RSS | ATOM | SEARCH
犬のワクチン接種の基礎知識。供銚い離錺チン接種の世界標準と日本の現状と改善について。

日本では、犬のワクチン接種率は、狂犬病で50%以下、混合ワクチンで30%以下といわれています。諸説ありますが、感染症を予防することが目的のワクチン接種は、70%以上の犬がワクチン接種しないと感染が防げないといわれています。一方で、ワクチン接種の副作用は、200頭に1頭の割合で発生していて、3万頭に1頭が死亡しているといわれています。

このような犬のワクチン接種の状況は、海外でも同様で、世界的に流行している重篤になりやすく致死率が高い感染症の予防のためのコアワクチンを全ての犬に接種してもらい、ワクチンの副作用・副反応を減らすために、ワクチン接種のスケジュールの指針をまとめたのが、WSAVA(世界小動物獣医師会)ワクチネーションガイドラインといわれています。

日本では、WSAVAワクチネーションガイドラインの考えに同意して、ワクチン接種をしている動物病院は非常に少ないようです。特に、ワクチンの副作用や副反応は、小型犬で7種以上の混合ワクチンを接種した犬に多いといわれています。日本では、小型犬の比率が高くなり、室内飼いの犬が増えています。犬の感染症を防ぎ、副作用を減らすためには、ワクチン接種について、飼い主さんも知識を得て、本当に必要なワクチンを必要なときに接種するようにするべきではないでしょうか。また、動物病院、ペット美容院、ペットホテルなどの方々も、WSAVAワクチネーションガイドラインの目的・内容を理解して、ワクチン接種率を上げて、より多くの犬が健康で、施設やショップを利用できるように改善してもらいたいと思います。

●犬のワクチン接種の世界標準と日本の現状と改善について。

WSAVAのポリシーは、「すべての動物にコアワクチンを接種し、ノンコアワクチンについては必要な個体だけに摂取することにより、個々の動物へのワクチン接種回数を減らすことを目指す」と提言されています。

ワクチン接種は、人間でも4種混合を毎年接種するようなことはありません。また、人間でもワクチンの副作用や副反応で、重篤な状態になったり後遺症に悩まされている人も少なくありません。犬のワクチン接種は、治療法が確立されていない・致死率が高い感染症のコアワクチンを、全ての犬に接種して、副作用や副反応ができるだけでないように3年以上間隔をあけて接種する。このような世界標準のワクチン接種の考え方は、日本では獣医さんから説明を受けたり、理解や納得をしている飼い主さんが非常に少ないのが実態ではないでしょうか。

ゞ幻ど造蓮日本では狂犬病予防法により年1回の狂犬病予防注射接種が義務付けられている、コアワクチンです。

WSAVAワクチネーションガイドラインでは、「狂犬病」については、その地域に流行が認められる場合、あるいはワクチン接種が法令で定められている場合に「コアワクチン」とするとなっています。

日本は、60年間狂犬病が発生していない狂犬病清浄国ですが「狂犬病予防法」により、犬は1年に1回の狂犬病予防注射接種が義務付けられています。したがって、日本においては狂犬病のワクチンはコアワクチンということになります。

△修梁勝紛幻ど属奮亜亡鏡症のコアワクチンは3種。予想・免疫抗体持続期間は生ワクチンで7年以上。

犬のコアワクチンは、犬ジステンパーウィルス(CDV)、犬アデノウィルス/犬伝染性肝炎(CAV)、犬パルボウィルス(CPV)の3種です。いずれも感染発症すると、有効な治療法がなく重篤化や致死率が高いので、ワクチンで予防することが推奨されています。

予想・免疫抗体持続期間は、生ワクチンで7年以上といわれています。

F本の混合ワクチンの種類と、コアワクチン、ノンコアワクチン、非推奨ワクチンについて

日本では、ジステンパー、アデノウィルス1型、アデノウィルス2型、パルボウィルスの4種混合ワクチンが、コアワクチン3種に該当するようです。5種混合は4種にノンコアワクチンのパラインフルエンザが追加、6種は非推奨ワクチンのコロナウィルスが追加、7種以上はレプトセピラが追加され、その種類が増えるにつれ8種〜11種〜13種などと種類が増えていくようです。

ぅ離鵐灰▲錺チン、非推奨わくちんの予想・免疫抗体持続期間

パラインフルエンザ(ノンコアワクチン)は、予想免疫個体持続期間が生ワクチンで1年以内。レプトセピラ(ノンコアワクチン)は、不活性化で予想免疫抗体持続期間1年以内といわれています。

