササミを小さくカットして、低温乾燥で丁寧に作ったササミジャーキーです。ササミの味と香りがしっかり残っていて、硬すぎることがないので、あらゆる犬種や年代の犬に、非常に人気が高いおやつです。手で小さくしたり、ミルでフリカケ状にして、ドッグフードや手作り食のトッピングに使っている人も多いようです。

「ドットわんフリーズドライチキン」は、宮崎産食用鶏肉の胸肉を、フリーズドライ加工したもので、サクサクした食感で胸肉の旨みが凝縮しています。このまま、手でフリカケ状にしたり、水で戻して出汁と一緒にトッピングとして使うこともできます。

発想を転換しておやつを、「ご飯の友」としてフードにトッピングすることで、フードを食べるようになれば、時間や費用も大してかからずに、犬の健康も維持しやすくなります。
DPP_4063.JPG
●味と香りが別次元。「ドットわんササミジャーキー」は、食欲不振の犬でも食べる可能性が高いおやつ&トッピング食材です。
「ドットわんササミジャーキー」は、広島ハーブ鶏のササミだけを使ったジャーキーです。1本のササミを手切りで、小さくカットして、低温乾燥でつくられています。鶏肉の美味しさと、手間がかかった加工によって、できあがったササミジャーキーです。子犬から、高齢な犬まで、犬種を選ばずにたいへん評判が良いのは、確かな理由があります。

「ドットわんササミジャーキーミニ」¥302(20g)、「ドットわんササミジャーキー」¥1,058(90g)
原材料・原材料原産国:
ハーブ鶏(広島県産)
生産地(原産国):日本
成分:粗タンパク質70%以上、粗脂肪3%以上、粗繊維1%以下、粗灰分7%以下、水分10%以下、カロリー310kcal/100g
ヽけた瞬間、香りが違うことが、飼い主さんと犬がわかるササミジャーキーです。
「ドットわんササミジャーキー」を開けた瞬間に、今までのササミジャーキーとは違うことが良くわかる商品です。飼い主さんだけでなく、犬までがかつてないほど喜んだという話を良く聞きます。
この香りの違いは、使っている鶏肉の違い、製法の違いがもたらしています。「ドットわんササミジャーキー」は、広島ハーブ鶏のササミだけを使っています。同じブランド鶏のササミだけを使っていることは、非常に珍しいことです。広島ハーブ鶏は、独自のハーブ(オレガノ)配合飼料を食べて、平飼いで自由に走り回る環境で育った健康な鶏で、臭みが少なく、しっかりした弾力が魅力の鶏肉といわれています。また、広島ハーブ鶏のササミを、手作業でそぎ切りして、低温風で時間をかけて乾燥させています。このような鶏肉とそのササミの美味しさと香りをそのまま生かした加工によって、違いがわかるササミが出来上がっています。
⊂さくカットされて、硬すぎず、柔らかすぎない、美味なササミジャーキーは、子犬から高齢な犬まで好評です。
普通は、1本のササミをそのまま乾燥させてつくることが多いようです。そうすると、ササミの芯まで乾燥させないといけないので、芯以外がパサパサしたり、味や香りが飛んだササミジャーキーになってしまいます。
「ドットわんササミジャーキー」は、手切りで小さくしてから低温風乾燥しているので、味や香りが残っていることと、硬すぎず、柔らかすぎないササミジャーキーに仕上がっています。小さくカットされていることや、硬すぎず・柔らかすぎない食感なので、子犬から、高齢な犬まで食べさせることができます。歯がほとんどない、歯や歯茎が悪い犬には、手で小さくカットして食べさせる、それでも食べれない犬には、ミルなどで粉末にしてトッピングで食べさせることもできます。
おやつとして食べさせる以外にも、トッピングとしても活用できます。
味と香りが良いササミジャーキーなので、おやつで食べさせる以外にも、手で小さくカットしたり、ミル等でフリカケ状にして、ドッグフードのトッピングに使っている飼い主さんもいらっしゃいます。嗜好性が高いので、食欲がないとき、食が細い犬、高齢で食欲が低下した犬などに、お勧めです。
た紊鬚△泙螳まない犬には、膀胱炎&ストルバイト結石予防、シュウ酸カルシウム結石予防に、水にフリカケ状のササミで味と香りをつけて、水を飲ませることがお勧めです。
水分摂取量が少ない犬は、膀胱炎&ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなるといわれています。水だけでは飲まない犬には、水に「ドットわんササミジャーキー」を粉末状にして入れて、味と香りをつけることで水を多く飲ませるようにすることを、ぜひお試しください。このジャーキーの美点である、味と香りが良いことで、水を良く飲むようになって、膀胱炎や結石の再発予防ができた犬もたくさんいます。
●柔らかくサクサクした食感。「ドットわんフリーズドライチキン」は、おやつだけでなく、トッピングにも重宝します。
宮崎県産食用鶏の胸肉をスチームしてから、フリーズドライ加工されています。鶏肉の旨みが凝縮されていて、サクサクした食感のチキンです。常温で保存ができるので、いつでもトッピングやおやつとして使えて、とても重宝するアイテムです。
特に、食が細い犬、食欲にムラがある犬、高齢で食欲が落ちた犬、歯が弱い犬などでも、嗜好性が高く、柔らかいので、ドライフードに、ふやかしたドライフード、缶詰、手作り、を選ばずに使えます。手で簡単に小さくできるので、ふりかけのようにフード全体に均一に入れてフードを食べるようにする、水で戻して出汁ごとトッピングすることもお勧めです。

「ドットわんフリーズドライチキン・ミニ」¥367(15g)、「ドットわんフリーズドライチキン」¥1,188(60g)
原産国(生産国)
:日本
原材料原産国:日本(宮崎産食用鶏肉の胸肉)
内容量:ミニサイズ15g 、60g
成分:粗タンパク質79%以上、粗脂肪7%以上、粗繊維1%以下、粗灰分7%以下、水分5%以下、カロリー266kcal/100g
 屮疋奪箸錣鵐侫蝓璽坤疋薀ぅ船ン」は、そのままトッピング、手作り食として使えます。常温で保存ができるので、肉がない、肉が足りないときにも便利です。
フリーズドライチキンを、そのまま数個使うことで、ドッグフードのトッピングとして使えます。手作り食、手作りとドッグフード半々などで、肉の在庫が少ないとき等にも便利です。フーズドライは、保存料や添加物が不要で、常温で長期保存ができるので使いやすく便利なアイテムです。
◆屮疋奪箸錣鵐侫蝓璽坤疋薀ぅ船ン」は、柔らかくてサクサクしているので、歯が抜けかわっていない子犬、歯が弱い・アゴが弱い犬、硬いものが苦手な犬、消化力が落ちた高齢犬などでも、食べさせることができます。
「ドットわんフリーズドライチキン」は、柔らかくてサクサクした食感で、歯が抜け替わっていない子犬、歯やアゴが弱い犬、硬いものが苦手な犬、消化吸収力が低下した高齢犬などにもお勧めです。
お湯や水で戻して、蒸し鶏とスープのようにして使うこともできます。
「ドットわんフリーズドライチキン」を、お湯や水で戻して使うこともできます。戻すと蒸し鶏のようになり、お湯や水もスープとして使うことができます。
たが細い犬、食欲にムラがある犬、ドライフードだけでは食べない犬に、「ドットわんフリーズドライチキン」を手でつぶして粉末ににしてフリカケのように使うと、味と香りが増して 食べるようになる可能性があります。
食が細い犬、夏ばてなどで食欲がないとき、食欲にムラがある犬、ドライフードだけでは食べない犬も、結構多いようです。「ドットわんフリーズドライチキン」は、柔らかいので、手でつぶして粉末にしてふりかけのようにすることができます。味と香りが良いので、チキンにつられてフードを食べるようになる犬が多くいます。
タ紊鬚△泙螳まない犬は、膀胱炎や結石ができやすくなります。「ドットわんフリーズドライチキン」を手で粉末にして、水に少量入れると、水に味や香りがつくので、水を良く飲むようになる可能性があります。
水をあまり飲まない犬は、膀胱炎やストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石もできやすいといわれています。水だけではあまり飲まない犬には、水に味や香りを少しつけることで、水を適量飲むようになることがあります。「ドットわんフリーズドライチキン」を砕いて粉末にして、少量を水に入れると、チキンの味と香りがして、水を良く飲むようになった犬が多くいます。膀胱炎と結石の予防、再発予防にも効果があるので、ぜひお試しください。
シ盈のご褒美、おやつに使える。安全で柔らかい貴重なおやつになります。
ソフトで、サラサラしているので、犬の訓練のご褒美としても使いやすいおやつになります。小型犬やご褒美の回数が多い犬は、事前に小さくカットしておくと、より使いやすくなります。もちろん、日常のおやつとしても使いやすいと思います。
一般的に、柔らかい犬用おやつは、水分が多いので合成保存料、水質保持剤、防かび剤などが大量に使われているようです。
「ドットわんフリーズドライチキン」は、熱や圧力をかけずに水分を抜くフリーズドライ加工しているので、保存料や合成添加物が不要で、常温で長期保存が可能です。

 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 16:17
-, -, pookmark
冬に、お客様の質問や相談が多いこと。-1(冬になって、犬がフードを食べないときがある)

今年の冬は、犬がドライフードを食べない、手作り食を食べないなど、食欲不振になった犬の飼い主さんからの相談が多くなっています。例年、夏ばてで食欲不振になる犬、高齢になって食欲不振になる犬の相談を受けることは多くありますが、冬はそれほど多い印象はありませんでした。

犬は、1日の気温差が7度以上あると下痢をしやすくなるといわれていますが、今年の冬は最低気温が低く、気温差が大きく、寒暖の差が大きいことが、食欲不振になっている犬が多い原因になっている可能性があります。また、ドライフードや手作り食は食べなくても、おやつは 食べる犬が多いようなので、寒さや気温差や寒暖差が、犬の食欲に関係している可能性があります。

お住まいの地域、犬がいる部屋などの環境、犬種や年齢など、環境や犬の個体差が大きいので、一概に言えませんが、フードを食べない日が続いている場合には、該当するようなときには検討して、試してみることがお勧めです。
●冬になって、犬がフードを食べないときがある。
犬は、夏の暑さや湿度に弱く、冬の寒さには強いといわれています。しかし、1日の気温差が大きく、最低気温が例年よりも低い、寒暖の差が大きいなどでは、胃腸の調子が悪くなったり、体力や免疫力が低下するなどの理由で、お腹の調子が悪くなったり、食欲が落ちる犬も増えるようです。特に、子犬や高齢犬など体力がない犬、病中・病後の犬などは、食べないとさらに体力が低下して食欲もさらに落ちるような悪循環から早く脱出させて、良く食べる・体力が回復といった好循環にしてあげる必要があります。

人間でも寒いと、鍋やあたたかいものを食べたり飲みたくなる、冷たいものは食べない飲みたくない人が多いのではないでしょうか。犬は言葉で飼い主さんに伝えることができませんが、実は冷たいフードは食べたくない、お腹の調子がいまいち、など何かしらの原因があって、フードを食べなくなったり、嫌々食べている可能性もあります。
.疋薀ぅ奸璽匹冷たい、ぬるいので、食べたくない。→ドライフードを人肌程度に温めてみる。消化も良くなるので、体力が落ちている、消化力が落ちている犬にもお勧めです。
犬が、ドライフードを食べない。手作り食を食べない。このようなときは、フードが冷たくて食べない、ぬるいので、食べないのかも知れません。人間でも、寒い日は鍋などあたたかいものを食べたくなる、冷たいものは食欲がわかないのと同じで、犬も寒い日に冷たいものは食欲がわかないこともあるかも知れません。

ドライフードは、レンジで数十秒チンすると、香りが良くなって 食べるようになる犬もいます。また、お湯でふやかして冷めないうちに食べさせると、良く食べるようになる犬もいます。肉少々と煮汁(スープ)多めをドライフードにかける、野菜と煮汁(スープ)をドライフードにかけるなど、冷たいドライフードを人肌程度に温めることで、食欲が回復する可能性があります。

人肌程度に温めるメリットは、食欲がでるだけでなく、人肌は胃の中の温度と同じ程度なので、体力が落ちている犬や消化力が落ちている犬でも、すぐに消化できて胃や腸に優しいことがあります。冷たいままだと、胃の中の温度まで温まらないと消化しないので、胃や腸に負担我かかる可能性があります。
⊆蟶遒蠖も冷たい、ぬるいと、食欲が落ちる可能性があります。→あたたかいものを食べさせる。
手作り食は、食材や調理法など、ピンキリなので一概に言えませんが、生肉と生野菜中心の生食、1週間分を冷凍して、その都度解凍した手作り食などは、冷たいのが原因で、犬の食欲が落ちている可能性があります。このような手作り食でも、人肌程度に温めると、それだけで良く食べるようになる犬が多いはずです。煮る、蒸す、焼くなどで、加熱したほうが、野菜などたくさん食べれるのと、煮汁(スープ)ごと食べさせることで、より多くの栄養素を摂取することもできるのは、人間も犬も一緒です。
臭い・ベタベタしたフード、トウモロコシ・大豆が主原料のフード、必須栄養素を制限や増量したフードは、フードが原因で食欲が低下している可能性があります。→ヒューマングレード(人間用の食品)を使ったドッグフードにする。
臭い・ベタベタしたドライフードは、廃棄肉や廃棄物を使って、廃棄脂でコーティングしているので、触るとベタベタしていて、いやな臭いがするはずです。原材料の表示に、肉副産物、動物性脂肪、植物性脂肪などが表示されているドッグフードや療法食は、何の肉のどの部位、何の脂肪なのか不明です。

また、このようなドッグフードは、トウモロコシ類や大豆が主原料で使われています。もともと犬にとって消化が悪い原材料なので、犬が慢性胃炎や慢性腸炎や下痢になりやすいといわれていて、胃腸が不調になることで食欲が低下する原因になります。

また、シニア犬用フード、高齢犬用フード、各種療法食は、必須栄養素のタンパク質・脂肪、ミネラル類・ビタミン類を、制限していることが多く、まれに増量をしているフードもあります。このようなフードは、適量を摂取しても、必須栄養素が不足気味になったり、過剰になることがあるので、栄養が偏った食生活を犬に強いています。特に、食欲がない犬では、極端な必須栄養素の不足で欠乏症がおきやすいので、注意が必要です。

一方で、人間が食用にする食品や食材だけを使った安全なドッグフードもあります。当店で販売している「ナチュラルバランス」「ドットわん」のドライフードは、ヒューマングレード・人間用の食品・食材を使ったドッグフードです。全ての材料に、人間が食べる、食用肉の可食部、食用玄米、食用油など食用食材を使っているので、安全なだけでなく、嗜好性が高いので、食欲がない犬、食が細い犬でも食べる可能性が高いフードといわれています。
ぅ疋薀ぅ奸璽匹世韻鮨べさせたいが、犬が食べなくて困っている。→違う種類のドライフードをトッピングのように混ぜて食べさせる。
犬の食事は、ドライフードしか食べさせない。という考えの飼い主さんもいらっしゃいます。このような犬には、上記,里茲Δ淵譽鵐犬撚垢瓩襦△湯でふやかすなどの方法以外に、「ドットわんごはん」「ドットわん豚ごはん」などのドライフードをトッピング的にドライフードに混ぜると、今まで食べなかったフードも良く食べるようになる犬もいます。

「ドットわんごはん」は牛肉で、「ドットわん豚ごはん」は豚肉なので、ドライフードで牛肉や豚肉を使っているフードは非常に少ないので、初めての匂いや味で食欲が増している可能性があります。「ドットわん魚ごはん」も舌鮃なので、同様に好きな犬が多いと感じます。また、「ドットわん」のドライフードは、肉は蒸して、玄米を炊飯して、野菜はボイルして、食べれるようにして乾燥させてから製造しています。このような製造工程になっているので、ドライフードが香ばしく食感もサクサクしているのも、好む犬が多い理由と思います。

「ドットわん」のドライフードは、国産原材料100%(豚ごはんの菜種油はオーストラリア産)で製法もこっているので中型犬や大型犬、多頭飼いの飼い主さんでは、「ドットわんごはん」だけにするのは経済的に厳しくなりますが、トッピング的に使って、食欲がないときに使って、食べ始めたら徐々に減らしたり、そのまま継続されている飼い主さんもいらっしゃいます。犬は、肉食雑食なので、様々な種類の肉や魚を食べたり、食材の品目が増えることは、栄養バランス的にも非常によいことです。

