RSS | ATOM | SEARCH
専門的な評価基準で「ドッグフード」を選ぶ。-1…犬の筋肉を増やして脂肪を減らす「ナチュラルバランス・ファットドッグス」

「ナチュラルバランス・ファットドッグス」は、犬の体脂肪を減らすことが目的の正しいダイエットができるドッグフードです。

犬の肥満は、体脂肪が多すぎることで、皮下脂肪と内臓脂肪が多すぎると、人間でいう生活習慣病の糖尿病、がん、動脈硬化、高脂血症から脳卒中・心筋梗塞、脂肪肝などの原因になるといわれています。

多くのダイエットフードは、低タンパク質・低脂肪・高糖質の偏った栄養バランスになっていて、タンパク質が不足して筋肉量が少なくなり、高糖質すぎるのでエネルギーに使わない分は体脂肪になって犬の体に貯蔵されやすくなります。筋肉は、脂肪よりも比重が高いので、筋肉が減って体脂肪が増えても、犬の体重は減りますが、かえって体脂肪率が高くなることがあります。

ナチュらるバランス・ファットドッグス」は、良質なタンパク質源の鶏肉・サーモンが多く、犬の筋肉や内臓などをつくるタンパク質が多いので、細くなった筋肉を増やして基礎代謝を上げて太りにくい体質にします。また、脂質は少なすぎず、多すぎない範囲で細胞膜など体をつくる役割を果たします。糖質は、多すぎると体脂肪になるので、少な目で皮下脂肪や内臓脂肪を効果的に落としていきます。

●犬の筋肉を増やして脂肪を減らす「ナチュラルバランス・ファットドッグス」。

「ナチュラルバランス・ファットドッグス」は、多すぎる体脂肪を減らして、肥満を解消することが目的のフードです。鶏肉とサーモンが多いので、高タンパク質で脂肪がやや少なめ、穀類・芋類などの糖質を少なくした3大栄養素のバランスで、犬の筋肉を増やして体脂肪を減らすことができやすいドッグフードです。カロリー過剰は、食べすぎなのでフード以外のおやつや人間の食べ物など食生活を見直すことと、運動不足にならないように毎日の散歩時間を増やすことで、犬の肥満を解消しやすくします。

“酲は、体脂肪が多すぎる、体脂肪率が高いことで、たんに体重が多いことではありません。
率が高いことで、たんに体重が多いことではありません。人間の肥満は、BMI(身長と体重の係数)、体脂肪率で判定されます。また、体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪を足したもので、内臓脂肪過多は、メタボといわれ別に判定基準があります。

犬は、獣医師さんが、犬の体格を計測しないで、体重や体形で肥満を判定しています。この結果、飼い主さんの多くが、犬の体重が増えると肥満と思い込み、100gのカロリーが少ないだけの栄養が偏ったダイエットフードを食べさせて、さらに食事量まで減らしている人も少なくありません。

犬の体重が増えても、筋肉が増える分は、病気の原因になることもなく、足腰の衰えを防ぐなど、デメリットはどこにもありません。また、筋肉は基礎代謝量の中でもウェイトが高いので、筋肉が増えることで基礎代謝と消費エネルギー量が増えるので、太りにくい体質になります。

低タンパク質・低脂肪・高糖質のダイエットフードは、筋肉が減って体脂肪が増えやすくなります。

ダイエットフードの多くは、肉を少なくして低タンパク質・低脂肪にして、トウモロコシや小麦などの穀類を増やして高糖質になっています。タンパク質と脂質は、体をつくる役割をするので、低タンパク質・低脂肪のフードは、犬の筋肉や内臓などをつくる栄養が不足しやすく、筋肉量が減少することが多々あります。糖質は、体を動かすエネルギー源になる栄養素なので、過剰摂取は使わなかった分が体脂肪として蓄えられるので、脂肪が過剰になる肥満になりやくなります。

さらに、筋肉が減ると基礎代謝量が低下して総摂取エネルギー(カロリー)量が減るので、同じ量を食べても摂取エネルギー(カロリー)が多くなるので、太りやすくなります。人間のリバウンドのような状態です。

8い龍敍を増やして体脂肪を減らす。正しいダイエットができる「ナチュラルバランス・ファットドッグス」。

上記△覆苗礇織鵐僖質・低脂質・高糖質のダイエットフードを食べている犬、食事量を減らしていた犬は、筋肉が減って、体脂肪が多い体組成になっている可能性があります。犬の体重は減っても、体脂肪が多いので、肥満や隠れ肥満の可能性が高いと思われます。

このような犬の筋肉を増やして、基礎代謝を上げて太りにくい体質にする。体脂肪を増やす原因になる糖質を少なくして、体脂肪を減らす。このような犬の筋肉を増やして、皮下脂肪や内臓脂肪を減らすことが目的のフードが、「ナチュラルバランス・ファットドッグス」です。302.5kcal/100gなので、ホールボディヘルスのノーマルタイプより多く食べることができます。