コロナウィルス(非推奨)は、生ワクチン・不活性化で予想免疫抗体持続期間が1年以内といわれています。

テ本では、混合ワクチン接種に免疫抗体持続期間が1年以内のノンコアワクチンや非推奨ワクチンが組み込まれているので、1年ごとのワクチン接種が推奨されます。

日本では、5種以上の混合ワクチンに、コアワクチンだけでなく、ノンコアワクチンや非推奨ワクチンがセットになっているので、予想免疫抗体が短い、ノンコアワクチンや非推奨ワクチンにあわせて、1年に1回の混合ワクチンが推奨されることが多いようです。

Ε錺チンの副作用・副反応について

アメリカのAAHA(全米動物協会)で公開しているワクチン接種に伴う副作用・副反応が公表されています。

注射した箇所の副反応・・・注射した箇所の腫れ、腫瘍化肉芽種、痛み、脱毛、虚血性病変

全般的な副反応・・・食欲不振、リンパ節の腫れ、脳炎、多発神経炎、関節炎、発作、異常行動、呼吸変化

アレルギー症状…アナフィラキーシーショック、血小板減少、貧血、皮膚虚血性脈管障害

他…免疫介在性不溶性貧血等

Ш合ワクチンは、コアワクチンを3年以上の間隔をあけて接種する。地域特性やライフスタイルによってノンコアワクチンが必要である場合は、ノンコアワクチンだけを1年ごとに接種する方法を勧めている動物病院もあります。

コアワクチン3種は、予想免疫抗体持続期間が7年以上なので、毎年接種しても、保持している免疫に攻撃されるだけで、免疫が強化されるわけではないようです。ワクチン接種は免疫抗体をつくることなので、本来であれ7年以上の間隔をあけても免疫が持続している可能性があります。WSAVAワクチネーションガイドラインでは、3年以上間隔をあけるようになっているのは、コアワクチンに狂犬病が入っていて、免疫抗体持続期間が3年以上のためといわれています。日本においては、狂犬病は1年ごとの接種が義務付けられていますが、3年の間隔をあけてコアワクチンを接種することで、重症化しやすい致死率が高い感染症をワクチンで予防して、ワクチン接種の副作用や副反応を減らすことが、犬の健康上のメリットが大きく、デメリットを少なくすることができる方法のひとつといわれています。

ノンコアワクチンについては、地域やライフスタイル、飼育環境などに応じて、必要性が高ければ、ノンコアワクチンや非推奨ワクチンだけを、1年に1回接種する方法もあるそうです。これにより、免疫抗体が持続しているコアワクチンを毎年接種する必要性がなくなり、ワクチン接種の副作用や副反応を減らすことができます。

┿瑤ぜ腓気鵑蓮▲錺チンの基礎的な知識を持って、獣医師さんとワクチン接種の計画を相談して、愛犬のワクチネーションを自分で決めるべきではないでしょうか。

ワクチン接種の副作用・副反応は、小型犬、7種以上の混合ワクチンでおきやすいといわれています。ワクチンの種類が多くなるほど、免疫システムが混乱して異常をおこしやすいことは、人間でも4種混合が最多で、1年ごとに4種混合ワクチンなどを接種していないことからもよくわかります。人間でもワクチンの副作用や副反応はあるので、自分の体調を言葉で伝えられない犬には、人間以上にリスクがあると考えれています。

飼い主さんが、ワクチン接種のことで、コアワクチンは全ての犬が接種することが推奨されていること、ワクチン接種は0才で3回、1歳で1回、4歳、7歳、10歳のワクチンスケジュールが推奨されていることなどの説明を獣医師さんに受けた人はほとんどいらっしゃらないようです。

また、犬が病気治療中、薬剤の長期服用、体調不良などのときには、ワクチン接種を延期したり、狂犬病のワクチンを中止する診断書などの相談をすることも大切ではないでしょうか。

日本もコアワクチンの接種率を高めて、致死率が高く治療法がない感染症を予防する。ワクチン接種スケジュールを見直して、副作用や副反応を減らすことが必要ではないでしょうか。

日本では、狂犬病ワクチン接種率が50%以下、混合ワクチンの接種率は20%台とも言われています。70%以上の接種率でないと、感染症の流行はとめられないといわれているので、ワクチンで予防しないと、治療法が確立されていない致死率が高い、コアワクチンと法令で定められている狂犬病ワクチンは、獣医師さんはもちろん、飼い主さん個々も正しい情報と知識を持って、それぞれの愛犬の年齢や体調、環境に応じて、必要なワクチン接種を必要なときにするようにならないと、自分の犬だけでなく、他の犬や、人間にも感染症を蔓延させる原因になる可能性があります。

