RSS | ATOM | SEARCH
飼い主さんのための犬の皮膚病の予防と治療。機塀章/犬の皮膚病は生活習慣病)

アニコム「家庭どうぶつ白書2017」によると、犬の疾患(大分類単)の請求割合で、皮膚疾患は23.7%で一番多くなっています。

犬の皮膚病は、内臓疾患と違って、外見やしぐさなどから飼い主さんが見つけやすい病気です。犬の皮膚病が酷くなって動物病院で診療を受けるのではなく、飼い主さんが早期発見して、早期にケアすることで皮膚病を予防する・未病にすることが可能です。

●序章/犬の皮膚病は生活習慣病

犬の皮膚病は、健康な皮膚をつくるのに必要な栄養が不足している、アレルギー・アトピーの原因になる有害物質が多い食生活。免疫異常や免疫低下の原因になる食生活とワクチン過剰、皮膚に殺虫剤をつけたり飲む薬でとりこんでいる、シャンプーの成分が合成添加物・化学薬品でできている、安全な皮膚ケア用品を常備していないなど、犬の様々な生活習慣が原因になっている可能性があります。

仝い侶鮃な皮膚をつくる栄養が不足しているドッグフードを食べている。アレルギー・アトピーの原因物質が多いフードを食べている。

犬の皮膚や被毛は、主にタンパク質・脂質からできています。低タンパク質・低脂肪のダイエットフード・シニア犬用・高齢犬用フード、タンパク質や脂質を制限した療法食を食べている犬は、皮膚の新陳代謝に必要な栄養が不足しやすいので、皮膚病になりやすくなります。

また、犬の体重を減らすために食事量を減らしていると、栄養バランスが良いフードや手作り食でも、タンパク質・脂質が不足するので、皮膚や被毛の健康を維持しにくくなります。

▲▲譽襯ーやアトピーの原因になる有害物質が多いフードやおやつを食べている。

家禽肉・肉副産物・ミートミール、動物性脂肪・植物性脂肪など、原材料に何の肉・部位、油脂なのか不明な表示がある。トウモロコシ・コーングルテン・大豆・小麦が主原料。エトキシキン・BHA・BHTの合成酸化防止剤の表示がある。

このようなドッグフードや療法食は、人間が食用にすることが禁止された、産業廃棄肉・廃棄物・廃油などが使われているといわれています。また、原材料に問題があるので、合成着色料・香料、化学薬品も使われています。

このような人間の食用ができない原材料、そのためにさらに合成添加物・化学薬品が使われるので、有害物質が多いのでアレルギーやアトピーの原因になります。

⓷免疫異常や免疫低下になりやすい食生活、ワクチン接種。

免疫異常や免疫低下は、食事量が少なすぎて栄養不足になっている。食物繊維不足と有害物質が多いフードで、腸内環境が悪い。など生活習慣が悪いと、免疫異常や免疫低下の原因になり、アレルギーや皮膚炎がおきやすくなります。

また、混合ワクチンの過剰接種も、免疫異常を起こし皮膚炎など感染症の原因になることがあるといわれています。毎年、春にワクチン接種をして、梅雨から初秋にかけて皮膚病になる犬は、ワクチン接種の副作用の影響がある可能性が高いといわれています。

じい糧乕罎簇鑢咾法∋γ鄒分をつけたり、口から入れている。

ノミ・ダニ駆除薬は、犬に寄生したノミ・ダニを殺虫・駆除するものです。犬の首後ろに垂らすタイプは、成分がフィプロニルなどの浸透性殺虫剤成で、全身の皮膚に浸透して、寄生したノミ・ダニを1日、2日で殺虫・駆除します。また、飲み薬タイプは、血液に殺虫成分が混じって、全身の皮膚に広がり寄生したノミ・ダニが吸血することで殺虫・駆除します。

このような殺虫剤成分が、犬の皮膚や被毛、皮膚や血液に入り込むことは、皮膚病の原因になるといわれています。

ス臉シャンプー、薬用シャンプーを使っている。

合成シャンプーは、石油系合成界面活性剤、合成泡立剤、合成香料、合成着色料などが成分のシャンプーです。また、薬用シャンプーは、合成シャンプーに殺菌力がある化学薬品が使われています。人間でもアトピーや敏感な人は、合成シャンプーは不適であったり、刺激が強く過ぎて犬の薄くて敏感な皮膚には不適であるといわれています。

犬の皮膚に炎症があるようなときに、シャンプーをするたびに悪化したり、全身に広がることは、このようなシャンプーが原因になっている可能性があります。

Π汰瓦弊分の皮膚ケア用品を持っていない。

犬の皮膚の異常を発見しても、家に皮膚を洗浄したり、除菌や殺菌、炎症を抑えるなどの効果があるケア用品を持っていないと、早期治療ができずに悪化することになります。犬の皮膚トラブルに悩まされている飼い主さんは、家庭に安全な成分の皮膚ケア用品を常備して、軽微なうちに未病にすることがおすすめです。

                          

                           …続きます。

 

author:dogone, category:犬の健康について(皮膚トラブル), 18:27
-, -, pookmark