ぁ屮淵船絅薀襯丱薀鵐后Ε侫.奪肇疋奪哀后廚蓮豆や野菜が多く食物繊維が豊富なのでたくさん食べれる。

ファットドッグスは、豆・野菜・果物等を多く使っていて、穀類・芋類を含めて、多種類の食物繊維を多く摂取することができます。炭水化物は、糖質+食物繊維のことで、食物繊維にはカロリーがありません。このため、糖質が少な目で、食物繊維で嵩が増えて、カロリーは増えないことが実現しています。

カロリーは、302.5kcal/100gでノーマルタイプよりも20%カロリーが少ないので20%多く食べても同カロリーという計算になります。

テ辰法△腹まわりが太すぎる、内臓脂肪過多の犬にお薦めです。

お腹まわりが太くなった犬は、メタボの可能性が高いと考えられます。人間の生活習慣病と同じような病気になる可能性があるので、内臓周辺の脂肪を減らして、生活習慣病予防をするのに適したドッグフードです。

体脂肪がつくにくい3大栄養素のバランスと、多めに食べても過剰になりにくいことが、ファットドッグスの特長です。カロリー過剰は、食べすぎのことなので、このフード以外に食べている犬用おやつ、人間が食べるパン・ソーセージなどを減らして、食べすぎの犬でエネルギー(カロリー)過剰にならないように食生活を見直します。また、運動不足の犬は、毎日散歩の時間を少しづつ増やします。犬の筋肉は、食事と運動の両方が揃わないと増えないので、散歩は重要です。

⓺犬の体重だけでなく、胸まわりや胴まわりを計測して記録を残しておく。

犬の体重が多い、少ないは、犬の身体を測定していなければ、何の意味も持ちません。犬の体重を計測した日に、胸まわりと胴まわりを計測します。仔犬は背丈と首まわりも計測しておくと成長度合いを確認することができます。体格が大きい犬は体重が多い、筋肉が多い犬は体重が多いのは当たり前なので、たんに体重が増えた、減ったで一喜一憂してもあまり意味がありません。

犬の胴まわりを測って、太目と思っていた犬が、月ごとに胴まわりが減っていたら、内臓脂肪過多が解消されつつあることです。また、筋肉が貧弱な犬の胸まわりが増えていったら、筋肉が増えた可能性が大です。

