RSS | ATOM | SEARCH
2014「犬の都市伝説」后(犬の暑さ対策と服の、都市伝説)
日本にいる犬は、日本より寒冷地な国や地域をルーツにしている犬が多いので、日本の冬は対応できても、梅雨から夏の高温・高湿度の気候には対応することは困難といわれています。このような寒さに強い犬に防寒で服を着せるのではなく、暑さに弱いからこそ、犬の体温の上昇を抑える・体温を下げるシャツを着せて、散歩をすることが犬の健康維持や熱中症対策に有効です。
犬の服には、人間の常識が邪魔をして様々な都市伝説があるようです。
●犬の服と暑さ対策と、都市伝説。
犬に服を着せる習慣がない人、犬がなぜ暑さに弱いか理解していない人、などは夏に犬に服を着せたほうが、涼しい、体温を下げる、このような情報がないと思われます。
―襪い箸に、犬に服を着せると余計に暑い。
夏など暑いときに、犬に服を着せると余計に暑くなる。と思っている人が多いのではないでしょうか。
室内で飼育している犬に、服を着せる必要はありませんが、散歩の時には犬に服を着せた方が犬の体温上昇を抑えたり、熱くなりすぎた体温を下げることができます。
朝や夕方の散歩などに服を着せると、熱線を遮断しすることができるので、犬の体温上昇を抑えることができます。生地は、綿ではなく薄めのポリエステル繊維などのシャツで、白、グレー、水色、薄いピンクなどは、日光の熱線を遮断する効果が高いのでお勧めです。
また、吸水速乾性が高いポリエステル繊維のシャツは、水が蒸発するときの気化熱で犬の体温を下げることができます。スポーツウェアなどで使われている吸水速乾性が高い生地は、本来は汗を吸って素早く乾かすことが目的ですが、犬に使うときには、シャツを水で濡らしてやって水が蒸発して乾くときに、犬の体温を下げるようにします。水が蒸発してシャツが乾いたら、ペットボトルに入れた水でシャツを濡らすと、快適な状態を維持することができます。
綿のシャツを水で濡らすと、乾くスピードが遅いので、水が体温で温められるだけなので、犬の体温の上昇を抑えることはできません。
夏は、犬にメッシュのシャツを着せたほうが涼しい。
メッシュは、通気性が良いので涼しいイメージがあるようです。犬にメッシュのシャツを着せると涼しいと思っている飼い主さんは多くいます。
犬は、汗腺がないので、通気性が良いメッシュを着せても、涼しく感じることはありません。逆に、熱線を通してしまうので、夏にシャツを着せるメリットが少ないアイテムです。また、吸水速乾性があるメッシュ生地でも、水を含む量が少ないので、気化熱で体温を下げる効果も低くなってしまいます。
クールシャツは、効果がない。
クールシャツやクーリングシャツで使っている生地は、メーカーによって多様なので、効果がないシャツも少なくありません。冷却効果がないクールシャツを購入した飼い主さんの情報で、このような都市伝説も生まれているようです。
クール効果がないシャツは、保水性が高い生地、ポリマー素材、など冷たい水をシャツに含ませて犬の体温をさげるタイプが多いようです。冷たい水は、犬の体温や熱線ですぐに温められるので、冷却は一時的なものになります。
また、吸水速乾性があるシャツ生地でも、速乾性が劣るシャツは、水が体温や熱線で温まることがあるので、効果は低くなります。
犬の体温を下げる効果があるのは、保水性と速乾性が早い生地を使ったクーリングシャツです。保水性が高いことは、より多くの水分を含むことができ、速乾性が高いことは、より多くの水分を蒸発させることができるので、より多くの気化熱が発生して、犬の体温を下げることができます。ドッグワンで使っている「クールマックス」素材は、吸水速乾性が高い生地の代表格で、気化熱で犬の体温を下げる効果が高いのが特長です。
●暑さに弱い犬に。・・・ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドシャツ」は、気化熱の原理で犬の体温を下げることができます。
人間は暑い時や運動をしたときに、汗をかいて体温を下げることができます。汗は、汗の冷たさで体温を下げるのではなく、汗(液体)が蒸発して気体になるときに周辺の温度を奪って温度を下げる気化熱の原理で体温を下げています。犬は、汗腺がないので、夏の暑いときや運動で体温が上昇したときには、下や鼻から入る呼気の気化熱でしか体温を下げることができません。