ゥ疋薀ぅ奸璽秒羶瓦某べさせたいが、なかなか食べてくれない。→犬が食べるものを多めにトッピングして、ドライフードも食べるように工夫してみる。

ドライフードが中心で、肉や煮汁、肉と野菜の煮汁などで食べさせている飼い主さんも多いと思います。それでも、この冬に食べなくなった犬では、上記,里茲Δ鵬垢瓩襦適温にするなどの工夫と、食べない時期だけ、好きな食材を増やしてあげる、市販のおやつをトッピング的に加えるなどで、ドライフードとトッピング・おやつが半々程度まで、増やして 食べることを優先してあげることもお勧めです。特に、子犬や高齢犬、病中・病後の犬では、体力や免疫力の低下を防ぎ、冬を乗り越えるほうが優先度が高いと思います。

例えば、さつま芋やかぼちゃは、主に糖質でエネルギー源になり、ビタミンやミネラル源にもなります。あまりにも多く食べ過ぎると体脂肪が増える原因になりますが、フードをほとんど食べない犬では、貴重なエネルギー源として使えます。同時に、肉や魚は、タンパク質と脂質源で、犬の筋肉や内臓や血液や皮膚、ホルモン・免疫・酵素など体をつくる役割をする栄養素なので、ドライフードの成分にもよりますが、肉のほうがさつま芋などよりも多くする、または半々程度にすると、全体の栄養バランスを崩すことなく、犬に必要な栄養量も得ることができるはずです。
●ドッグフードの原材料を比べてみるとわかります。「ヒューマングレード」の食品・食材を使った、安全で、3大栄養素の栄養バランスがよいドッグフードは、夏ばてや食欲不振になりにくく、病気のリスクが低いと評価されています。

犬が健康で長生きする。飼い主さんの願いは、皆さん共通ではないでしょうか。ドッグワンでは、「ナチュラルバランス」と「ドットわん」のドッグフードを10年以上販売しています。犬が病気になりにくい、長生きしている、長生きした犬が多いというのが、飼い主さんの評価です。このフードを食べている犬で、健康診断で問題があるときは、食事量が少なすぎることが大半なので、食事量を適正にすることで、基準値に戻る犬がほとんどです。また、水分摂取量が少なすぎる犬は、膀胱炎、ストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなります。膀胱炎や結石ができる犬は、水分摂取量を多くする工夫をすることで、できた結石でも自然排出できたり、膀胱炎や結石の再発予防ができるようになります。肥満は、フードの食べすぎ、ご飯やパン、犬用おやつの食べすぎと運動不足が原因のほとんどです。

安全で栄養バランスが良いフードを選ぶ、適量食べさせる。水分摂取量を適切にする、毎日適度に運動させる。このような犬の生活習慣にすることで、多くの病気のリスクを下げて病気を予防することが可能です。ドッグフードの安全性、栄養バランスの心配がないフードを選ぶことで、他の生活習慣で問題点を見つけやすくなります。

ドッグワンでは、愛犬の健康を、食の安全、栄養バランス、食事量の食生活、運動習慣、水分摂取量などからアドバイスすることができます。
DPP_3516.JPGDPP_4008.JPG
.淵船絅薀襯丱薀鵐/オリジナルウルトラ「ホールボディヘルス」
アメリカのナチュラルフードショップで販売されている生産履歴管理された人間用「食用」食材・食品を使った、ウルトラプレミアムクラスのドッグフードです。家畜肉は飼料まで管理されたグレードAの等級、穀類・野菜類は殺虫剤が使われない減農薬レベルを使用しています。原材料の種類や品目数も多く、高タンパク質で炭水化物が少なめ、脂質のバランスが良いなど、仔犬からシニア犬まで健康に育つ、病気になりにくいフードとして評価されています。
<普通粒>¥1,620(2.2ポンド/1kg)、¥3,402(5ポンド/2.27kg)、¥7,938(12ポンド/5.45kg)、¥14,904(12ポンド×2袋)、¥20,898(12ポンド×3袋)
<スモールバイト(小粒タイプ)>¥1,836(2.2ポンド/1kg)、 ¥3,240(4ポンド/1.82kg)

<原材料>:鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール(乾燥肉)、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪、乾燥ニンジン、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)、豆ファイバー、オートファイバー、トマト、亜麻仁、ブリュワーズイースト、ニシン油、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス、他 
*トウモロコシ類、大豆、卵、小麦、内臓肉や副産物など(バイプロダクト)は使用されていません。
<成分>:粗タンパク質23%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維質3%以下、水分10%以下、カルシウム1.2%以下、リン1.0%以下、タウリン0.05%以下、ビタミンC20mg/100g以上、EPA&DHA0.25%以上、オメガ6脂肪酸2.5%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、/カロリー…361kcal(100g)、可消化エネルギー率92%、
/AAFCO栄養基準の仔犬用基準と成犬用基準をクリアしている全年齢、全犬種対応のオールブリードタイプです。
ー腓法崑里鬚弔る」栄養素のもとになるもの
主にタンパク質源…鶏肉(フレッシュ肉)、チキンミール(乾燥肉)、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)
主に脂肪源…鶏脂肪、亜麻仁、ニシン油
⊆腓法崑里鯑阿す」エネルギーのもとになるもの
主に炭水化物源…玄米、オート麦(オーツ麦)、ポテト(ジャガイモ)、ブリュワーズライス
主に「体の調子を整える」栄養素のもとになるもの
主にビタミン・ミネラル源…乾燥ニンジン、トマト、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ホウレン草、乾燥ケルプ(海草)
総摂取エネルギーに占めるタンパク質(P),脂肪(F),炭水化物(C)比率
PFC比率:タンパク質23%(81kcal)、脂肪31%(113kcal)、炭水化物46%(165kcal)
*犬が1日に必要なタンパク質は、体重1kgあたり人間の3.5倍から4.5倍ほどの量が必要といわれています。人間の成人では、1日に体重1kgあたりタンパク質を、1g〜1.2gを摂取する必要があります。ナチュラルバランスのフードは、約4倍ほどのタンパク質が摂取できるようになっています。
<安全性>
原材料原産国…アメリカ100%。中国産原材料は使用されていません。
生産国…アメリカ。(日本正規輸入品)
原材料の品質…USDA(米国農務省)認可の「人間用の食材」(Human Grade)を使用しています。
肉類…USDA傘下のFSISで管理された赤肉の最高グレード「Aグレード」を使用。抗生物質・成長ホルモン剤を投与されていない「無薬飼料」で育った、生産履歴管理された「食用肉」だけを使用。内臓などの副産物肉などは使用していません。
穀類と野菜類…殺虫剤を使用しない「減農薬」を使用しています。遺伝子組換食物は使用されていません。
<公的検査で、残留農薬、一般農薬、合成酸化防止剤など78項目、メラミン、サルモネラ菌など9項目の未検出が確認されています>
国内第三者機関で、残留農薬66項目、一般農薬9項目、合成酸化防止剤「エトキシキン、BHA,BHT」3項目の78項目の検査で、未検出が確認されています。また、アメリカでも、生産ロット毎に、メラミン・アラフトキシキン(カビ毒)、0-157、サルモネラ菌などの、9種類の有害物質の検査をして未検出が確認されてから出荷されています。
.疋奪箸錣「ドットわんごはん」¥1,728(500g)…写真右/左から一番目
 全頭検査済みの国産牛肉の、モモ肉とすね肉が使われています。犬も人間と同様に牛肉が好きな犬が多いので、食が細い犬、食欲が落ちた犬にも評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピング、鶏肉のおやつ、鶏肉中心のフードを食べさせている犬には、栄養バランスを保つ、食物性アレルギーのリスク低減などにも、お勧めのフードです。国産原材料100%で、多種類・他イン目の食材が使われている、安全で栄養バランスが良いドッグフードです。
<原材料>
豆腐おから(埼玉・神泉村産)・牛肉(国産)・玄米(山形産・他)・牛エキス(国産)・小麦胚芽(北海道産・他)、食用牛骨カルシウム(国産)、牛オイル(国産)、にんじん(千葉産他)、昆布・ワカメ(北海道産・他)、カツオエキス(静岡・焼津産)、豚肝臓(国産)、ビタミンE(遺伝子組み換えなし大豆由来)
<成分>
粗タンパク質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維6%以下、水分3%以下、代謝エネルギー…365kca(100g) *ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢対応のオールブリードタイプ。
▲疋奪箸錣「ドットわん鶏ごはん」¥1,620(500g) …写真右/左から2番目
「伊勢赤鶏」、「朝とり鶏」のブランド鶏のムネ肉だけを使っているドッグフードです。飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使わない無薬飼料飼育の鶏肉で、安全なだけでなく、美味なことで知られている鶏肉のムネ肉が使われています。国産原材料100%で、多種類・多品目の食材が使われた、安全で栄養バランスも良好なフードです。
<原材料>
玄米(山形産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山産・他))、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(山形・宮城産)、乾燥おから(埼玉・神泉村産)、カツオ節(国産)、さつま芋(国産)、スケソウタラ(国産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産)、カツオエキス(静岡・焼津産)、昆布・ワカメ(北海道産・他 )、ビタミン・ミネラル類{栄養添加剤は総量の1.5% 以下)
<成分>
粗タンパク質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分3.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ドットわん「ドットわん豚ごはん」¥1,728(500g) …写真右/右から2番目
旨み成分が使った赤みが多く脂肪が少ない岩手の「トキワの豚」、米で育った鶏の卵「こめたま」と、玄米・白米を主原料に14品目使われている、栄養バランスが優れたドッグフードです。嗜好性が高いので、食が細い犬、老化で食欲が落ちた犬にも、たいへん評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピングやおやつが多い犬にも、栄養が偏らず、アレルギー対策としても、お勧めです。菜種油は、オーストラリア産で、それ以外の食材は国産原材料を使っている安全で、栄養バランスも良好なドッグフードです。
<原材料>
玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産他・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組み換えなし)、昆布(北海道産)、ワカメ(岩手産)他 、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加剤は総量の1.5%以下)
<成分>
粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcal/100g 。ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ぅ疋奪箸錣「ドットわん魚ごはん」¥1,836(500g)・・・写真右/右から1番目
「ドットわん魚ごはん」は、瀬戸内海で獲れた新鮮な舌平目を中心に、国産野菜や穀類等17品目の国産食材100%の、安全で安心、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードです。舌平目は、頭・ひれ・うろこ・内臓などを取り除いて使っているので、生臭さがない、魚フードでは珍しいフードです。肉にアレルギーがある犬、多様な食材を食べさせたい飼い主さんにもお勧めの総合栄養食です。
<原材料>
玄米(山形産・他)、丸麦(国産)、舌平目(瀬戸内海産)、みりん粕(愛知産)、牛エキス(国産)、牛オイル(国産)、カツオ節(静岡・焼津産)、鶏肝臓(広島産)、ビール酵母(国産)、豆腐おから(埼玉・神泉村産)、食用牛骨カルシウム(国産)、鶏卵(国産)、さつま芋(国産)、にんじん(千葉産・他)、米油(国産)、昆布(北海道産・他 )、ワカメ(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類
<成分>
粗タンパク質24.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分6.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 18:36
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の健康と病気について。(総括/犬の病気と、免疫力、水分摂取量の関係)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

今年の梅雨は、高湿度で、気温差が大きい地域が多かったようで、体調を崩したり、病気になった犬も多かったようです。犬は、梅雨から夏、夏から秋口にかけては、最も苦手な季節なので、このような時期こそ、日常食べているドッグフードや手作り食の影響がでやすいと思われます。

今年、改めて思ったことは、犬の病気と免疫力のこと、犬の病気と水分摂取量のことがあります。犬の体調不良や病気の原因になっていることに、免疫力の低下、水分不足などが、相当影響を与えているようです。

●梅雨から夏、犬の病気と免疫力の関係。
梅雨から夏、秋口は、高温・高湿度、気温差が大きいなど、犬にとって体調を崩しやすい苦手な環境が続きます。夏ばてで食欲不振になったり、雨や暑さで運動不足が続くと、犬も体力や免疫力が低下していきます。人間同様に、犬も免疫力が腸管周辺に集まっていて、免疫力が低下して、細菌・カビ菌・ウィルスなどを免疫で減滅できないと、感染症になりやすくなります。

犬の免疫力を正常に維持するためには、ヒューマングレードの食材を使った、食の安全が確保された、3大栄養素+ミネラル・ビタミンのバランスが良いドッグフードを適量食べさせることが基本です。夏ばてした時には、トッピングやジャーキーなどを多くして、栄養不足にならないようにします。また、運動も免疫力を維持するために、必要不可欠な生活習慣なので、できるだけ涼しい時間を見つけて散歩をさせることが大切です。
∞胱炎&ストルバイト結石

犬の免疫力が低下すると、尿路口から侵入した大腸菌などの細菌を免疫力で減滅できなくなり、細菌が増殖して膀胱炎になりやすくなります。梅雨から夏、夏の終わりから秋口は、気温差が大きく、湿度も高いので、食欲が低下したり、運動不足などで体力が低下したり、ストレスが溜まりやすいなどが、免疫力が低下する原因になっていると思われます。

犬が膀胱炎になると、原因細菌の影響で尿がアルカリ性になるので、感染結石のストルバイト結石にもなりやすくなります。

犬の免疫力を正常に保つ為には、安全で栄養バランスが良いフードを適量 食べること。適度に運動をすることが基本です。

リン・マグネシウムを制限した療法食にしても、膀胱炎やストルバイト結石の再発を繰り返す、手術で結石を取り出した犬が、多いようです。膀胱炎や尿道炎等の尿路感染症が原因でできるストルバイト結石は、結石成分を制限したり、尿を食べ物で酸性にしても、意味も効果もないといわれています。

皮膚病(膿皮症、マラセチア等)

犬の皮膚病の多くは、脂漏症(ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌)、マラセチア症(マラセチア/酵母様真菌)など、皮膚常在菌が増殖した感染症といわれています。夏ばてして食欲不振になって、免疫力が低下すると、皮膚常在菌のバランスが崩れ、細菌やカビ菌などの悪玉菌が増殖して、痒みや皮膚炎・湿疹などがおきやすいといわれています。また、梅雨から夏、秋口までは、高温で高湿度の日が多いので、細菌やカビ菌などが増殖しやすいのも、この時期に犬の皮膚病が多くなる原因と考えられます。

犬の皮膚病を予防したり、治すためには、健康な皮膚組織をつくれる栄養バランスが良いフードを選らんで適量食べさせることが最優先です。また、感染症を治すためには、天然成分で殺菌力や抗炎症効果があるナチュラルシャンプーとナチュラルケア用品で、細菌やカビ菌を減滅することがお勧めです。犬の敏感で弱い皮膚に、ダメージを与えずに効果的に細菌・カビ菌を減滅して、炎症や湿疹を改善させることができます。

食物アレルギーばかり気にしている飼い主さんも多いようですが、もっと基本的な犬の食の安全、栄養バランス、食事量を適切にして、免疫力を正常化する、健康な皮膚の新陳代謝をさせるようにすることが大切ではないでしょうか。薬用シャンプーや抗生物質・ステロイドも、免疫力を低下させる原因になります。使わなくて済むものは、使わずに治すことが大切ではないでしょうか。

2捨
犬の免疫力が低下すると、腸内悪玉菌の増殖を抑制できなくなり、下痢をしやすくなります。犬の腸内細菌バランスが崩れると、腸周辺に多い免疫が影響を受けて、さらに免疫力が低下して、下痢を繰り返しす悪循環に陥りやすくるといわれています。

犬の腸内環境を良好にして免疫力を維持するためには、安全で栄養バランスが良いフードを適量食べさせること。適度に運動をする生活習慣にすることが大切です。また、様々な食物繊維が摂取できる体種類・多品目の食材を使ったドッグフード、野菜・果物・ヨーグルト・納豆などの食品を食べさせるなどで、腸内善玉菌を増やすことで腸内環境を良好にして免疫力を正常に維持することがお勧めです。

犬も人間同様で、下痢をして抗生物質を投与すると、有益な腸内善玉菌も悪玉菌と一緒に減滅されて、腸内環境が悪くなって、下痢と抗生物質を繰り返し、免疫力も低下する原因になるといわれています。