 

 

                    

 

 

 

author:dogone, category:犬のワクチン接種, 14:28
-, -, pookmark
犬のワクチン接種の基礎知識。・・・犬のワクチネーション・ガイドラインの世界標準。

日本では、犬のワクチン接種は、狂犬病ワクチンは法令で年1回の接種が義務づけられていて、混合ワクチンは任意で飼い主さんの判断になっています。日本における、犬のワクチン接種率は、諸説ありますが、狂犬病で50%以下、混合ワクチンで30%以下といわれています。ワクチンは、接種率が70%を超えないと効果がないといわれているので、危機的な状況とも言われています。

一方で、ワクチン接種後の副反応やその可能性がある体調不良や病気などで、ワクチン接種をどうすれば良いのか悩んでいる飼い主さんも少なくありません。

コアワクチン、ノンコアワクチンなど、ワクチンの規定について知っていた方は、少ないと思います。犬のワクチネーションについては、世界動物獣医師会でガイドラインが公表されています。日本では、混合ワクチンは、種類の検討はあっても、何種類にするのかは根拠に乏しいところがありました。何ごとも世界標準がありますが、犬の飼い主さんが知っておくべき情報が入らないことで、飼い主さんの不安が多くなり、犬の健康に有益ではないことが少なくありません。

犬の飼い主さんが知るべき情報のひとつが、犬のワクチネーション・ガイドラインの世界標準です。

●世界小動物獣医師会(WSAVA)ワクチネーションガイドラインについて

WSAVAのポリシーは、「すべての動物にコアワクチンを接種し、ノンコアワクチンについては必要な個体だけに摂取することにより、個々の動物へのワクチン接種回数を減らすことを目指す」と提言されています。(以下WSAVAワクチネーションガイド抜粋)

.灰▲錺チン、ノンコアワクチン、非推奨ワクチンの規定

「コアワクチン」は、世界的に広まっている重大な感染症に対するワクチンのことで、世界中の全ての子犬・成犬に接種するべきワクチンと考えられています。犬のコアワクチンは、「犬ジステンパーウィルス」「犬アデノウィルス」「犬バルボウィルス」の3種類のワクチンです。「狂犬病」は、その地域に流行が認められる場合、法令で狂犬病ワクチン接種が義務付けられている場合は、コアワクチンとする。

「ノンコアワクチン」は、「犬パラインフルエンザウィルス」「ボルデテラ」「ライム病」「レプトスピラ」「犬インフルエンザウィルス」で、すんでいる地理的環境・ライフスタイルから暴露リスクを評価して、リスク/利益比の考え方で個体ごとに判断する。

「非推奨ワクチン」は、「犬コロナウィルス」で使用を正当化する科学的根拠に乏しいものです。

∋匕い砲ける16週以降最終接種

子犬にたいして、8〜9週齢でワクチン接種を開始して、最終14〜16週またはそれ以降、3〜4週間隔で3回のワクチン接種をする。

コアワクチンの成犬における接種間隔3年以上

コアワクチンは、子犬のときの接種が完了したら、12か月後にブースター接種を行う。それ以降は、3年またはそれ以上の間隔で接種する。3年間隔の場合は、1歳、4歳、7歳、10歳。それ以上は不要。

コアワクチンの接種間隔3年以上の理由は、免疫持続期間が何年にもわたり、最長では終生持続することもあること。また、ワクチン接種後有害事象が認められるので、免疫が持続することを条件に、ワクチン接種回数を可能な限り減らすことが求められることがあります。

ぅ錺チン接種にとらわれない「年1回の健康診断」

年1回のワクチン接種は、犬が病気にかかっていなくても動物病院で受診してもらうシステムになっていて、動物病院の収入源としても重要視されてきました、コアワクチン接種が3年以上の間隔をあける場合には、ワクチン接種にとらわれずに、定期的に健康診断を受けて、犬の健康状態を良好に維持していくことが推奨されています。

ゥ錺チン接種後有事事象への取り組み

有事事象は、局地的な組織障害、過敏反応を含む様々な免疫介在性疾患、非免疫性疾患、腫瘍など、ワクチン接種に関連したものだけでなく、因果関係が証明されないものも含まれています。このようなワクチン接種のリスクを低減し、発生した場合の対処を容易にする方法が提示されている。

 

                    ・・・続きます。

 

 

 

author:dogone, category:犬のワクチン接種, 18:47
-, -, pookmark