RSS | ATOM | SEARCH
新・犬に関する都市伝説。1(序章/犬の都市伝説とは)

都市伝説は、「口承される噂話のうち、現代発祥のもので、根拠が曖昧・不明であるもの」と解説されています。迷信や誤解に由来する都市伝説や、様々な分野に都市伝説はあるようです。

 

ドッグワンで、お客様から質問や相談を受けたときに、根拠がないこと、事実ではないことに惑わされている飼い主さんが多いことに気づかされます。このような犬に関する都市伝説をいくつか紹介して、誤解や間違いと正しい情報を伝えることが今回のテーマです。

 

例えば、「トッピングや手作り食で使う肉は、鶏ささみが良い」。は、同じ鶏肉でも胸肉やモモ肉であったり、牛肉・豚肉の赤身、馬肉など、肉の種類や部位によって、味や栄養素の違いがあるので、様々肉と部位を食べさせたほうが、栄養価値的にも、アレルギー対策においても、好ましいといわれています。なぜ、鶏ささみだけが勧められるのか、情報の出どこやその根拠が曖昧で不明でもあります。

 

また、犬の先祖はオオカミだから、犬もオオカミと同じ肉食のほうが良い。肉が多いほうが良い。穀類の消化が苦手。など、企業のコンセプトやマーケティングによって発生する都市伝説もあります。犬が猫と同じような成分比のフードを食べることは、タンパク質過剰や動物性脂肪過多が原因で肝臓や腎臓、脳や心臓疾患などの原因になっている可能性があるといわれています。未だ、科学的に解明されていない、実証されていないことは、犬においても多く存在しています。いろいろな考え方があることを理解して、飼い主さん個人個人が判断できる、客観的な情報源を持つことが大切ではないでしょうか。

 

                         …続きます。

 

 

author:dogone, category:犬の健康について, 18:55
-, -, pookmark