●梅雨から夏、犬の病気と水分摂取量の関係

梅雨から夏、秋口までは、高温・高湿度の日が多く、あまり水を飲まない犬は、水分不足が顕著になって、血液が濃くなって、血液からつくられる尿も濃くなってしまいます。犬の血液が濃くなると脳梗塞、尿が濃くなると膀胱炎やストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなります。

水を多く飲まない犬は、小型犬に顕著です。水をあまり飲まない犬は、水を飲ませるような工夫をしないと、膀胱炎&ストルバイト結石を再発したり、シュウ酸カルシウム結石もできることがあります。また、脳梗塞と思われるような症状の犬もいるので、水を多く飲ませる工夫をしないと、再発する可能性もあります。

フードの成分、フードで尿を酸性やアルカリ性にするようなことではなく、真の原因を把握して正しい対処をすることで、病気の再発を予防することができるのではないでしょうか。

∞胱炎&ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石

犬の水分摂取量が少なすぎると、膀胱内に濃い尿が長時間留まるので、上記,里茲Δ忘拔櫃侵入すると細菌が増殖する時間が長いので、膀胱炎になりやすくなります。膀胱炎になると、尿がアルカリ性になって、アルカリ性では溶解しないリン酸アンモニウムマグネシウムが結晶化して、結晶が肥大化や凝縮化することでストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)ができることがあるといわれています。

また、同様に水分摂取量が少なすぎる犬では、腎臓でつくられる尿の水分量が少なくなり、尿素・不要になったミネラルやビタミンなど老廃物の比率が高くなってしまいます。老廃棄物の比率が高い尿は、シュウ酸やカルシウム、リンやカルシウムなどが飽和状態になって結合して結晶化して、結晶が肥大化や凝縮化することで、シュウ酸カルシウム結石やリン酸カルシウム結石などができることがあるといわれています。

犬の膀胱炎&ストルバイト結石は、上記,里茲Δ別髪嵶呂猟祺爾反緤摂取量が少なすぎることでおきやすいといわれています。犬のシュウ酸カルシウム結石は、水分摂取量が少なすぎるとおきやすいといわれています。両方に共通する、水分摂取量が少ない犬には、水を多く飲むように水にチーズやジャーキーなどの粉末を少しいれて、味と香りをつけるなど、工夫をして多くの水分を飲むようにする必要があります。

犬のストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石は、結石成分を制限した療法食にしても再発を繰り返している犬が多いようです。原因は、水分摂取量が少ないことなので、水分を多くして尿を薄くすることで、結石成分比も下がって結石ができにくくなるといわれているのが正しいことと思われます。

脳梗塞

犬の水分摂取量が少ないと、血液の水分が少ないドロドロした血になりやすいといわれています。ドロドロした血は、血栓ができやすくなり、脳梗塞の原因になることがあるといわれています。,侶訐个できた犬、結石ができやすい小型犬種では、水分摂取量が適量なのか判断して、不足している量の水を飲ませる工夫をすることが、第一歩ではないでしょうか。

 

●犬も、安全で栄養バランスが良い食事を適量 食べる。適度に運動をする。ストレスを溜めない。このような生活習慣にすることが、病気を予防して健康で長生きするために最も大切なことです。

犬が健康で長生きする。飼い主さんの願いは、皆さん共通ではないでしょうか。ドッグワンでは、「ナチュラルバランス」と「ドットわん」のドッグフードを10年以上販売しています。犬が病気になりにくい、長生きしている、長生きした犬が多いというのが、飼い主さんの評価です。このフードを食べている犬で、健康診断で問題があるときは、食事量が少なすぎることが大半なので、食事量を適正にすることで、基準値に戻る犬がほとんどです。また、水分摂取量が少なすぎる犬は、膀胱炎、ストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなります。膀胱炎や結石ができる犬は、水分摂取量を多くする工夫をすることで、できた結石でも自然排出できたり、膀胱炎や結石の再発予防ができるようになります。肥満は、フードの食べすぎ、ご飯やパン、犬用おやつの食べすぎと運動不足が原因のほとんどです。

安全で栄養バランスが良いフードを選ぶ、適量食べさせる。水分摂取量を適切にする、毎日適度に運動させる。このような犬の生活習慣にすることで、多くの病気のリスクを下げて病気を予防することが可能です。ドッグフードの安全性、栄養バランスの心配がないフードを選ぶことで、他の生活習慣で問題点を見つけやすくなります。

ドッグワンでは、愛犬の健康を、食の安全、栄養バランス、食事量の食生活、運動習慣、水分摂取量などからアドバイスすることができます。
DPP_3516.JPGDPP_4008.JPG
.淵船絅薀襯丱薀鵐/オリジナルウルトラ「ホールボディヘルス」
アメリカのナチュラルフードショップで販売されている生産履歴管理された人間用「食用」食材・食品を使った、ウルトラプレミアムクラスのドッグフードです。家畜肉は飼料まで管理されたグレードAの等級、穀類・野菜類は殺虫剤が使われない減農薬レベルを使用しています。原材料の種類や品目数も多く、高タンパク質で炭水化物が少なめ、脂質のバランスが良いなど、仔犬からシニア犬まで健康に育つ、病気になりにくいフードとして評価されています。
¥1,543(2.2ポンド/1kg)、¥2,941(5ポンド/2.27kg)、¥6,567(12ポンド/5.45kg)、¥12,209(12ポンド×2袋)、¥16,894(12ポンド×3袋)
<スモールバイト(小粒タイプ)>¥1,697(2.2ポンド/1kg)、 ¥3,219(4ポンド/1.82kg)

*ナチュラルバランスのフードは、当店では、7月入荷分の販売が終了し次第、新価格での販売になります。
<原材料>:鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール(乾燥肉)、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪、乾燥ニンジン、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)、豆ファイバー、オートファイバー、トマト、亜麻仁、ブリュワーズイースト、ニシン油、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス、他 
*トウモロコシ類、大豆、卵、小麦、内臓肉や副産物など(バイプロダクト)は使用されていません。
<成分>:粗タンパク質23%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維質3%以下、水分10%以下、カルシウム1.2%以下、リン1.0%以下、タウリン0.05%以下、ビタミンC20mg/100g以上、EPA&DHA0.25%以上、オメガ6脂肪酸2.5%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、/カロリー…361kcal(100g)、可消化エネルギー率92%、
/AAFCO栄養基準の仔犬用基準と成犬用基準をクリアしている全年齢、全犬種対応のオールブリードタイプです。
ー腓法崑里鬚弔る」栄養素のもとになるもの
主にタンパク質源…鶏肉(フレッシュ肉)、チキンミール(乾燥肉)、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)
主に脂肪源…鶏脂肪、亜麻仁、ニシン油
⊆腓法崑里鯑阿す」エネルギーのもとになるもの
主に炭水化物源…玄米、オート麦(オーツ麦)、ポテト(ジャガイモ)、ブリュワーズライス
主に「体の調子を整える」栄養素のもとになるもの
主にビタミン・ミネラル源…乾燥ニンジン、トマト、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ホウレン草、乾燥ケルプ(海草)
総摂取エネルギーに占めるタンパク質(P),脂肪(F),炭水化物(C)比率
PFC比率:タンパク質23%(81kcal)、脂肪31%(113kcal)、炭水化物46%(165kcal)
*犬が1日に必要なタンパク質は、体重1kgあたり人間の3.5倍から4.5倍ほどの量が必要といわれています。人間の成人では、1日に体重1kgあたりタンパク質を、1g〜1.2gを摂取する必要があります。ナチュラルバランスのフードは、約4倍ほどのタンパク質が摂取できるようになっています。
<安全性>
原材料原産国…アメリカ100%。中国産原材料は使用されていません。
生産国…アメリカ。(日本正規輸入品)
原材料の品質…USDA(米国農務省)認可の「人間用の食材」(Human Grade)を使用しています。
肉類…USDA傘下のFSISで管理された赤肉の最高グレード「Aグレード」を使用。抗生物質・成長ホルモン剤を投与されていない「無薬飼料」で育った、生産履歴管理された「食用肉」だけを使用。内臓などの副産物肉などは使用していません。
穀類と野菜類…殺虫剤を使用しない「減農薬」を使用しています。遺伝子組換食物は使用されていません。
<公的検査で、残留農薬、一般農薬、合成酸化防止剤など78項目、メラミン、サルモネラ菌など9項目の未検出が確認されています>
国内第三者機関で、残留農薬66項目、一般農薬9項目、合成酸化防止剤「エトキシキン、BHA,BHT」3項目の78項目の検査で、未検出が確認されています。また、アメリカでも、生産ロット毎に、メラミン・アラフトキシキン(カビ毒)、0-157、サルモネラ菌などの、9種類の有害物質の検査をして未検出が確認されてから出荷されています。
.疋奪箸錣「ドットわんごはん」¥1,728(500g)…写真右/左から一番目
 全頭検査済みの国産牛肉の、モモ肉とすね肉が使われています。犬も人間と同様に牛肉が好きな犬が多いので、食が細い犬、食欲が落ちた犬にも評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピング、鶏肉のおやつ、鶏肉中心のフードを食べさせている犬には、栄養バランスを保つ、食物性アレルギーのリスク低減などにも、お勧めのフードです。国産原材料100%で、多種類・他イン目の食材が使われている、安全で栄養バランスが良いドッグフードです。
<原材料>
豆腐おから(埼玉・神泉村産)・牛肉(国産)・玄米(山形産・他)・牛エキス(国産)・小麦胚芽(北海道産・他)、食用牛骨カルシウム(国産)、牛オイル(国産)、にんじん(千葉産他)、昆布・ワカメ(北海道産・他)、カツオエキス(静岡・焼津産)、豚肝臓(国産)、ビタミンE(遺伝子組み換えなし大豆由来)
<成分>
粗タンパク質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維6%以下、水分3%以下、代謝エネルギー…365kca(100g) *ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢対応のオールブリードタイプ。
▲疋奪箸錣「ドットわん鶏ごはん」¥1,620(500g) …写真右/左から2番目
「伊勢赤鶏」、「朝とり鶏」のブランド鶏のムネ肉だけを使っているドッグフードです。飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使わない無薬飼料飼育の鶏肉で、安全なだけでなく、美味なことで知られている鶏肉のムネ肉が使われています。国産原材料100%で、多種類・多品目の食材が使われた、安全で栄養バランスも良好なフードです。
<原材料>
玄米(山形産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山産・他))、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(山形・宮城産)、乾燥おから(埼玉・神泉村産)、カツオ節(国産)、さつま芋(国産)、スケソウタラ(国産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産)、カツオエキス(静岡・焼津産)、昆布・ワカメ(北海道産・他 )、ビタミン・ミネラル類{栄養添加剤は総量の1.5% 以下)
<成分>
粗タンパク質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分3.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ドットわん「ドットわん豚ごはん」¥1,728(500g) …写真右/右から2番目
旨み成分が使った赤みが多く脂肪が少ない岩手の「トキワの豚」、米で育った鶏の卵「こめたま」と、玄米・白米を主原料に14品目使われている、栄養バランスが優れたドッグフードです。嗜好性が高いので、食が細い犬、老化で食欲が落ちた犬にも、たいへん評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピングやおやつが多い犬にも、栄養が偏らず、アレルギー対策としても、お勧めです。菜種油は、オーストラリア産で、それ以外の食材は国産原材料を使っている安全で、栄養バランスも良好なドッグフードです。
<原材料>
玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産他・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組み換えなし)、昆布(北海道産)、ワカメ(岩手産)他 、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加剤は総量の1.5%以下)
<成分>
粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcal/100g 。ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ぅ疋奪箸錣「ドットわん魚ごはん」¥1,836(500g)・・・写真右/右から1番目
「ドットわん魚ごはん」は、瀬戸内海で獲れた新鮮な舌平目を中心に、国産野菜や穀類等17品目の国産食材100%の、安全で安心、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードです。舌平目は、頭・ひれ・うろこ・内臓などを取り除いて使っているので、生臭さがない、魚フードでは珍しいフードです。肉にアレルギーがある犬、多様な食材を食べさせたい飼い主さんにもお勧めの総合栄養食です。
<原材料>
玄米(山形産・他)、丸麦(国産)、舌平目(瀬戸内海産)、みりん粕(愛知産)、牛エキス(国産)、牛オイル(国産)、カツオ節(静岡・焼津産)、鶏肝臓(広島産)、ビール酵母(国産)、豆腐おから(埼玉・神泉村産)、食用牛骨カルシウム(国産)、鶏卵(国産)、さつま芋(国産)、にんじん(千葉産・他)、米油(国産)、昆布(北海道産・他 )、ワカメ(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類
<成分>
粗タンパク質24.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分6.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。

 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 17:11
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の夏痩せと夏太りの傾向と対策。供文い硫涜世蠅侶晃と対策)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

梅雨から夏は、暑さや高湿度、雨などの影響で、犬の散歩時間が減ってしまうので、食欲旺盛な犬ほど夏太りしやすくなります。犬も運動不足になると、筋肉が落ちるので基礎代謝量が低下して、同じ量のフードやおやつを食べていると摂取カロリー過剰になることが、夏太りの原因のひとつです。また、夏は果物や野菜が美味しい時期なので、果物の食べすぎなどで糖質過剰になっていることも夏太りの原因のひとつと考えられます。

また、そもそも犬が太った、肥満というのは、皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪が多すぎることを言います。単に体重が増えることではないので、栄養バランス、食事量、運動量などに注意して、体脂肪が多すぎる夏太りの犬にならないように注意する必要があります。

●梅雨から夏、犬の夏太りの傾向と対策。
犬が夏太りすると、皮下脂肪や内臓脂肪が増えて、筋肉が減ることが多いので、体脂肪率が高い肥満の犬の状態になりやすくなります。特に、内臓脂肪過多は、脂肪肝、脳梗塞・心筋梗塞などの原因になりやすいので、なぜ夏太りしやすいのかを知って、太りにくい体質の犬になって夏を無事に健康で過ごせるようにしたいものです。
_涜世蠅慮彊…散歩時間が短い→運動不足→筋肉量が少なくなる→基礎代謝量が低下+運動で消費するエネルギー量が低下→1日の総消費エネルギー量が低下する。

梅雨から夏は、高温や高湿度の影響で、犬の散歩時間が短くなりがちです。犬の筋肉は、フードのタンパク質でつくられるので良質のタンパク質を適量摂取することが大切ですが、筋肉は動かさないとすぐに衰えるという性質があります。犬の散歩時間が少なすぎると、夏の間に筋肉量が少なくなる犬も少なくありません。犬の筋肉量が少なくなると、呼吸・消化吸収・血液循環・体温維持などに必要なエネルギーである「基礎代謝量」が低下してしまいます。なぜかといえば、基礎代謝量の中で最も消費量が多いのが筋肉といわれているからです。1日の基礎代謝量が低下するに加えて、散歩などで消費するエネルギー量も少なくなるので、1日の総消費エネルギー(カロリー)量が低下してしまいます。

夏太りの原因…夏になっても、同じ量のフードやおやつを食べている→1日の総消費エネルギー量<1日の総摂取エネルギー量→エネルギー(カロリー)過剰分が体脂肪になる。→夏太り

食欲旺盛な犬は、梅雨や夏になっても食欲が落ちないので、他の季節と同じ量のフードやおやつを食べていて、1日の総消費エネルギーが低下している犬の場合は、1日の総摂取エネルギー量が余ってしまうので、その分が皮下脂肪や内臓脂肪などの皮下脂肪として蓄えられてしまいます。

夏になって、コロコロしてきた、お腹周りが太くなったなどは、 ↓△慮彊で夏太りしている可能性があります。

2涜世蠅慮彊…低タンパク質・低脂質・低糖質のダイエットフード、シニア犬用フード、高齢犬用フード。→筋肉量が減って、体脂肪が増えやすい。
上記 ↓△鮟長する可能性があるのは、低タンパク質・低脂質・高糖質の偏った栄養バランスのフードを食べている犬です。3大栄養素は、いずれもエネルギー(カロリー)になる栄養素で、使われる順番は犬でも糖質→脂質→タンパク質といわれています。

また、3大栄養素は、各栄養素で働きが異なります。タンパク質は、「体をつくる」役割をする栄養素で、筋肉・内臓・脳・血管・血液・皮膚・被毛、ホルモン・免疫・酵素などをつくる主たる成分になります。脂質は、細胞膜・体脂肪など、「体をつくる」材料になる栄養素です。糖質は、主にエネルギー源になる役割をする栄養素です。