犬は、もともと寒冷地出身なので、人間のような体温を下げるような機能が発達しなかったといわれています。
このような汗をかけない犬に、汗のかわりになって犬の体温を下げてやるのが、気化熱の原理を応用したクールマックス素材などのクーリングシャツです。クールマックス素材は、吸汗速乾性に優れた素材で、人間が着用すると汗をすばやく吸ってすぐに乾かすスピードが速い素材です。犬の体温をさげるクーリングシャツとして使うときは、シャツを水で濡らして、乾くときに発生する気化熱で犬の体温を下げることができます。たくさんの水を吸って、乾くスピードが早い生地ほど、多くの気化熱を発生して犬の体温を効果的下げることができます。
 DPP_2544.JPGDPP_1587.JPGDPP_2565.JPG
DPP_3239.JPGDPP_3238.JPG
ゝ朶逝乾性に優れた「クールマックス」素材を使っているので、犬の体温をすばやく下げることができます。
「クールマックス」は、吸汗速乾性が非常に優れているので、たくさんの水分を吸って、す速く乾燥させることができます。水分(液体)が蒸発して気体になるときに、気化熱が発生して周辺の温度を奪う原理を応用して、犬の熱くなりすぎた体温を効果的に下げることができます。効果があります。
使い方は簡単で、犬にシャツを着せて水で濡らすだけで、水が蒸発しきるまで犬の体温を下げる働きをします。シャツが乾いたら、また水で濡らすだけで、冷却効果が持続します。長時間の散歩や旅行に行くときには、ペットボトルなどに水を入れて携帯しておくと、暑くなったときにいつでも冷却効果をもたらすことができます。
吸汗速乾性が劣る素材のシャツは、水で濡らしても乾きが遅いので気化熱の発生が少なく、犬の体温を下げる効果が劣ります。また、冷たい水で保水するシャツは、犬の体温や気温で温まるので効果は一時的なものといわれています。
◆屮ールマックス」素材は、衣服内をドライに保つことができます。シャツを水で濡らしても、衣服内は快適で蒸れることがありません。
スポーツウエアでも使われているクールマックスは、衣服内の環境が運動能力を発揮しやすいように設計されています。衣服内の温度や湿度を一定以下にする性能が高いので、犬のシャツを着せて水で濡らしても、シャツの内部がドライのままで蒸れることがありません。
吸汗速乾性が劣るシャツを水で濡らしたり、冷たい水で保水するシャツと違って、犬の皮膚や被毛に悪影響を及ぼしたり、不快感を犬に与えることがありません。
「オーダーメイドシャツ」は、愛犬のサイズに合ったシャツがつくれます。大きすぎず、小さすぎず、長すぎず、短すぎないから、効率的に犬の体温を下げることができるシャツです。
クールマックスの吸汗速乾性を最大限に発揮させるためには、犬にあったサイズのウエアでないと意味がありません。犬の胸囲や胴囲にサイズが合ったシャツでないと、シャツが乾く時の気化熱が、犬の身体まで届かなくなり、体を冷やすことができなくなります。また、背丈が短すぎると冷却できる面積が小さくなってしまいます。
ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドシャツ」は、1頭1頭採寸をして、その犬用の型紙をつくって、その犬用に生地を裁断して縫製してつくるシステムです。サイズが合ったシャツであることで、クールマックスの性能が最大限に生かすことができます。
*超大型犬は、サイズや体型によってはベースカラーがホワイトに限定される場合もありますので、ご相談ください。
ぁ屮ーダーメイドシャツ」は、2,112色からカラーを自由に選べます。暑さ対策では、熱線を遮断する効果が高いカラーのシャツにすると冷却効果が高まります。
ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドシャツは、飼い主さんが自分の好みのデザインとカラーでシャツをつくることができるシステムです。デザインや犬の名前の書体などのイメージを伝えていただければ、ドッグワンでデータ化して、デザインを確認したうえで世界で1着しかないデザインのシャツをつくれるシステムです。カラーは、2,112色の中から何色でも選べるので、愛犬に似合う色、デザインに合った色で、シャツをつくることができます。
夏の暑さ対策をメインにする場合は、白やグレー、ペールカラー、水色やブルーなど薄めのカラーを選ぶと、熱線を遮断して、暑さから犬を守ることができやすくなります。
ゥールマックスは、UVカット仕様なので、短毛種や毛量が少ない犬の皮膚を、紫外線から守ってやることができます。
紫外線は、皮膚がんの原因になることもあるので、できるだけ皮膚に直接紫外線を浴びないようにしたほうが良い犬もいます。クールマック素材は、UVカットになっているので、「オーダーメイドシャツ」の場合には、紫外線をシャットアウトして被毛の日焼けも防ぐことができます。
特に、白やペールカラーなど熱線を遮断するカラーは、紫外線は通しやすくなるので、白系や淡色系ブルー系などのシャツの弱点を埋めることができます。
●世界で1着しかない、デザイン・カラーのシャツをつくることができます。
飼い主さんが、自分でデザインして世界で1着だけの愛犬のシャツがつくれるのが、ドッグワンオリジナル「オーダーメイドシャツ」です。
^Ωい世韻忙合うシャツが欲しかった人に。
犬の服は、人間ほど種類がないので、好きな色や好きなデザインの服がないと思っていた人も多いようです。ドッグワンオーダーメイドシャツは、カラーだけでも2,112色の中から選ぶことができます。金銀銅や蛍光色以外のほとんどの色が、何色でも使えるので、愛犬だけに似合うピンクなどの服をつくることができます。また、飼い主さん自身がデザイナーになって、好きなデザインのシャツを作ることができます。例えば、愛犬の名前、愛犬の肉球、動物や花のイラスト、国旗、誕生日などを自分でデザインして好きな色を使って、シャツをつくることができます。
多頭飼で、同じデザイン&カラーのシャツを探していた人や、同じデザインで色違いのシャツを探していた人に。
このオーダーメイドシャツは、1頭1頭採寸して専用の型紙(パターン)を作って、ジャストサイズにつくるシステムになっています。また、シャツ1点1点その犬専用にプリントする技法をとっています。このため、親犬と子犬、兄弟犬、同犬種や異なる犬種の多頭飼いなどでも、それぞれがピッタリサイズのシャツをつくることができます。また、同じデザインでカラーと名前だけを変える、同じデザインと同じカラーで名前だけ変える、デザイン・カラーとも同じシャツをつくるなど、自由に表現ができます。
4波銚い離罐縫侫ームをつくりたい人に。
お店などの看板犬の場合には、ロゴマークが入ったシャツを作ることができます。ベース色はもちろん、ロゴマークも2,112色の中から選べるので、ほとんどの指定色はそのまま表現ができます。また、版をつくってプリントする技法とは異なるので、何色使っても版代やプリント代が余計にかかることがないので、色数が多いロゴマークでも費用を気にせずにそのままの表現ができます。
ぅ繊璽爛罐縫侫ームが欲しかった人に。
同種種のクラブ仲間、アジリティなどのスポーツ仲間、犬のブログ仲間などのユニフォームにも適しています。チーム名やロゴを共通でいれて、犬の名前をそれぞれ入れることも可能です。同デザインで配色をオス・メスで変えることや、犬の名前以外に誕生日を入れるなど、アイデア次第で世界にひとつしかないユニフォームができます。
ヌ邉紊筌汽奪ーなど、応援しているチームの雰囲気がするシャツを犬に着せたい人に。
野球やサッカーなど、応援しているチームのユニフォームに近い雰囲気のシャツを作ることができます。球団やスポンサーやメーカーのロゴなど著作権や肖像権などに絡むものは、もちろんできませんが、色やデザインが近い雰囲気のものはできます。好きな背番号や犬の名前は、もちろん入れられます。
Ε哀薀侫ツクソフトの「イラストレーター」が使える人は、データがそのまま使えます。
本人や友達などが、グラフィツクソフトの「イラストレーター」が使えたら、データがそのまま使うことができます。詳細なデザインと色再現が可能な、素材とプリント技術を採用しているので、デザイナーの意図通りのシャツがつくれると思います。
●犬種別サイズではなく、愛犬用サイズのシャツをつくることができます。
犬の服は、人間のS・M・Lや7号・9号などのサイズ規格がなく、メーカーによってサイズの規格がばらばらになっています。同じ犬種であっても、体重だけでも2倍以上の開きがあり、プロポーションの違いは人間の比ではありません。
仝ぜ鑛魅汽ぅ困任呂覆、愛犬サイズのシャツができます。