夏太りになりやすいのは、筋肉が落ちやすい低タンパク質のフードで、肉を少なくして低脂肪にしている分、糖質が過剰で使わなかったエネルギー分が、余剰になって皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられてしまいます。トウモロコシや小麦などの穀類は、糖質源なのでトウモロコシや小麦が使われているドッグフード、タンパク質が18%前後で肉が少なく・トウモロコシや大豆が多いドッグフードは、夏太りや肥満になりやすい栄養バランスになっています。

げ涜世蠅梁从…運動量・筋肉量の低下にあわせて、食事量を少なめにする。+タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルを減らさないように、肉・魚、野菜・果物をトッピング等で加えるorジャーキーなどおやつで補給する。

夏の運動不足で、筋肉が減少して、1日の総消費エネルギー量が少なくなるので、それにあわせてフード量を少なくして1日の総摂取エネルギーを少なくして収支を合わせるようにします。しかし、フードを減らしすぎると、タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルが不足しやすくなるので、肉・魚をトッピングしてタンパク質と脂質を増やす。野菜や果物等を食べさせて、ビタミンやミネラルが不足しないようにする。このような工夫ができれば、ベストと思われます。

ドッグフードであれば、食事量が少なくなった分、エネルギー源になる糖質が少なくなるので、体脂肪がつきにくくなって、夏太りにはなりにくくなります。

ゲ涜世蠅梁从…タンパク質と脂質を減らさず、糖質が少なめのダイエットフードにする。

犬の筋肉を維持して、体脂肪を減らすのが正しいダイエットです。犬の筋肉をつくるタンパク質は22%〜28%前後、脂質は8%〜13%前後で、糖質だけを少なくしている低カロリーなダイエットフードは、夏太りしにくい、正しいダイエットができるフードです。糖質が少ない分、豆や野菜が多く、食物繊維が多いので、食事量が多めにとれることもメリットです。結果的に、上記い離奸璽匹藩燭方に近い発想のフードです。
●犬の筋肉を維持して体脂肪を減らす。正しいダイエットができる新タイプのドッグフード。
一般的なダイエットフードや療法食など、100gのカロリーが低いフードは、低タンパク質・低脂質・高糖質の偏った栄養バランスになっていて、100gのカロリーが少ない分、たくさん食べるようになっているので、実質的な摂取カロリーが減ることはありません。また、低タンパク質・低脂肪なので筋肉が落ちやすく、高炭水化物(高糖質)なので余剰分が体脂肪になってしまいます。犬の筋肉は脂肪より比重が高いので、体重は減ることがありますが、体脂肪が増えるので、実際は肥満の犬になる可能性が高いといわれています。
ナチュラルバランスの新しいダイエットフードは、カロリーが20%低くなっていますが、体重を減らすことだけが目的ではなく、筋肉を維持して体脂肪を減らす、真のダイエットができるように設計されています。犬の筋肉をつくるタンパク質が多く、脂肪が多すぎず・少なすぎず、炭水化物(糖質)が少なめになっていて、給餌量を減らさないように豆類・野菜類の食物繊維が多くなっています。
DPP_3451.JPG
ナチュラルバランス「「ファットドッグス・ドライドッグフォーミュラ」5ポンド(2.27kg)(日本正規輸入品)¥3,456(税込み)
●特長
[票舛淵織鵐僖質源の鶏肉とサーモンが、適量摂取できるので、犬の筋肉が増えて基礎代謝と総消費カロリーが多い、脂肪がつきにくく太りにくい体質の犬になりやすくなります。
良質なタンパク質は、アミノ酸スコア100の肉・魚・乳製品などで、100%が犬の体をつくる役割をすることができます。このフードでは、鶏肉・サーモンが主たる良質なタンパク質源で、タンパク質は27%になっています。良質なタンパク質源が適量なので、犬の筋肉が少ない犬は筋肉が増えやすく、筋肉が多い犬は維持しやすくなります。また、タンパク質は、筋肉以外にも、内臓・脳・血管・血液・皮膚・被毛、ホルモン・免疫抗体・酵素をつくる材料になります。犬の筋肉だけでなく、内臓疾患、血液・血管の病気、皮膚病、ホルモン異常・感染症・消化・栄養代謝などの病気予防や健康維持に役立ちます。
鶏脂肪とサーモンオイルが、脂肪酸のバランスが良い脂質で、余計な体脂肪になりにくくなっています。
脂質(脂肪)は、細胞膜、核酸、神経組織などの材料になっている必須栄養素です。脂質を摂ると、体脂肪になると思っている人もいらっしゃいますが、人間同様に犬の体をつくる役割をする重要な必須栄養素です。肉ばかりが多いフードは、動物性脂肪(飽和脂肪酸)過多になりやすいので、サーモンなど魚や植物の脂肪の不飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の1価・オメガ3・オメガ6とのバランスが重要です。
このドッグフードでは、脂肪が7.5%以上になっていて、体を構成するのに必要な脂肪を中心に、余計な脂肪を摂らないような設計になっています。
9鯲燹Π鯲爐療質量を少なくして、体脂肪がつきにくくなっています。
穀類・芋類などの糖質は、人間でも犬でも、最も効率よく早くブドウ糖になってエネルギー(カロリー)になる栄養素です。糖質は、タンパク質や脂肪のような体をつくる役割はなく、主に基礎代謝(体温維持・呼吸・血液循環・消化吸収・栄養代謝等)と活動に必要なカロリーの、「体を動かすカロリー(エネルギー)になる」栄養素です。
糖質を過剰に摂取すると、予備のカロリーとして、糖質は体脂肪になって蓄えられてしまいます。このフードでは、糖質を少なくしているので、シニアから高齢世代になって運動量が少なくなった犬、病中病後で運動量を増やせない犬などでも、糖質過剰になりにくいようになっています。
だ歇茱ロリーは、標準タイプのフードの20%減になります。
犬では、タンパク質と糖質(炭水化物)は3.5kcal/g、脂質は8.7kcal/gで計算します。このドッグフードは、標準タイプのドッグフードに比べて、糖質と脂質が20%近く少ないので、100gの摂取カロリーが20%少なくなります。
ダ歇茱ロリーは20%少なくても、食べる量は標準タイプのフードと同量を食べることができます。
このフードでは、豆類・野菜類が多品目使われているので、食物繊維の種類と量を多く摂取することができます。「炭水化物=糖質+食物繊維」なので、糖質が少なく、食物繊維が多いドッグフードです。食物繊維は、種類によって働きが違いますが、腸内の有害物質の排除、便秘・下痢の改善、血糖値上昇抑制、高脂血症予防などの効果があるといわれています。
また、脂質と糖質が標準タイプのフードより少なくなった分、食物繊維が多いので、食べる量を減らさずにすみます。
Ωい龍敍を増やして、脂肪を減らす。犬の体脂肪を減らして正しいダイエットができやすいフードです。
犬の筋肉を増やすために必要な良質なタンパク質が適量、体脂肪になりやすい糖質が少なめで、同じ量を食べてもカロリーが少ない。このような体脂肪が多い犬の、筋肉を増やして、体脂肪を減らしやすいドッグフードです。体重は、体脂肪が減った分減ります。もちろん、筋肉を増やす為には、散歩など運動をする習慣も大切です。
Цい慮回り、首周りの皮下脂肪、お腹回りの内臓脂肪が落ちて、すっきりした体型になった犬が多くいます。
犬の年齢、性別、食事量にもよりますが、皮下脂肪が目立つ、内臓脂肪が多いような気がする、このような犬では、2か月ほどから、体脂肪が減ってきて、3か月以上経つと、筋肉がついた、余計な脂肪が減った、体重も減った犬が多くいます。体重過多と運動不足、筋力不足の犬も、3月ほど経過すると、筋肉がつく、体脂肪が減った分体重が減って、以前よりも軽やかに散歩ができるようになった犬が何頭もいます。
●原材料
チキンミール、サーモンミール、ヒヨコマメ、乾燥エンドウマメ、大麦、オートミール、豆ファイバー、乾燥ビートパルプ、アルファルファミール、オートファイバー、トマト、マメプロテイン、ブリュワーズドライイースト、ニンジン、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草、鶏脂肪、ドライエッグ、サーモンオイル、イヌリン、L-カルチニン、タウリン、クエン酸、ドライユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス他
*ナチュラルバランスの「チキンミール」は、USDA認可の「人間用食用鶏肉の食用部位(ムネ肉など)」を乾燥させた原材料です。肉の内臓や非可食部部位は使用されていません。「サーモンミール」も同様です。
●成分分析値
粗タンパク質26%以上、粗脂肪7.5%以上、粗繊維10.5%以下、水分10%以下、オメガ6…1.5%、オメガ3…0.25%、カロリー302.5kcal/100g
●1日の給餌量 (体重kg/給餌量g)
〜1kg/〜33g、1kg〜3kg/33g〜68g、3kg〜5kg/68g〜96g、5kg〜10kg/96g〜153g、10kg〜18kg/153g〜227g、18kg〜27kg/227g〜298g、27kg〜36kg/298g〜361g、10kg〜18kg/361g〜419g
 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 19:18
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の水不足に注意。-3(犬のシュウ酸カルシウム結石の予防と水分摂取)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

犬の「シュウ酸カルシウム結石」は、腎臓にできる結石で、腎臓でつくる尿の水分が少ないと、尿素・不要となった栄養素・老廃物などの固形物の比率が高まり、飽和状態になるとシュウ酸とカルシウムが結合して結晶化して、結晶が肥大化や凝縮するとシュウ酸カルシウム結石ができることがあるといわれています。

梅雨から夏は、犬は呼気(呼吸)で体温を下げようとするので、水分が体外に排出されて、体内の水分が不足しやすくなります。犬のシュウ酸カルシウム結石、ストルバイト結石も、梅雨から夏に、一段と増えるので、水を多く飲ませる工夫をして、結石を予防することが大切ではないでしょうか。
●犬のシュウ酸カルシウム結石ができるメカニズムと原因。
犬のシュウ酸カルシウム結石ができる原因の多くは、水分摂取量が少なすぎることにあるといわれています。AAFCO栄養基準に適合したドッグフードは、カルシウム・リン・マグネシウムは、適量になっています。適量の栄養素を制限しても、カルシウム・リン・マグネシウムが不足して欠乏症を起こすリスクが高くなるだけです。水をあまり飲まない犬は、腎臓内の水分が少ないので、カルシウムやシュウ酸の比率が高くなって、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなります。フードの成分を制限するのではなく、腎臓内の成分比が高くならないように、水を多く飲むようにすることが、シュウ酸カルシウム結石の予防に必要不可欠なことです。
仝い水をあまり飲まない。
犬があまり水を飲まないと、腎臓内の水分量が少なく、尿素・老廃物・不要となった栄養素などの固形物の比率が高い、濃い尿が腎臓に溜まってしまいます。
⊃嫗‘發痢▲轡絅酸やカルシウムなどの固形物が増え過ぎると、それ以上溶解できない飽和状態になりやすくなります。
尿として排出される固形物には、シュウ酸やカルシウムなどの不要となった栄養素が含まれています。尿の水分が少なく、シュウ酸やカルシウムなど固形物の比率が高くなると、それ以上溶解できない飽和状態になってしまいます。
g胱内のシュウ酸やカルシウムが飽和状態になると、シュウ酸とカルシウムが結合して結晶ができ、結晶が肥大化や凝縮化するとシュウ酸カルシウム結石ができることがあるといわれています。
膀胱内で、シュウ酸やカルシウムが飽和状態になると、シュウ酸とカルシウムが結合して、シュウ酸カルシウム結晶ができることがあるといわれています。シュウ酸カルシウム結晶が、肥大化したり、凝縮化すると、シュウ酸カルシウム結石ができるといわれています。
た紊鬚△泙螳まない犬は、尿量が少ないので、シュウ酸カルシウムの結晶や結石が小さいうちに、尿と一緒に自然排出しにくいといわれています。
水をあまり飲まない犬は、尿量が少ないので、おしっこの回数も少なくなります。尿量が多い犬では、腎臓でできた結石が小さいうちに、腎臓から尿管に、尿管から膀胱、膀胱から尿道に落ちていって、結石を自然排出することができます。しかし、水分摂取量が少ない、尿量が少ない犬では、結石を尿と一緒に排出する力が弱いので、結石が大きくなってしまい自然排出させることが困難になってしまいます。
●犬のシュウ酸カルシウム結石の予防と水分摂取。
犬のシュウ酸カルシウム結石も、予防策が間違っていると、何度も再発を繰り返すことがあります。

ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の両方ができる。何度も開腹手術をして結石を取り出した。このような犬の場合は、1日にどれだけの量の水を飲んでいるのかを確認して、水を多く飲ませる工夫をすることが必要ではないでしょうか。
仝い1日に必要な水分摂取量の適量について。
シュウ酸カルシウム結石ができた犬、ストルバイト結石ができた犬、両方の結石ができた犬、に共通するのは、水をあまり飲まない犬に結石ができていることです。
犬が、体重あたりでどれほどの水を飲むのが適量であるのか。意外と知らない飼い主さんが多いようです。諸説ありますが、平均的な水分摂取量として知られているのが、1日の総摂取カロリー量の数値を、ml(cc)にしたのが犬の標準的な水分摂取量といわれています。例えば、体重が5kgの犬で、1日の標準給餌量が80gで360kcal/100gのドッグフードを食べさせている場合は、80/100×360=290kcal/1日という数値になり、1日の水分摂取量は約290mlということになります。
水は、多く飲んでも尿として排出されるだけなので、食事以外で水を標準的な量を飲ませるようにすると、水分不足で膀胱炎になったり、膀胱炎の細菌感染でストルバイト結石ができる、シュウ酸カルシウム結石ができるようなことは、少なくなるはずです。
犬に水を多く飲ませる工夫をする。
人間でも、水だけを1日に2L以上飲むことを続けるのは無理で、味が違ったり、冷たい・温かい、運動をするなど、工夫をしないと続きません。犬には、言葉で水を多く飲むように伝えることができず、運動を増やしても水分量が増えないなど、人間以上に工夫をしてやることが必要です。
ドライフードの場合は、お湯でふやかして水分を増やす。水に、ヤギミルクの粉末、フリーズドライのチーズやチキンを粉末にして、水に味や香りをつける。旬の野菜や果物など、水分が多いものを食べさせる。など様々な工夫をして、自分の犬にあった方法を見つけることが必要です。
1浜椒丱薀鵐垢良いフードを適量に、規則正しく食べさせる。
栄養バランスが良い食生活の条件の一つは、AAFCO栄養基準に適合しているフードを選んで、適量食べさせることです。ミネラル類のカルシウム・リン・マグネシウムは、骨・歯をつくる役割をする必須栄養素です。AAFCO栄養基準に適合したドッグフードを適量食べている犬は、カルシウム・リン・マグネシウムが少なすぎたり、多すぎたりすることがなく適量が摂取できるようになっています。
カルシウムは、適量摂取することで、腸内でシュウ酸とカルシウムが結合して、腎臓に運ばれるシュウ酸の量を減らして尿中のシュウ酸率を減らします。マグネシウム・食物繊維は、尿中カルシウム排泄濃度を下げて結石形成を防ぐ働きがあります。肉類・魚類、穀類・芋類・野菜類・豆類・海藻類など多種類の食品・食材を多品目使っているドッグフードは、尿中のカルシウムやシュウ酸の濃度を下げることができるので、結石予防になります。
また、規則正しい食生活にすることで、尿pHも規則的に酸性とアルカリ性の間を何度も行き来する健常な状態を維持しやすいといわれています。
た嫗‘發凌緤量を多くして、尿中のカルシウムとシュウ酸の濃度を下げて、シュウ酸カルシウム結石を予防。
腎臓は尿をつくる役割をする臓器で、水分摂取量が少ないと、尿の水分が少なくなり、その分老廃物や不要になった栄養素など固形物の比率が高い濃い尿になってしまします。カルシウム・リン・マグネシウムの食事からの摂取量を減らしても、尿中の水分が少ない犬では、カルシウムとシュウ酸、リン、マグネシウムの濃度が高くなるので、シュウ酸カルシウム結石、リン酸カルシウム結石などができやすくなります。
タ緤を多くとって、適度に運動をして、結石ができても小さいうちに尿と一緒に自然排出できるようにする。
人間では、シュウ酸カルシウム結石など、腎臓でできる結石は、上部尿路結石といわれています。また、腎臓内で留まる結石は腎臓結石、尿管に落ちてきた結石は尿管結石、膀胱まで落ちてきた結石は膀胱結石とも言われています。
シュウ酸カルシウム結石は、腎臓内で形成されますが、結晶や結石が小さいときに、尿と一緒に排出することができると、尿管が詰まって腎臓に悪影響を与えたり、痛みを伴うようなことも少ないといわれています。水を多く飲むことで、尿量が増えるので、万一結晶や結石ができても、尿と一緒に自然排出することができれば最善の治療にもなります。
犬で結石ができても、水を多く飲むように指導されないので、尿量が少ないままで結石を自然排出できない犬が多いようです。

●「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、AAFCO栄養基準に適合しているので、カルシウム・リン・マグネシウムも適正量になっています。もちろん、フードが原因で尿がアルカリ性や酸性に偏るようなことはありません。
ドッグワンで販売している「ナチュラルバランス」や「ドットわんごはん」は、犬の必須栄養素の摂取基準「AAFCO栄養基準」に適合しているので、リンやマグネシウム、カルシウム等の必須ミネラル成分も適正量になっています。また、フードの組成で、犬の尿が、常時アルカリ性、酸性になることはなく、酸性とアルカリ性を1日に何度も繰り返していて、その平均値が6.5前後の弱酸性になっています。
人間にできる結石と、犬にできる結石は、同じ成分の結石といわれています。人間では、栄養バランスが良い食事を規則正しく適量 食べる食生活、水分を2L〜2.5L摂る、適度な運動などの生活習慣にすることが、結石予防・再発予防で大切なことといわれています。

「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、療法食ではないので、必須栄養素を制限したり、増量をしていません。栄養バランスが良いフードを適量 食べることは、最も大切にしないといけない生活習慣です。栄養バランスが良いフードは、必須栄養素が多すぎず、少なすぎず、適量摂取することができるフードのことです。

人間同様に、犬の結石の予防と再発予防は、栄養バランスが良いフードを選んで適量食べさせる。水分を適量飲ませる。適度に運動をすることです。実際に、他社のドッグフード、療法食を食べていて、結石が何度もできた犬でも、「ナチュラルバランス」「ドットわん」のドッグフードにして、水を多く飲ませる工夫をした、運動を増やした犬では、結石の再発を予防できている犬がほとんどです。
DPP_3516.JPGDPP_4008.JPG
.淵船絅薀襯丱薀鵐/オリジナルウルトラ「ホールボディヘルス」
アメリカのナチュラルフードショップで販売されている生産履歴管理された人間用「食用」食材・食品を使った、ウルトラプレミアムクラスのドッグフードです。家畜肉は飼料まで管理されたグレードAの等級、穀類・野菜類は殺虫剤が使われない減農薬レベルを使用しています。原材料の種類や品目数も多く、高タンパク質で炭水化物が少なめ、脂質のバランスが良いなど、仔犬からシニア犬まで健康に育つ、病気になりにくいフードとして評価されています。
¥1,543(2.2ポンド/1kg)、¥2,941(5ポンド/2.27kg)、¥6,567(12ポンド/5.45kg)、¥12,209(12ポンド×2袋)、¥16,894(12ポンド×3袋)
<スモールバイト(小粒タイプ)>¥1,697(2.2ポンド/1kg)、 ¥3,219(4ポンド/1.82kg)

<原材料>:鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール(乾燥肉)、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪、乾燥ニンジン、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)、豆ファイバー、オートファイバー、トマト、亜麻仁、ブリュワーズイースト、ニシン油、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス、他 
*トウモロコシ類、大豆、卵、小麦、内臓肉や副産物など(バイプロダクト)は使用されていません。
<成分>:粗タンパク質23%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維質3%以下、水分10%以下、カルシウム1.2%以下、リン1.0%以下、タウリン0.05%以下、ビタミンC20mg/100g以上、EPA&DHA0.25%以上、オメガ6脂肪酸2.5%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、/カロリー…361kcal(100g)、可消化エネルギー率92%、
/AAFCO栄養基準の仔犬用基準と成犬用基準をクリアしている全年齢、全犬種対応のオールブリードタイプです。
ー腓法崑里鬚弔る」栄養素のもとになるもの
主にタンパク質源…鶏肉(フレッシュ肉)、チキンミール(乾燥肉)、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)
主に脂肪源…鶏脂肪、亜麻仁、ニシン油
⊆腓法崑里鯑阿す」エネルギーのもとになるもの
主に炭水化物源…玄米、オート麦(オーツ麦)、ポテト(ジャガイモ)、ブリュワーズライス
主に「体の調子を整える」栄養素のもとになるもの
主にビタミン・ミネラル源…乾燥ニンジン、トマト、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ホウレン草、乾燥ケルプ(海草)
総摂取エネルギーに占めるタンパク質(P),脂肪(F),炭水化物(C)比率
PFC比率:タンパク質23%(81kcal)、脂肪31%(113kcal)、炭水化物46%(165kcal)
*犬が1日に必要なタンパク質は、体重1kgあたり人間の3.5倍から4.5倍ほどの量が必要といわれています。人間の成人では、1日に体重1kgあたりタンパク質を、1g〜1.2gを摂取する必要があります。ナチュラルバランスのフードは、約4倍ほどのタンパク質が摂取できるようになっています。
<安全性>
原材料原産国…アメリカ100%。中国産原材料は使用されていません。
生産国…アメリカ。(日本正規輸入品)
原材料の品質…USDA(米国農務省)認可の「人間用の食材」(Human Grade)を使用しています。
肉類…USDA傘下のFSISで管理された赤肉の最高グレード「Aグレード」を使用。抗生物質・成長ホルモン剤を投与されていない「無薬飼料」で育った、生産履歴管理された「食用肉」だけを使用。内臓などの副産物肉などは使用していません。
穀類と野菜類…殺虫剤を使用しない「減農薬」を使用しています。遺伝子組換食物は使用されていません。
<公的検査で、残留農薬、一般農薬、合成酸化防止剤など78項目、メラミン、サルモネラ菌など9項目の未検出が確認されています>
国内第三者機関で、残留農薬66項目、一般農薬9項目、合成酸化防止剤「エトキシキン、BHA,BHT」3項目の78項目の検査で、未検出が確認されています。また、アメリカでも、生産ロット毎に、メラミン・アラフトキシキン(カビ毒)、0-157、サルモネラ菌などの、9種類の有害物質の検査をして未検出が確認されてから出荷されています。
.疋奪箸錣「ドットわんごはん」¥1,728(500g)…写真右/左から一番目
 全頭検査済みの国産牛肉の、モモ肉とすね肉が使われています。犬も人間と同様に牛肉が好きな犬が多いので、食が細い犬、食欲が落ちた犬にも評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピング、鶏肉のおやつ、鶏肉中心のフードを食べさせている犬には、栄養バランスを保つ、食物性アレルギーのリスク低減などにも、お勧めのフードです。国産原材料100%で、多種類・他イン目の食材が使われている、安全で栄養バランスが良いドッグフードです。
<原材料>
豆腐おから(埼玉・神泉村産)・牛肉(国産)・玄米(山形産・他)・牛エキス(国産)・小麦胚芽(北海道産・他)、食用牛骨カルシウム(国産)、牛オイル(国産)、にんじん(千葉産他)、昆布・ワカメ(北海道産・他)、カツオエキス(静岡・焼津産)、豚肝臓(国産)、ビタミンE(遺伝子組み換えなし大豆由来)
<成分>
粗タンパク質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維6%以下、水分3%以下、代謝エネルギー…365kca(100g) *ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢対応のオールブリードタイプ。
▲疋奪箸錣「ドットわん鶏ごはん」¥1,620(500g) …写真右/左から2番目
「伊勢赤鶏」、「朝とり鶏」のブランド鶏のムネ肉だけを使っているドッグフードです。飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使わない無薬飼料飼育の鶏肉で、安全なだけでなく、美味なことで知られている鶏肉のムネ肉が使われています。国産原材料100%で、多種類・多品目の食材が使われた、安全で栄養バランスも良好なフードです。
<原材料>
玄米(山形産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山産・他))、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(山形・宮城産)、乾燥おから(埼玉・神泉村産)、カツオ節(国産)、さつま芋(国産)、スケソウタラ(国産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産)、カツオエキス(静岡・焼津産)、昆布・ワカメ(北海道産・他 )、ビタミン・ミネラル類{栄養添加剤は総量の1.5% 以下)
<成分>
粗タンパク質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分3.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ドットわん「ドットわん豚ごはん」¥1,728(500g) …写真右/右から2番目
旨み成分が使った赤みが多く脂肪が少ない岩手の「トキワの豚」、米で育った鶏の卵「こめたま」と、玄米・白米を主原料に14品目使われている、栄養バランスが優れたドッグフードです。嗜好性が高いので、食が細い犬、老化で食欲が落ちた犬にも、たいへん評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピングやおやつが多い犬にも、栄養が偏らず、アレルギー対策としても、お勧めです。菜種油は、オーストラリア産で、それ以外の食材は国産原材料を使っている安全で、栄養バランスも良好なドッグフードです。
<原材料>
玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産他・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組み換えなし)、昆布(北海道産)、ワカメ(岩手産)他 、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加剤は総量の1.5%以下)
<成分>
粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcal/100g 。ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ぅ疋奪箸錣「ドットわん魚ごはん」¥1,836(500g)・・・写真右/右から1番目
「ドットわん魚ごはん」は、瀬戸内海で獲れた新鮮な舌平目を中心に、国産野菜や穀類等17品目の国産食材100%の、安全で安心、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードです。舌平目は、頭・ひれ・うろこ・内臓などを取り除いて使っているので、生臭さがない、魚フードでは珍しいフードです。肉にアレルギーがある犬、多様な食材を食べさせたい飼い主さんにもお勧めの総合栄養食です。
<原材料>
玄米(山形産・他)、丸麦(国産)、舌平目(瀬戸内海産)、みりん粕(愛知産)、牛エキス(国産)、牛オイル(国産)、カツオ節(静岡・焼津産)、鶏肝臓(広島産)、ビール酵母(国産)、豆腐おから(埼玉・神泉村産)、食用牛骨カルシウム(国産)、鶏卵(国産)、さつま芋(国産)、にんじん(千葉産・他)、米油(国産)、昆布(北海道産・他 )、ワカメ(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類
<成分>
粗タンパク質24.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分6.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
●犬が水をたくさん飲むように工夫をして、膀胱炎&ストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石を予防。
犬の結石も、人間の結石同様で、水分の摂取量が少なすぎることが原因になります。犬に水を多く飲むようにいっても、飲まないので、飼い主さんが水分の摂取量を多くするように工夫をしてやることが大切です。
水道水やミネラルウォーターなどは味がないので、「ヤギミルク」や「フリーズドライチーズ」や「ジャーキー」などの粉末を、水に少量入れて味や薫りを加えることで、水分の摂取量が増える犬が多くいます。

DPP_4067.JPG

.疋奪箸錣「ドットわんスープ」 ¥594(5包入り/1包10g)、¥1,620(15包入り/1包10g)
全頭検査済み国産牛の大たい骨だけをコトコトじっくり煮出した牛骨スープです。お湯に溶かしてスープ。お湯に溶かしたスープに、フードを混ぜる。など短時間で、簡単に美味しい牛骨スープで水分を増やすことができます。
人間の食品基準法などに基づいた原材料と製造工場でつくられているので、安全で純度が高く安心して犬に食べさせることができます。また、牛骨に含まれる天然コラーゲンをはじめ、コンドロイチンやヒアルロン酸が多く、栄養の貯蔵庫といわれるほど栄養バランスが良いく、消化吸収性にも優れているので、体調が悪い犬、病中病後の犬、夏ばての犬、高齢な犬、関節が悪い犬、スポーツなど運動量が多い犬など、あらゆる犬にお勧めのスープです。
また、嗜好性にも優れているので、食が細い犬にも、スープとして、直接フードにかけるなど、多様途に使えます。
Pet Ag「ゴートミルク&核酸(DNA・RNA)粉末」 ¥2,052(150g)
この「ヤギミルク」は、安全性や栄養バランスが認められ、アメリカのサンジエゴ動物園のパンダをはじめ、全米の希少性動物の赤ちゃんなどに使われています。国産表示のミルクでも、中国産のミルクやヤギミルクを使っているところが大半なので、このヤギミルクの安全性と味の違いは際立っています。
犬の結石予防で大切な水分を多くとるために、このヤギミルクを水の代わりに飲ませている人も多くいます。水の代わりにする場合には、粉末のヤギミルクは味や香りづけに使うので少量にして、水を多くして使います。食欲がないとき、下痢の時などのときには、消化吸収性が良く、完全栄養食なので、濃い目にして本来の使い方をします。
DPP_3551.JPG
「ドットわんフリーズドライチキン」 ¥367(15g)、¥1,188(60g)
新鮮な宮崎産食用鶏生肉のムネ肉だけを使った、美味なフリーズドライチキンです。ムネ肉をスチームで処理して、フリーズドライ加工されているので、味と香りがよく、嗜好性がたいへん良いと評判です。
食が細い犬、食欲がない犬には、フリーズドライチキンを手で細かくしてフリカケとしてフードにトッピングすると、チキンだけでなくフードも食べるようになった犬が多くいます。また、水やお湯で戻して、スープごとフードに混ぜて食べさせる方法もあります。もちろん、そのままトッピング、おやつとして食べさせることもお勧めです。柔らかく、サクサクした食感などの、歯が弱い犬、高齢な犬にも食べれる柔らかさです。
また、水をあまり飲まない犬には、手で粉末にした肉を水に浮かべてやると、味と香りが良いので、喜んで水をたくさん飲むようになった犬が多くいます。膀胱炎やストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石の予防や再発予防にも使えるアイテムです。

Ε淵船絅薀襯蓮璽戰好「キュービックチーズ」¥820(50g)、ナチュラルハーベスト「ベイクドチーズ」¥864(50g)、ドットわん「フリーズドライチーズ キューブ」¥410(25g)/¥1,058(70g)
ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」、ドットわん「フリーズドライチーズ」は、ニュージーランドのナチュラルチーズを、日本のチーズ工場でプロセスチーズにして、フリーズドライ加工をしたものです。フリーズドライチーズは、無添加でも常温保存が可能で、一般的な犬用チーズとは、原材料や加工が別次元で、人間レベルの安全な食品になっています。もちろん、犬に適した低塩になっているので、犬の健康を妨げることはありません。また、ベイクドチーズは、アメリカのチーズをアメリカで焼いた香ばしいチーズを、フリーズドライにしたものです。
犬は、チーズなどの乳製品が好きなので、嗜好性が高く栄養バランスが非常に優れた食品です。水を飲まない犬には、水にチーズを手等でつぶして粉末にして加えると、水がチーズ味になって、良く飲むようになるケースが多くあります。
 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 17:02
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の水分不足に注意。-2(犬の膀胱炎&ストルバイト結石の予防と水分摂取)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

犬の「ストルバイト結石」は、犬が膀胱炎などの尿路感染症になり、感染菌の影響で尿がアルカリ性になることで、「リン酸アンモニウムマグネシウム」の結晶ができたり、結晶が肥大化したり凝縮化したできる結石といわれています。

人間でも同じ成分の結石ができますが、感染菌の影響でできる結石なので「感染結石」とも言われています。

動物病院では、リンやマグネシウムを制限した療法食を勧めています。また、療法食で尿を酸性にして結石を溶解できるとも言っているようです。しかし、結石用療法食を食べさせていても、ストルバイト結石を繰り返したり、結石を開腹手術で取り出した、シュウ酸カルシウム結石もできた犬も多いようで、多くの飼い主さんから相談を受けています。