同じ犬種であっても、体重だけでなく、足の長さ、胸周り、腹囲、背丈、首周りなど、1頭1頭相当大きな違いがあります。従って、多くの場合には、長さはちょうど良くても、ウエストがあまる、胸がきついとか、どこか妥協するか、あきらめるしかない犬達も多くいるようです。
ドッグワン「オーダーメイドシャツ」は、1頭1頭採寸して、その犬専用の型紙(パターン)をつくり、カッティング、縫製をしてつくります。従って、犬種別サイズなどではなく、愛犬だけにピッタリあったシャツができます。
大型犬、特殊サイズの犬、手足が短い犬などに。
大型犬や、体形が特殊な犬は、そもそもシャツの選択肢が少ないとこぼしている飼い主さんがたくさんいます。また、手足が短い犬、寸胴の犬なども、それに近い状況のようです。飼い主さんが、自分でデザイン・配色をしたシャツを、それぞれの犬にピッタリサイズにできるので、今までに犬の着せたくても着せられなかった飼い主さんには、重宝するシステムです。
0Ωい離廛蹈檗璽轡腑鵑縫團奪織蠅離轡礇弔つくれるので、夏の冷却効果、汚れ防止などにも、素材の高機能性がフルに発揮できます。
このオーダーメイドシャツは、クールマックス素材を使用しています。その冷却効果は、サイズが合っていることで初めて充分な機能が発揮されます。また、汚れ防止などに着せる場合でも、サイズが合っていることで汚れを防止できる面積が決まるので、効果は全然異なります。
●価格と納期
価格
価格は、採寸した数値を当てはめて平均値で決まります。アイテム、ベースの柄やカラー、イラストのサイズや箇所によって費用が変ることはありません。また、デザイン費、版下代、プリント代など別途にかかる費用はありません。*発送代や代引き手数料は別途
XXXS/XXS/XS¥7,668、S/M¥8,208、L/XL¥8,856、2XL¥9,828、3XL¥10,584、4XL¥12,960、5XL¥15120 
*犬種の目安は、XXXS/XXS/XS チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/Mパグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XLシェルティ・スプリンガー・コーギーL、ラブS、 2XLゴールデン・ラブL、3XLゴールデンL、4XLバーニーズ、5XLバーニーズL・ピレネー
納期
シャツの色や柄、プリントデザインが決定してから、3週間前後の製作期間になります。
●メールでのご依頼の場合
メールで、ご依頼の場合には、オーダーシートを添付いたしますので、それに必要事項を記入していただくだけで、簡単にオーダーすることができます。また、カラー配色やプリントデザインのデータ上での確認もできます。
.瓠璽襪如屮ーダーメイドシャツ」をご注文の場合は、以下を記入して、shop@dogone.jpまでメールをお送り下さい。
・ご希望アイテム名(オーダーメイドレインコート、オーダーメイド首輪とはオーダーシートが異なるため)
・郵便番号、ご住所、お名前、電話番号、メールアドレス
・犬種、性別
▲疋奪哀錺鵑ら、「オーダーシート」をメールでお送りいたしますので、記入して送り返してください。
オーダーシートには、採寸表、デザイン、カラー、配色を記入していただきます。カラー見本やイラスト例などがございましたら、郵送していただくことになります。
デザインの確認は、画面上でできます。
シャツのデザイン・配色をしたデータは、メールに添付して送ることができますので、画面上で確認できます。修正がある場合は、修正後再度確認することができます。
*カラーは、実際のカラーとは異なります。
い支払いは、代引きが基本になります。

●来店できない地域に住んでいる方からの問い合わせが増えてきました。ご要望の方は、メールにて、ご希望のアイテム・お名前・電話番号・ご住所・犬種等ご連絡ください。折り返しまして、オーダーシートをお送りいたします。ご不明点やご質問等がございましたら、下記までご連絡下さい。
shop@dogone.jp (Mail)      042-381-0187(電話&ファックス)
author:dogone, category:ドッグワンオリジナル「オーダーメイド シャツ」, 18:00
-, -, pookmark