特に、梅雨から夏は、水分が不足しやすい時期なので、「膀胱炎」になったり、「ストルバイト結石」ができやすい季節です。また、夏ばてで食欲不振になると、免疫力が低下するので、「膀胱炎」になったり、「ストルバイト結石」ができやすくなります。ドッグワンでは、リン・マグネシウムが多すぎる、尿が常時アルカリ性になるようなドッグフードは販売していません。人間の膀胱炎予防と感染結石予防と同じように、栄養バランスが良い食生活、水分を多く摂る、免疫力を維持することで、膀胱炎やストルバイト結石の再発を予防できている犬達がたくさんいます。
●犬の膀胱炎とストルバイト結石の予防と水分摂取。
犬のストルバイト結石ができる原因は、膀胱炎などの原因である細菌感染で、尿がアルカリ性に偏ってしまい、アルカリ性では溶解できないリン酸アンモニウムマグネシウムが結晶化して、結晶が肥大化することでストルバイト結石ができることが多いといわれています。
ドッグワンでは、リンやマグネシウムが多すぎるドッグフードや、尿中pHがアルカリ性や酸性に偏るようなドッグフードは販売していません。膀胱炎の原因、ストルバイト結石の原因は、フードの成分やpHではないので、安全で栄養バランスが良いフードを適量食べる食生活と、適度に運動をする生活習慣にすることが、犬の健康維持と病気予防で大切なことです。犬の食生活を改善した犬で、膀胱炎&ストルバイト結石の予防で必要な生活習慣の改善は、水をあまり飲まない犬は適量を飲ませるように工夫をする、体力・免疫力を維持できるように食事量が減らないように注意する、体を清潔にすることです。

また、犬を多く飲ませる工夫ができると、尿量が増えるので、ストルバイトの結晶や結石ができても、尿量と一緒に自然排出させることができます。あまり水を飲まない犬は、結晶や結石を尿と一緒に排出することができないので、何度の再発を繰り返すことがあります。
〆拔櫃鯑れない。・・・尿路口から細菌が尿道・膀胱に侵入しないようにする。
犬の尿路口から細菌が尿道や膀胱に侵入することで、尿道炎・膀胱炎などの尿路感染症がおきるといわれています。膀胱炎の原因になる細菌は、大便などの大腸菌・ブドウ球菌が多いといわれています。犬が下痢便、柔便のときは、尿路口から細菌がはいりやすくなるので、紙などで下に垂れないように速やかに拭き取ることが必要です。小型犬では、ペットシーツを使っていることが多いと思いますが、大便・小便ともに、できるだけ速やかに交換をして感染症を防ぐことが大切です。また、犬の体を清潔にするために、最低月に1回程度はシャンプーをする、犬のソファやベッドなど、体に触れる用品や床などを清潔にするなども、細菌を入れないために大切です。
∈拔櫃鯡髪嵶呂悩拔櫃鮓彩任垢襦・・・栄養バランスが良いフードを適量 食べる、適度に運動をすることで免疫力を維持して、細菌感染を防ぐ。梅雨から夏は、食欲不振にならないように注意する。
犬の体外から侵入した細菌は、免疫力が正常であると細菌を減滅するので尿路感染症を防ぐことができます。免疫力の向上、維持には、特別なものを 食べることではなく、栄養バランスが良いフードを適量食べること、適度に運動をする、食生活と運動の生活習慣が大切です。タンパク質・脂質・ミネラル類・ビタミン類の必須栄養素を制限や増量するのではなく、AAFCO栄養基準を満たした上で、タンパク質・脂質・糖質の3大栄養素のバランスが良いフードを適量食べさせることが基本です。また、免疫力の維持には、腸内環境を良好にすることも必須なので、フードだけでなく運動を適度にすることで、腸内環境を良好にして免疫力を正常に保つ効果があります。

梅雨から夏は、高温・高湿度で食欲が落ちやすい季節です。食欲が落ちて食事量が少なくなると、体力・免疫力が低下しやすいので、トッピング等工夫をして、栄養量が少なくならないように注意が必要です。
細菌を増やさない。・・・犬の水分摂取量を増やして、尿量を増やす+おしっこを我慢させない。犬の膀胱内で細菌が増殖しないようにする。夏は、呼気で水分が体外に出やすくなるので、いつも以上に水を多く飲ませるようにします。
犬の水分摂取量が少なすぎると、尿量が少ないので、膀胱内に尿が長時間留まりやすくなります。膀胱内の細菌は、数時間で大増殖するといわれているので、排尿の回数が少ない犬ほど、膀胱内で細菌が増殖する時間が長くなって、膀胱炎になりやすいといわれています。
膀胱炎、ストルバイト結石ができる犬は、水を余飲まない小型犬に多いといわれています。犬の1日の水分摂取量の適量は、1日の総摂取カロリー数を、ml(cc)にした量が目安といわれています。例えば、360kcal/100gのドッグフードで、体重5kgの1日の標準的な給餌量が80gの場合は、360×0.8=288kcal/1日の総摂取カロリーなので、1日の水分摂取量は、288ml(cc)ということになります。
同じドッグフードを食べていても、水分摂取量が少ない犬ほど、膀胱炎やストルバイト結石ができやすいといわれています。犬が1日にどれほどの水分を摂った方が良いのか、わかっていない飼い主さんが多いとおもいます。水を飲む量が、少なすぎる犬は、水を多く飲ませる工夫をして、尿量を増やす、おしっこを我慢させないようにすることが、膀胱炎の予防に必要不可欠なことです。

特に、梅雨から夏は、犬は呼気(呼吸)の気化熱で体温を下げるので、水分不足になりやすい季節です。いつも以上に、水を飲ませる工夫をして、水分不足にならないように注意してやる必要があります
じい膀胱炎などの尿路感染症を予防できると、細菌の影響で尿がアルカリ性に偏ることがないので、感染によるストルバイト結石も予防できるといわれています。
犬が尿道炎や膀胱炎など尿路感染症になると、細菌の影響で尿がアルカリ性に偏ってしまうといわれています。犬の尿も通常は、酸性とアルカリ性の間を1日に何度も行ったり来たりを繰り返していて、その平均が6.5ほどの弱酸性といわれています。
犬が膀胱炎になって、抗生物質で治療を受けると細菌が死滅するので、通常の酸性とアルカリ性を繰り返すようになりストルバイツ結石ができることはなくなるといわれています。また、上記 銑の予防ができると、膀胱炎など尿路感染症の細菌の影響で、尿が常時アルカリ性に偏ることで、ストルバイツ結石ができることがなくなるといわれています。
ョ胱炎など尿路感染症と感染型のストルバイツ結石は、フードのリン・マグネシウムの成分比や尿PH値とは関係ありません。
犬が尿路感染症になると、細菌の影響で尿がアルカリ性に偏るので、アルカリ性では溶解しないストルバイト結晶やストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)ができるといわれています。このような細菌感染が原因でできるストルバイト結石は、ドッグフードや手作り食のリン・マグネシウムの成分比、尿pH値が原因でないことは明らかです。犬のストルバイト結石の療法食にしても、何度もストルバイト結石を繰り返している犬が多いようです。何でもドッグフードや手作り食の成分のせいにするようなことでは、根本的な予防をすることは不可能です。

Ε好肇襯丱ぅ箸侶訃宗▲好肇襯丱ぅ鳩訐个蓮⊃緤を多くとって尿と一緒に自然排出する。

水分を多く摂るようになると、尿量が増えるので、ストルバイトが結晶のうちに尿と一緒に自然排出することができます。また、ストルバイト結石が小さいうちに尿と一緒に自然排出することができます。水分を多くとって、尿量を増やす。おしっこを我慢させないようにして、排出の機会を増やすことで、できてしまった結晶や結石が小さいうちに、自然排出することも、予防のひとつです。

●「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、AAFCO栄養基準に適合しているので、カルシウム・リン・マグネシウムも適正量になっています。もちろん、フードが原因で尿がアルカリ性や酸性に偏るようなことはありません。
ドッグワンで販売している「ナチュラルバランス」や「ドットわんごはん」は、犬の必須栄養素の摂取基準「AAFCO栄養基準」に適合しているので、リンやマグネシウム、カルシウム等の必須ミネラル成分も適正量になっています。また、フードの組成で、犬の尿が、常時アルカリ性、酸性になることはなく、酸性とアルカリ性を1日に何度も繰り返していて、その平均値が6.5前後の弱酸性になっています。
人間にできる結石と、犬にできる結石は、同じ成分の結石といわれています。人間では、栄養バランスが良い食事を規則正しく適量 食べる食生活、水分を2L〜2.5L摂る、適度な運動などの生活習慣にすることが、結石予防・再発予防で大切なことといわれています。

「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、療法食ではないので、必須栄養素を制限したり、増量をしていません。栄養バランスが良いフードを適量 食べることは、最も大切にしないといけない生活習慣です。栄養バランスが良いフードは、必須栄養素が多すぎず、少なすぎず、適量摂取することができるフードのことです。

人間同様に、犬の結石の予防と再発予防は、栄養バランスが良いフードを選んで適量食べさせる。水分を適量飲ませる。適度に運動をすることです。実際に、他社のドッグフード、療法食を食べていて、結石が何度もできた犬でも、「ナチュラルバランス」「ドットわん」のドッグフードにして、水を多く飲ませる工夫をした、運動を増やした犬では、結石の再発を予防できている犬がほとんどです。
DPP_3516.JPGDPP_4008.JPG
.淵船絅薀襯丱薀鵐/オリジナルウルトラ「ホールボディヘルス」
アメリカのナチュラルフードショップで販売されている生産履歴管理された人間用「食用」食材・食品を使った、ウルトラプレミアムクラスのドッグフードです。家畜肉は飼料まで管理されたグレードAの等級、穀類・野菜類は殺虫剤が使われない減農薬レベルを使用しています。原材料の種類や品目数も多く、高タンパク質で炭水化物が少なめ、脂質のバランスが良いなど、仔犬からシニア犬まで健康に育つ、病気になりにくいフードとして評価されています。
¥1,543(2.2ポンド/1kg)、¥2,941(5ポンド/2.27kg)、¥6,567(12ポンド/5.45kg)、¥12,209(12ポンド×2袋)、¥16,894(12ポンド×3袋)
<スモールバイト(小粒タイプ)>¥1,697(2.2ポンド/1kg)、 ¥3,219(4ポンド/1.82kg)

<原材料>:鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール(乾燥肉)、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪、乾燥ニンジン、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)、豆ファイバー、オートファイバー、トマト、亜麻仁、ブリュワーズイースト、ニシン油、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス、他 
*トウモロコシ類、大豆、卵、小麦、内臓肉や副産物など(バイプロダクト)は使用されていません。
<成分>:粗タンパク質23%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維質3%以下、水分10%以下、カルシウム1.2%以下、リン1.0%以下、タウリン0.05%以下、ビタミンC20mg/100g以上、EPA&DHA0.25%以上、オメガ6脂肪酸2.5%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、/カロリー…361kcal(100g)、可消化エネルギー率92%、
/AAFCO栄養基準の仔犬用基準と成犬用基準をクリアしている全年齢、全犬種対応のオールブリードタイプです。
ー腓法崑里鬚弔る」栄養素のもとになるもの
主にタンパク質源…鶏肉(フレッシュ肉)、チキンミール(乾燥肉)、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)
主に脂肪源…鶏脂肪、亜麻仁、ニシン油
⊆腓法崑里鯑阿す」エネルギーのもとになるもの
主に炭水化物源…玄米、オート麦(オーツ麦)、ポテト(ジャガイモ)、ブリュワーズライス
主に「体の調子を整える」栄養素のもとになるもの
主にビタミン・ミネラル源…乾燥ニンジン、トマト、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ホウレン草、乾燥ケルプ(海草)
総摂取エネルギーに占めるタンパク質(P),脂肪(F),炭水化物(C)比率
PFC比率:タンパク質23%(81kcal)、脂肪31%(113kcal)、炭水化物46%(165kcal)
*犬が1日に必要なタンパク質は、体重1kgあたり人間の3.5倍から4.5倍ほどの量が必要といわれています。人間の成人では、1日に体重1kgあたりタンパク質を、1g〜1.2gを摂取する必要があります。ナチュラルバランスのフードは、約4倍ほどのタンパク質が摂取できるようになっています。
<安全性>
原材料原産国…アメリカ100%。中国産原材料は使用されていません。
生産国…アメリカ。(日本正規輸入品)
原材料の品質…USDA(米国農務省)認可の「人間用の食材」(Human Grade)を使用しています。
肉類…USDA傘下のFSISで管理された赤肉の最高グレード「Aグレード」を使用。抗生物質・成長ホルモン剤を投与されていない「無薬飼料」で育った、生産履歴管理された「食用肉」だけを使用。内臓などの副産物肉などは使用していません。
穀類と野菜類…殺虫剤を使用しない「減農薬」を使用しています。遺伝子組換食物は使用されていません。
<公的検査で、残留農薬、一般農薬、合成酸化防止剤など78項目、メラミン、サルモネラ菌など9項目の未検出が確認されています>
国内第三者機関で、残留農薬66項目、一般農薬9項目、合成酸化防止剤「エトキシキン、BHA,BHT」3項目の78項目の検査で、未検出が確認されています。また、アメリカでも、生産ロット毎に、メラミン・アラフトキシキン(カビ毒)、0-157、サルモネラ菌などの、9種類の有害物質の検査をして未検出が確認されてから出荷されています。
.疋奪箸錣「ドットわんごはん」¥1,728(500g)…写真右/左から一番目
 全頭検査済みの国産牛肉の、モモ肉とすね肉が使われています。犬も人間と同様に牛肉が好きな犬が多いので、食が細い犬、食欲が落ちた犬にも評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピング、鶏肉のおやつ、鶏肉中心のフードを食べさせている犬には、栄養バランスを保つ、食物性アレルギーのリスク低減などにも、お勧めのフードです。国産原材料100%で、多種類・他イン目の食材が使われている、安全で栄養バランスが良いドッグフードです。
<原材料>
豆腐おから(埼玉・神泉村産)・牛肉(国産)・玄米(山形産・他)・牛エキス(国産)・小麦胚芽(北海道産・他)、食用牛骨カルシウム(国産)、牛オイル(国産)、にんじん(千葉産他)、昆布・ワカメ(北海道産・他)、カツオエキス(静岡・焼津産)、豚肝臓(国産)、ビタミンE(遺伝子組み換えなし大豆由来)
<成分>
粗タンパク質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維6%以下、水分3%以下、代謝エネルギー…365kca(100g) *ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢対応のオールブリードタイプ。
▲疋奪箸錣「ドットわん鶏ごはん」¥1,620(500g) …写真右/左から2番目
「伊勢赤鶏」、「朝とり鶏」のブランド鶏のムネ肉だけを使っているドッグフードです。飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使わない無薬飼料飼育の鶏肉で、安全なだけでなく、美味なことで知られている鶏肉のムネ肉が使われています。国産原材料100%で、多種類・多品目の食材が使われた、安全で栄養バランスも良好なフードです。
<原材料>
玄米(山形産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山産・他))、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(山形・宮城産)、乾燥おから(埼玉・神泉村産)、カツオ節(国産)、さつま芋(国産)、スケソウタラ(国産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産)、カツオエキス(静岡・焼津産)、昆布・ワカメ(北海道産・他 )、ビタミン・ミネラル類{栄養添加剤は総量の1.5% 以下)
<成分>
粗タンパク質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分3.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ドットわん「ドットわん豚ごはん」¥1,728(500g) …写真右/右から2番目
旨み成分が使った赤みが多く脂肪が少ない岩手の「トキワの豚」、米で育った鶏の卵「こめたま」と、玄米・白米を主原料に14品目使われている、栄養バランスが優れたドッグフードです。嗜好性が高いので、食が細い犬、老化で食欲が落ちた犬にも、たいへん評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピングやおやつが多い犬にも、栄養が偏らず、アレルギー対策としても、お勧めです。菜種油は、オーストラリア産で、それ以外の食材は国産原材料を使っている安全で、栄養バランスも良好なドッグフードです。
<原材料>
玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産他・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組み換えなし)、昆布(北海道産)、ワカメ(岩手産)他 、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加剤は総量の1.5%以下)
<成分>
粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcal/100g 。ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ぅ疋奪箸錣「ドットわん魚ごはん」¥1,836(500g)・・・写真右/右から1番目
「ドットわん魚ごはん」は、瀬戸内海で獲れた新鮮な舌平目を中心に、国産野菜や穀類等17品目の国産食材100%の、安全で安心、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードです。舌平目は、頭・ひれ・うろこ・内臓などを取り除いて使っているので、生臭さがない、魚フードでは珍しいフードです。肉にアレルギーがある犬、多様な食材を食べさせたい飼い主さんにもお勧めの総合栄養食です。
<原材料>
玄米(山形産・他)、丸麦(国産)、舌平目(瀬戸内海産)、みりん粕(愛知産)、牛エキス(国産)、牛オイル(国産)、カツオ節(静岡・焼津産)、鶏肝臓(広島産)、ビール酵母(国産)、豆腐おから(埼玉・神泉村産)、食用牛骨カルシウム(国産)、鶏卵(国産)、さつま芋(国産)、にんじん(千葉産・他)、米油(国産)、昆布(北海道産・他 )、ワカメ(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類
<成分>
粗タンパク質24.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分6.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
●膀胱炎、ストルバイツ結石を繰り返す犬、慢性化している犬に。
尿路感染症とストルバイツ結石の再発予防効果が高い「クランベリー」のサプリメントがお勧めです。

「クランベリー」は、古くから尿路感染症の治療や再発予防効果があるといわれてきました。近年では、フィトケミカルの1種「プロアントシアニジン」に、細菌接着阻害作用があり、細菌が膀胱壁などに付着することを防ぐ効果があることがわかっています。また、クランベリーに多く含まれる「キナ酸」は体内で馬尿酸になり、細菌の付着や増殖を防ぎ「尿路感染症」を予防して、尿pHを正常に維持しやすくして「ストルバイツ結石」を防ぐ効果があるといわれています。
このサプリメントは、人間用等級のクランベリーを使用して、犬が嫌がるすっぱさを感じないように味覚が工夫されたていて、フードに混ぜやすいように粉末になっています。天然の食品由来成分なので、薬のような副作用の心配もなく安心して使うことができます。
犬の膀胱炎&ストルバイツ結石の予防、再発予防には、水分摂取量を多くする、おしっこを我慢させない、栄養バランスが良いフードを適量たべさせるなど、犬の生活習慣を改善することが必要です。このような生活習慣を改善中の犬、膀胱炎やストルバイツ結石の再発を繰り返す犬、などにお勧めのサプリメントです。また、飼い主さんの不安を少なくする、精神衛生上にもたいへん心強いサプリメントです。

PET BOTANICS 「クランベリー・サプリメント」 ¥3,456(50g)
.ランベリーに多い「キナ酸」が、尿中の細菌の増殖を防ぎ、尿を酸性に保つといわれています。
クランベリーの特長のひとつは、「キナ酸」という有機酸が、他の食物やフルーツに較べてダントツに多く含まれていることにあります。「キナ酸」は、体内で消化分解されて、馬尿酸という有機酸になり、尿を酸性化します。尿中の馬尿酸が多いほど尿は酸性になり、細菌の増殖を防ぐことができます。
▲ランベリーは、感染菌が尿路に付着することを防ぐ「プロアントシアニジン」が豊富で、尿路感染症を予防する効果があるといわれています。
膀胱炎などの尿路感染症は、感染菌が膀胱や尿道などの尿路に付着することから増殖して炎症を引き起こします。この感染菌を尿路に付着するのを防ぐのがポリフェノールの1種である「プロアントシアニジン」です。クランベリーには「プロアントシアニジン」が非常に多く含まれていて、人間の場合でも細菌が付着するのを防ぐ効果が70%以上あることが認められています。
クランベリーは、「ポリフェノール」の含有量が多く、抗酸化防止効果とサラサラ血効果があります。
ポリフェノールは、活性酸素除去して細胞が酸化することを防止する効果が認められています。コレステロールの酸化も防止するので、血液もサラサラに保つ効果もあります。
ぅランベリーは、「ビタミンC」が豊富です。
クランベリーには、リンゴの6倍のビタミンCがあり、オレンジやアセロラよりも豊富なビタミンCがあります。犬では、ビタミンCは体内合成量で不足しないので、必須栄養素ではありませんが、抗酸化力を高めることや、過剰摂取の心配がない栄養素なので、犬も多く摂ったほうが、良い栄養素です。
<使い方と量>
顆粒状になっているので、フードの混ぜて使うのが便利です。1日あたりの目安は、体重7kg未満(付属スプーン1杯)、7〜22kg(スプーン1杯半)、22kg以上(スプーン2杯)になっています。
●犬が水をたくさん飲むように工夫をして、膀胱炎&ストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石を予防。
犬の結石も、人間の結石同様で、水分の摂取量が少なすぎることが原因になります。犬に水を多く飲むようにいっても、飲まないので、飼い主さんが水分の摂取量を多くするように工夫をしてやることが大切です。
水道水やミネラルウォーターなどは味がないので、「ヤギミルク」や「フリーズドライチーズ」や「ジャーキー」などの粉末を、水に少量入れて味や薫りを加えることで、水分の摂取量が増える犬が多くいます。

DPP_4067.JPG

.疋奪箸錣「ドットわんスープ」 ¥594(5包入り/1包10g)、¥1,620(15包入り/1包10g)
全頭検査済み国産牛の大たい骨だけをコトコトじっくり煮出した牛骨スープです。お湯に溶かしてスープ。お湯に溶かしたスープに、フードを混ぜる。など短時間で、簡単に美味しい牛骨スープで水分を増やすことができます。
人間の食品基準法などに基づいた原材料と製造工場でつくられているので、安全で純度が高く安心して犬に食べさせることができます。また、牛骨に含まれる天然コラーゲンをはじめ、コンドロイチンやヒアルロン酸が多く、栄養の貯蔵庫といわれるほど栄養バランスが良いく、消化吸収性にも優れているので、体調が悪い犬、病中病後の犬、夏ばての犬、高齢な犬、関節が悪い犬、スポーツなど運動量が多い犬など、あらゆる犬にお勧めのスープです。
また、嗜好性にも優れているので、食が細い犬にも、スープとして、直接フードにかけるなど、多様途に使えます。
Pet Ag「ゴートミルク&核酸(DNA・RNA)粉末」 ¥2,052(150g)
この「ヤギミルク」は、安全性や栄養バランスが認められ、アメリカのサンジエゴ動物園のパンダをはじめ、全米の希少性動物の赤ちゃんなどに使われています。国産表示のミルクでも、中国産のミルクやヤギミルクを使っているところが大半なので、このヤギミルクの安全性と味の違いは際立っています。
犬の結石予防で大切な水分を多くとるために、このヤギミルクを水の代わりに飲ませている人も多くいます。水の代わりにする場合には、粉末のヤギミルクは味や香りづけに使うので少量にして、水を多くして使います。食欲がないとき、下痢の時などのときには、消化吸収性が良く、完全栄養食なので、濃い目にして本来の使い方をします。
DPP_3551.JPG
「ドットわんフリーズドライチキン」 ¥367(15g)、¥1,188(60g)
新鮮な宮崎産食用鶏生肉のムネ肉だけを使った、美味なフリーズドライチキンです。ムネ肉をスチームで処理して、フリーズドライ加工されているので、味と香りがよく、嗜好性がたいへん良いと評判です。
食が細い犬、食欲がない犬には、フリーズドライチキンを手で細かくしてフリカケとしてフードにトッピングすると、チキンだけでなくフードも食べるようになった犬が多くいます。また、水やお湯で戻して、スープごとフードに混ぜて食べさせる方法もあります。もちろん、そのままトッピング、おやつとして食べさせることもお勧めです。柔らかく、サクサクした食感などの、歯が弱い犬、高齢な犬にも食べれる柔らかさです。
また、水をあまり飲まない犬には、手で粉末にした肉を水に浮かべてやると、味と香りが良いので、喜んで水をたくさん飲むようになった犬が多くいます。膀胱炎やストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石の予防や再発予防にも使えるアイテムです。

Ε淵船絅薀襯蓮璽戰好「キュービックチーズ」¥820(50g)、ナチュラルハーベスト「ベイクドチーズ」¥864(50g)、ドットわん「フリーズドライチーズ キューブ」¥410(25g)/¥1,058(70g)
ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」、ドットわん「フリーズドライチーズ」は、ニュージーランドのナチュラルチーズを、日本のチーズ工場でプロセスチーズにして、フリーズドライ加工をしたものです。フリーズドライチーズは、無添加でも常温保存が可能で、一般的な犬用チーズとは、原材料や加工が別次元で、人間レベルの安全な食品になっています。もちろん、犬に適した低塩になっているので、犬の健康を妨げることはありません。また、ベイクドチーズは、アメリカのチーズをアメリカで焼いた香ばしいチーズを、フリーズドライにしたものです。
犬は、チーズなどの乳製品が好きなので、嗜好性が高く栄養バランスが非常に優れた食品です。水を飲まない犬には、水にチーズを手等でつぶして粉末にして加えると、水がチーズ味になって、良く飲むようになるケースが多くあります。
 

 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 17:05
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の水分不足に注意。-1(尿の水分が少ない犬ほど結石ができやすい)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

 

梅雨から夏は、犬のストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石について、相談を受ける回数が増えます。

 

梅雨から夏にかけて、結石の相談が増える理由は、高温や高湿度で、犬が呼吸(呼気)で体から水分がでる量が増えるので、水分不足になりやすいと考えられます。特に、日常的に水分をあまり摂らない犬は、尿中の水分量が一段と少なくなり、不要になった栄養素や尿素など老廃物の固形物の比率が高くなるので、結石ができやすいくなると考えられます。

 

例えば、犬の水分摂取量が少ないと、腎臓内で尿の水分が少なくなり、不要になった栄養素や老廃物等の固形物の比率が高くなって、濃い尿になってしまいます。尿中の固形物のシュウ酸、リン酸、カルシウムなどが増えて飽和状態なると、これらの成分が結合して結晶化する、結晶が凝縮してシュウ酸カルシウム結石やリン酸カルシウム結石等の結石ができやすくなるといわれています。

また、水分が不足すると膀胱内に尿が留まっている時間が長くなるので、膀胱炎になりやすくなり、膀胱炎の細菌の影響で尿が常時アルカリ性になるので、アルカリ性では溶解しないリン・アンモニア・マグネシウムが結合して、リン酸アンモニウムマグネシウムの結晶、結晶が集まってストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)結石ができることが多いといわれています。

 

動物病院では、犬にストルバイトの結晶や結石ができると、リン・マグネシウムが多すぎるドッグフードが原因なので、リン・マグネシウムを制限した結石用の療法食を勧めることが大半です。しかし、ほとんどのドッグフードは、AAFCO(アフコ)栄養基準に適合しているので、リンやマグネシウムが適正量になっています。また、ドッグフードの原材料や成分の影響で、尿がアルカリ性になるようなフードも存在しません。

 

犬用の結石症・療法食しか食べさせないようにしていても、ストルバイト結石の再発を繰り返す犬、シュウ酸カルシウム結石もできた犬、結石が溶解できるといわれていたのに、開腹手術で結石を取り出した犬、等々、多数の飼い主さんが困っているようです。

そもそも、リン・マグネシウム・カルシウムが多すぎるドッグフードが販売されていないのに、リン・マグネシウム・カルシウムを制限しても欠乏症を起こす可能性が増えるだけです。

 

人間では、尿の成分は、水が約90%、尿素など固形物が約10%といわれています。水分摂取量が少ない人、汗やアルコールの代謝で水不足になっている人は、尿中の水分が少なくなり、固形物が多くなるので、結石ができやすくなるといわれています。

犬の尿の成分比は、人間とほぼ同様で、水が90%、固形物が10%前後といわれています。水分摂取量が少ない犬ほど、尿の成分比で水分が少なく、尿素や不要になった栄養素など老廃物の固形物比が高くなります。フードのリン・マグネシウム・カルシウムを制限しても、水分が少ないので、結石ができやすい環境になっています。

 

犬の結石のことで相談を受けるときに、犬種、性別、フードの種類、水分摂取量等を飼い主さんに必ず聞いています。ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石に関係なく、ほとんどが小型犬で、中型犬では柴犬とコーギーが目立ちます。他の中型犬・大型犬では非常に稀なケースです。性別では、オスのほうがメスよりやや多いようです。フードの種類では、特定のフードを食べているから結石になることはなく、全てのドッグフードや療法食で結石ができています。水分の摂取量については、体重別の標準水分摂取量の1/3から1/2ほどの水量しか飲んでいない犬がほとんどです。

 

以上のことからも、犬の結石は、水分摂取量が少なすぎる犬に多いことがわかります。小型犬と中型犬の一部に結石ができやすいのは、水をあまり飲まない犬が、小型犬や中型犬の一部で多いことが原因になっています。

犬は、汗がかけないので、舌や鼻の水分が蒸発する気化熱の原理で、口内や肺などの体温を下げることしかできません。梅雨から夏は、犬はこのような呼吸(呼気)で体温調節するので、他の季節よりも水分をたくさん体外に排出します。その分、梅雨から夏は、いつもより多くの水を飲まないと、尿の水分が少なくなって、結石ができやすくなります。

 

●「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、AAFCO栄養基準に適合しているので、カルシウム・リン・マグネシウムも適正量になっています。もちろん、フードが原因で尿がアルカリ性や酸性に偏るようなことはありません。
ドッグワンで販売している「ナチュラルバランス」や「ドットわんごはん」は、犬の必須栄養素の摂取基準「AAFCO栄養基準」に適合しているので、リンやマグネシウム、カルシウム等の必須ミネラル成分も適正量になっています。また、フードの組成で、犬の尿が、常時アルカリ性、酸性になることはなく、酸性とアルカリ性を1日に何度も繰り返していて、その平均値が6.5前後の弱酸性になっています。
人間にできる結石と、犬にできる結石は、同じ成分の結石といわれています。人間では、栄養バランスが良い食事を規則正しく適量 食べる食生活、水分を2L〜2.5L摂る、適度な運動などの生活習慣にすることが、結石予防・再発予防で大切なことといわれています。

「ナチュラルバランス」、「ドットわん」のドッグフードは、療法食ではないので、必須栄養素を制限したり、増量をしていません。栄養バランスが良いフードを適量 食べることは、最も大切にしないといけない生活習慣です。栄養バランスが良いフードは、必須栄養素が多すぎず、少なすぎず、適量摂取することができるフードのことです。

人間同様に、犬の結石の予防と再発予防は、栄養バランスが良いフードを選んで適量食べさせる。水分を適量飲ませる。適度に運動をすることです。実際に、他社のドッグフード、療法食を食べていて、結石が何度もできた犬でも、「ナチュラルバランス」「ドットわん」のドッグフードにして、水を多く飲ませる工夫をした、運動を増やした犬では、結石の再発を予防できている犬がほとんどです。
DPP_3516.JPGDPP_4008.JPG
.淵船絅薀襯丱薀鵐/オリジナルウルトラ「ホールボディヘルス」
アメリカのナチュラルフードショップで販売されている生産履歴管理された人間用「食用」食材・食品を使った、ウルトラプレミアムクラスのドッグフードです。家畜肉は飼料まで管理されたグレードAの等級、穀類・野菜類は殺虫剤が使われない減農薬レベルを使用しています。原材料の種類や品目数も多く、高タンパク質で炭水化物が少なめ、脂質のバランスが良いなど、仔犬からシニア犬まで健康に育つ、病気になりにくいフードとして評価されています。
¥1,543(2.2ポンド/1kg)、¥2,941(5ポンド/2.27kg)、¥6,567(12ポンド/5.45kg)、¥12,209(12ポンド×2袋)、¥16,894(12ポンド×3袋)
<スモールバイト(小粒タイプ)>¥1,697(2.2ポンド/1kg)、 ¥3,219(4ポンド/1.82kg)

<原材料>:鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール(乾燥肉)、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪、乾燥ニンジン、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)、豆ファイバー、オートファイバー、トマト、亜麻仁、ブリュワーズイースト、ニシン油、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス、他 
*トウモロコシ類、大豆、卵、小麦、内臓肉や副産物など(バイプロダクト)は使用されていません。
<成分>:粗タンパク質23%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維質3%以下、水分10%以下、カルシウム1.2%以下、リン1.0%以下、タウリン0.05%以下、ビタミンC20mg/100g以上、EPA&DHA0.25%以上、オメガ6脂肪酸2.5%以上、オメガ3脂肪酸0.4%以上、/カロリー…361kcal(100g)、可消化エネルギー率92%、
/AAFCO栄養基準の仔犬用基準と成犬用基準をクリアしている全年齢、全犬種対応のオールブリードタイプです。
ー腓法崑里鬚弔る」栄養素のもとになるもの
主にタンパク質源…鶏肉(フレッシュ肉)、チキンミール(乾燥肉)、ダックミール(乾燥肉)、サーモンミール(乾燥肉)
主に脂肪源…鶏脂肪、亜麻仁、ニシン油
⊆腓法崑里鯑阿す」エネルギーのもとになるもの
主に炭水化物源…玄米、オート麦(オーツ麦)、ポテト(ジャガイモ)、ブリュワーズライス
主に「体の調子を整える」栄養素のもとになるもの
主にビタミン・ミネラル源…乾燥ニンジン、トマト、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ホウレン草、乾燥ケルプ(海草)
総摂取エネルギーに占めるタンパク質(P),脂肪(F),炭水化物(C)比率
PFC比率:タンパク質23%(81kcal)、脂肪31%(113kcal)、炭水化物46%(165kcal)
*犬が1日に必要なタンパク質は、体重1kgあたり人間の3.5倍から4.5倍ほどの量が必要といわれています。人間の成人では、1日に体重1kgあたりタンパク質を、1g〜1.2gを摂取する必要があります。ナチュラルバランスのフードは、約4倍ほどのタンパク質が摂取できるようになっています。
<安全性>
原材料原産国…アメリカ100%。中国産原材料は使用されていません。
生産国…アメリカ。(日本正規輸入品)
原材料の品質…USDA(米国農務省)認可の「人間用の食材」(Human Grade)を使用しています。
肉類…USDA傘下のFSISで管理された赤肉の最高グレード「Aグレード」を使用。抗生物質・成長ホルモン剤を投与されていない「無薬飼料」で育った、生産履歴管理された「食用肉」だけを使用。内臓などの副産物肉などは使用していません。
穀類と野菜類…殺虫剤を使用しない「減農薬」を使用しています。遺伝子組換食物は使用されていません。
<公的検査で、残留農薬、一般農薬、合成酸化防止剤など78項目、メラミン、サルモネラ菌など9項目の未検出が確認されています>
国内第三者機関で、残留農薬66項目、一般農薬9項目、合成酸化防止剤「エトキシキン、BHA,BHT」3項目の78項目の検査で、未検出が確認されています。また、アメリカでも、生産ロット毎に、メラミン・アラフトキシキン(カビ毒)、0-157、サルモネラ菌などの、9種類の有害物質の検査をして未検出が確認されてから出荷されています。
.疋奪箸錣「ドットわんごはん」¥1,728(500g)…写真右/左から一番目
 全頭検査済みの国産牛肉の、モモ肉とすね肉が使われています。犬も人間と同様に牛肉が好きな犬が多いので、食が細い犬、食欲が落ちた犬にも評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピング、鶏肉のおやつ、鶏肉中心のフードを食べさせている犬には、栄養バランスを保つ、食物性アレルギーのリスク低減などにも、お勧めのフードです。国産原材料100%で、多種類・他イン目の食材が使われている、安全で栄養バランスが良いドッグフードです。
<原材料>
豆腐おから(埼玉・神泉村産)・牛肉(国産)・玄米(山形産・他)・牛エキス(国産)・小麦胚芽(北海道産・他)、食用牛骨カルシウム(国産)、牛オイル(国産)、にんじん(千葉産他)、昆布・ワカメ(北海道産・他)、カツオエキス(静岡・焼津産)、豚肝臓(国産)、ビタミンE(遺伝子組み換えなし大豆由来)
<成分>
粗タンパク質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維6%以下、水分3%以下、代謝エネルギー…365kca(100g) *ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢対応のオールブリードタイプ。
▲疋奪箸錣「ドットわん鶏ごはん」¥1,620(500g) …写真右/左から2番目
「伊勢赤鶏」、「朝とり鶏」のブランド鶏のムネ肉だけを使っているドッグフードです。飼料に抗生物質や成長ホルモン剤を使わない無薬飼料飼育の鶏肉で、安全なだけでなく、美味なことで知られている鶏肉のムネ肉が使われています。国産原材料100%で、多種類・多品目の食材が使われた、安全で栄養バランスも良好なフードです。
<原材料>
玄米(山形産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山産・他))、ポークエキス(国産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(山形・宮城産)、乾燥おから(埼玉・神泉村産)、カツオ節(国産)、さつま芋(国産)、スケソウタラ(国産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産)、カツオエキス(静岡・焼津産)、昆布・ワカメ(北海道産・他 )、ビタミン・ミネラル類{栄養添加剤は総量の1.5% 以下)
<成分>
粗タンパク質25.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維3.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分3.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ドットわん「ドットわん豚ごはん」¥1,728(500g) …写真右/右から2番目
旨み成分が使った赤みが多く脂肪が少ない岩手の「トキワの豚」、米で育った鶏の卵「こめたま」と、玄米・白米を主原料に14品目使われている、栄養バランスが優れたドッグフードです。嗜好性が高いので、食が細い犬、老化で食欲が落ちた犬にも、たいへん評判が良いフードです。また、鶏肉のトッピングやおやつが多い犬にも、栄養が偏らず、アレルギー対策としても、お勧めです。菜種油は、オーストラリア産で、それ以外の食材は国産原材料を使っている安全で、栄養バランスも良好なドッグフードです。
<原材料>
玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産他・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組み換えなし)、昆布(北海道産)、ワカメ(岩手産)他 、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加剤は総量の1.5%以下)
<成分>
粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcal/100g 。ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。
ぅ疋奪箸錣「ドットわん魚ごはん」¥1,836(500g)・・・写真右/右から1番目
「ドットわん魚ごはん」は、瀬戸内海で獲れた新鮮な舌平目を中心に、国産野菜や穀類等17品目の国産食材100%の、安全で安心、栄養バランスが良いドライタイプのドッグフードです。舌平目は、頭・ひれ・うろこ・内臓などを取り除いて使っているので、生臭さがない、魚フードでは珍しいフードです。肉にアレルギーがある犬、多様な食材を食べさせたい飼い主さんにもお勧めの総合栄養食です。
<原材料>
玄米(山形産・他)、丸麦(国産)、舌平目(瀬戸内海産)、みりん粕(愛知産)、牛エキス(国産)、牛オイル(国産)、カツオ節(静岡・焼津産)、鶏肝臓(広島産)、ビール酵母(国産)、豆腐おから(埼玉・神泉村産)、食用牛骨カルシウム(国産)、鶏卵(国産)、さつま芋(国産)、にんじん(千葉産・他)、米油(国産)、昆布(北海道産・他 )、ワカメ(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類
<成分>
粗タンパク質24.0%以上、粗脂肪10.0%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分6.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)355kcal/100g 。*ペットフード公正取引協議会が定めた「総合栄養食基準」を満たした、全犬種・全年齢タイプ。

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 16:27
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の水分不足に注意。(序章/梅雨から夏は、犬の水分不足に注意が必要)

梅雨から夏は、犬が体調を崩したり、病気になりやすいので、相談や質問が多い季節です。

人間の生活習慣病は、食生活・運動・ストレスなどの生活習慣が原因になって起きることが多いといわれていますが、梅雨から夏にかけては水分摂取量の不足が原因になって生活習慣病になることが増える季節です。夏に多い熱中症、脳梗塞・心筋梗塞、結石などは、水分不足が原因のひとつになっています。

犬も、熱中症、脳梗塞、結石など、水分不足が原因のひとつになって、人間と同じような症状や病気になるといわれています。犬では、水分摂取量の標準、症状や病気と水分摂取量の関係、水を多く飲ませる工夫など、生活習慣の指導をしているような動物病院やペットショップがほとんどないようです。

犬は、人間のように汗腺がないので、汗で水分が不足するはありません。しかし、梅雨から夏にかけては、呼吸(呼気)で体からでる水分が増えるので、他の季節よりもより多くの水分を摂るようにしないと、熱中症、脳梗塞・心筋梗塞、結石になりやすくなります。
●序章/梅雨から夏は、犬の水分不足に注意が必要。
水分摂取量が少ないと、膀胱炎、ストルバイツ結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなるといわれています。また体内の水分量が少なくなるので、血液がドロドロになりやすく、人間同様に脳梗塞や心筋梗塞、熱中症にもなりやすくなります。
/緤摂取量が少ない犬は、血液が濃くなりやすいので、夏に脳梗塞や心筋梗塞などになるリスクが高くなるといわれています。
血液の80%以上は、水分なので、水分摂取量が少ない犬ほど、濃くドロドロした血液になりやすくなります。血液がドロドロすると、血栓で血管が詰まる原因になり、心臓に詰まると心筋梗塞、脳に詰まると脳梗塞がおきやすくなります。突然死は、心筋梗塞や脳梗塞などが原因になることが多いといわれています。特に、夏は水分が呼気などで失われる量が増えるので、いつも以上に水を多く飲んで、サラサラした血液にする必要があります。
⊃緤摂取量が少ない犬は、腎臓内の水分が少なくなりミネラル成分などが多くなるので、腎臓に結石(シュウ酸カルシウム結石等)ができやすくなります。
水分摂取量が少なすぎると、腎臓内の水分が少なく、尿素や不要になったミネラル・ビタミンなど老廃物など固形物の比率が高い状態になります。また、水分が少ないので、腎臓内に固形物が留まる時間が増えるので、シュウ酸とカルシウム、リンとカルシウムなどが結合して結晶化して、結晶が肥大化や集合して、シュウ酸カルシウム結石やリン酸カルシウム結石ができやすくなります。
腎臓でできた結石は、腎臓内に留まっていると腎臓結石、尿管に落ちると尿管結石、膀胱に落ちると膀胱結石と、人間では言われることがあります。
水分摂取量が少ない犬は、膀胱炎、膀胱炎の感染結石(ストルバイツ結石)ができやすくなります。
水分摂取量が少ない犬は、膀胱内に尿が長時間留まるので、大便などのブドウ球菌が尿路口から入ると、数時間で増殖して膀胱炎になりやすいといわれています。また、膀胱炎の細菌で、尿がアルカリ性になるので、リン・アンモニア・マグネシウムはアルカリ性では溶解できないので、リン酸アンモニウムマグネシウムの結晶ができたり、結晶が肥大化や集合化して結石ができることがあります。リン酸アンモニウム・マグネシウム結石は、犬ではストルバイツ結石といわれることが多い結石です。
た緤摂取量が少ない犬は、熱中症になりやすくなります。
体内の水分は、体温を維持するうえで重要な働きをしています。水分摂取量が少ない犬は、体内の水分量が少ない可能性が高いので、他の犬以上に熱中症になりやすくなるといわれています。
ジい1日の水分摂取量の目安。
犬の1日の消費カロリーを、ml(cc)に換算した水分量が、1日の水分摂取量の目安といわれています。例えば、360kcal/100gのドッグフードを食べている犬で、体重が5kgで1日の体重別標準給餌量が80gの場合は、360×80/100=288kcalの消費カロリー量なので、1日の水分摂取量の目安は、288ml(cc)という計算になります。
上記 銑い覆匹某瓦△燭蠅ある犬では、食事以外に、水を1日の目安量以上飲ませるようにすると不足するようなことはないと思われます。
水をあまり飲まない犬は、飼い主さんが水に味や香りをつけて飲むように工夫をする必要があります。
水をあまり飲まない犬は、水にジャーキーやチーズなどの味をつける、肉や野菜を煮た汁などで味をつけるなど、水を飲ませるように工夫をすることがお勧めです。また、運動不足の犬は、運動を増やす。ドリンカーの場合は、フードボウルで飲ませる。新鮮な水を用意する。なども重要です。
このような工夫をしても、水分摂取量が少なめな犬では、ドライフードはふやかす、野菜や果物など水分が多いものを食べさせるなども、含めて少しでも水分摂取量を多くするようにします。

 

                                                                   …続きます。

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 19:33
-, -, pookmark
梅雨から夏、犬の夏ばて&食欲不振の予防と対策。后平べないときは、完全栄養食or飲んで栄養補給)

*「ドッグワン・オンラインショップ」は、2016年6月8日から新アドレスhttp://dogone.shop-pro.jpに移行しました。

 

犬が夏ばてして、食欲不振になった。食欲不振が長く続くと、エネルギー量、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの栄養量が不足するので、体力や免疫力、筋力などが衰えてきて、体調不良や病気、老化など様々な問題がおきる可能性が高まってしまいます。

また、食欲不振になると、食事量が少なくなるので、水分摂取量も不足して脱水症状を起こしやすくなります。

犬が食欲不振になったら、完全栄養食のチーズ、食べれなければスープを飲ませる、完全栄養食のヤギミルクを飲ませて、少しでも栄養と水分を補助することがお勧めです。
●完全栄養食の「フリーズドライチーズ」は、栄養バランスが崩れないので、食欲不振時の栄養補給に適した食材です。
チーズは完全栄養食といわれ、食物繊維とビタミンC以外のほとんどの栄養素をバランス良く摂取できます。特に、良質なタンパク質、ビタミンA・B2、カルシウム・鉄分などが豊富なので、夏ばてで食欲不振の犬、成長期の子犬、高齢犬、食が細い・食欲不振の犬、病気がちな犬の栄養補給に適した食材です。

今日紹介する「フリーズドライチーズ」は、チーズの優れた栄養をそのままに、犬に適した塩分になっていて、開封後も常温で保存ができるのが特長です。散歩でもおやつとして食べさせることができて、ドッグフードや手作り食のトッピングには、そのままでも手でつぶしてフリカケ状にしても食べさせることができます。

DPP_4064.JPG

ー命榛犬ら:ドットわん「フリーズドライチーズ キューブ」¥410(25g)/¥1,058(70g)
ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」¥820(45g)、ナチュラルハーベスト「ベイクドチーズ」¥864(40g)

ドットわん「フリーズドライチーズ」、ナチュラルハーベスト「キュービックチーズ」は、ニュージーランドのナチュラルチーズを輸入して、日本のチーズ工場でプロセスチーズにして、さらにフリーズドライ加工したチーズです。フリーズドライのチーズは、無添加で長期保存が可能、開封後も冷蔵保存が不要で常温保存ができるので、とても使いやすいチーズです。

犬はタンパク質が発酵した味や匂いを好むといわれますが、チーズも発酵食品なので、チーズが大好きな犬が多いようです。夏ばてで食欲不振になったときには、おやつとフードトッピングの両方で、不足した栄養を補給することがお勧めです。多少多めに食べても、完全栄養食なので、栄養バランスが崩れないので、安心して食べさせることができます。

●犬が食欲不振で食べる量が少ないときは、飲ませて栄養と水分を補給。

犬が夏ばてなどで、長期間食欲不振が続くと、栄養量が不足して栄養失調や水分が不足して脱水症になるのが心配です。このような食べない、少量しか食べないときは、飲ませて不足した栄養を補うことで、栄養不足と水分不足を補うことがお勧めです。

お湯や水で薄めて飲ませるだけでなく、フードにスープを入れてフードも食べさせる、フードにヤギミルクの粉末をフリカケにする、お湯で薄めたヤギミルクにフードを入れてフードも食べさせるなど、犬の好みや様子を見ながら、試行錯誤してやると良い結果ができることがあります。

DPP_4067.JPG

▲疋奪箸錣鵝屮疋奪箸錣鵐后璽廖廖594(5包入り/1包10g)、¥1,620(15包入り/1包10g)
全頭検査済み国産牛の大たい骨だけをコトコトじっくり煮出した牛骨スープです。お湯に溶かしてスープ、お湯に溶かしたスープにフードを混ぜるなど、短時間で簡単に、栄養と水分を摂取させるができます。犬の胃に優しく消化吸収が早いので、胃腸の調子が悪い、胃腸の機能が落ちているような、夏ばて、高齢、病中病後の犬にもお勧めです。成分的には、コラーゲン(タンパク質の1種)が豊富で、コンドロイチン・ヒアルロン酸などを含みます。

PetAg「ゴートミルク&核酸(DNA・RNA)粉末」 ¥2,052(150g)
ヤギミルクは、完全栄養食なので、夏ばてで食欲不振の犬、病気で食欲が低下した犬、高齢で食欲が低下した犬などに、飲ませて栄養と水分を補給・補助することができます。ヤギミルクは、牛乳に比べてアレルギーや消化不良になる犬が少なく、ヤギは牛よりも様々な植物を食べるので栄養価値が高いといわれています。

この「ゴートミルク&核酸(DNA&RNA)粉末」は、粉末にすることで喪失してしまう核酸(DNA&RNA)が補完されていて、最も母乳に近い安全なヤギミルクとして、アメリカの動物園で野生動物の赤ちゃんの飼育用に使われています。

夏ばてで食欲不振になって、ドッグフードや手作り食を食べない、食べても食事量が少なすぎるようなときに、「ゴートミルク」を飲ませて、栄養と水分を補給させることもお勧めです。

 

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
*ドッグワン・オンラインショップは、2016年6月8日より新アドレスに移行しました。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp

 

author:dogone, category:犬の健康(食欲不振、夏ばて), 19:01
-, -, pookmark