●犬の筋肉を増やして体脂肪を減らす。正しいダイエットができる新タイプのドッグフード。
一般的なダイエットフードや療法食など、100gのカロリーが低いフードは、低タンパク質・低脂質・高糖質の偏った栄養バランスになっていて、100gのカロリーが少ない分、たくさん食べるようになっているので、実質的な摂取カロリーが減ることはありません。また、低タンパク質・低脂肪なので筋肉が落ちやすく、高炭水化物(高糖質)なので余剰分が体脂肪になってしまいます。犬の筋肉は脂肪より比重が高いので、体重は減ることがありますが、体脂肪が増えるので、実際は肥満の犬になる可能性が高いといわれています。
ナチュラルバランスの新しいダイエットフードは、カロリーが20%低くなっていますが、体重を減らすことだけが目的ではなく、筋肉を維持して体脂肪を減らす、真のダイエットができるように設計されています。犬の筋肉をつくるタンパク質が多く、脂肪が多すぎず・少なすぎず、炭水化物(糖質)が少なめになっていて、給餌量を減らさないように豆類・野菜類の食物繊維が多くなっています。
DPP_3451.JPG
ナチュラルバランス「「ファットドッグス・ドライドッグフォーミュラ」5ポンド(2.27kg)(日本正規輸入品)¥3,456(税込み)
●特長
[票舛淵織鵐僖質源の鶏肉とサーモンが、適量摂取できるので、犬の筋肉が増えて基礎代謝と総消費カロリーが多い、脂肪がつきにくく太りにくい体質の犬になりやすくなります。
良質なタンパク質は、アミノ酸スコア100の肉・魚・乳製品などで、100%が犬の体をつくる役割をすることができます。このフードでは、鶏肉・サーモンが主たる良質なタンパク質源で、タンパク質は27%になっています。良質なタンパク質源が適量なので、犬の筋肉が少ない犬は筋肉が増えやすく、筋肉が多い犬は維持しやすくなります。また、タンパク質は、筋肉以外にも、内臓・脳・血管・血液・皮膚・被毛、ホルモン・免疫抗体・酵素をつくる材料になります。犬の筋肉だけでなく、内臓疾患、血液・血管の病気、皮膚病、ホルモン異常・感染症・消化・栄養代謝などの病気予防や健康維持に役立ちます。
鶏脂肪とサーモンオイルが、脂肪酸のバランスが良い脂質で、余計な体脂肪になりにくくなっています。
脂質(脂肪)は、細胞膜、核酸、神経組織などの材料になっている必須栄養素です。脂質を摂ると、体脂肪になると思っている人もいらっしゃいますが、人間同様に犬の体をつくる役割をする重要な必須栄養素です。肉ばかりが多いフードは、動物性脂肪(飽和脂肪酸)過多になりやすいので、サーモンなど魚や植物の脂肪の不飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の1価・オメガ3・オメガ6とのバランスが重要です。
このドッグフードでは、脂肪が7.5%以上になっていて、体を構成するのに必要な脂肪を中心に、余計な脂肪を摂らないような設計になっています。
9鯲燹Π鯲爐療質量を少なくして、体脂肪がつきにくくなっています。
穀類・芋類などの糖質は、人間でも犬でも、最も効率よく早くブドウ糖になってエネルギー(カロリー)になる栄養素です。糖質は、タンパク質や脂肪のような体をつくる役割はなく、主に基礎代謝(体温維持・呼吸・血液循環・消化吸収・栄養代謝等)と活動に必要なカロリーの、「体を動かすカロリー(エネルギー)になる」栄養素です。
糖質を過剰に摂取すると、予備のカロリーとして、糖質は体脂肪になって蓄えられてしまいます。このフードでは、糖質を少なくしているので、シニアから高齢世代になって運動量が少なくなった犬、病中病後で運動量を増やせない犬などでも、糖質過剰になりにくいようになっています。
だ歇茱ロリーは、標準タイプのフードの20%減になります。
犬では、タンパク質と糖質(炭水化物)は3.5kcal/g、脂質は8.7kcal/gで計算します。このドッグフードは、標準タイプのドッグフードに比べて、糖質と脂質が20%近く少ないので、100gの摂取カロリーが20%少なくなります。
ダ歇茱ロリーは20%少なくても、食べる量は標準タイプのフードと同量を食べることができます。
このフードでは、豆類・野菜類が多品目使われているので、食物繊維の種類と量を多く摂取することができます。「炭水化物=糖質+食物繊維」なので、糖質が少なく、食物繊維が多いドッグフードです。食物繊維は、種類によって働きが違いますが、腸内の有害物質の排除、便秘・下痢の改善、血糖値上昇抑制、高脂血症予防などの効果があるといわれています。
また、脂質と糖質が標準タイプのフードより少なくなった分、食物繊維が多いので、食べる量を減らさずにすみます。
Ωい龍敍を増やして、脂肪を減らす。犬の体脂肪を減らして正しいダイエットができやすいフードです。
犬の筋肉を増やすために必要な良質なタンパク質が適量、体脂肪になりやすい糖質が少なめで、同じ量を食べてもカロリーが少ない。このような体脂肪が多い犬の、筋肉を増やして、体脂肪を減らしやすいドッグフードです。体重は、体脂肪が減った分減ります。もちろん、筋肉を増やす為には、散歩など運動をする習慣も大切です。
Цい慮回り、首周りの皮下脂肪、お腹回りの内臓脂肪が落ちて、すっきりした体型になった犬が多くいます。
犬の年齢、性別、食事量にもよりますが、皮下脂肪が目立つ、内臓脂肪が多いような気がする、このような犬では、2か月ほどから、体脂肪が減ってきて、3か月以上経つと、筋肉がついた、余計な脂肪が減った、体重も減った犬が多くいます。体重過多と運動不足、筋力不足の犬も、3月ほど経過すると、筋肉がつく、体脂肪が減った分体重が減って、以前よりも軽やかに散歩ができるようになった犬が何頭もいます。
●原材料
チキンミール、サーモンミール、ヒヨコマメ、乾燥エンドウマメ、大麦、オートミール、豆ファイバー、乾燥ビートパルプ、アルファルファミール、オートファイバー、トマト、マメプロテイン、ブリュワーズドライイースト、ニンジン、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草、鶏脂肪、ドライエッグ、サーモンオイル、イヌリン、L-カルチニン、タウリン、クエン酸、ドライユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス他
*ナチュラルバランスの「チキンミール」は、USDA認可の「人間用食用鶏肉の食用部位(ムネ肉など)」を乾燥させた原材料です。肉の内臓や非可食部部位は使用されていません。「サーモンミール」も同様です。
●成分分析値
粗タンパク質26%以上、粗脂肪7.5%以上、粗繊維10.5%以下、水分10%以下、オメガ6…1.5%、オメガ3…0.25%、カロリー302.5kcal/100g
●1日の給餌量 (体重kg/給餌量g)
〜1kg/〜33g、1kg〜3kg/33g〜68g、3kg〜5kg/68g〜96g、5kg〜10kg/96g〜153g、10kg〜18kg/153g〜227g、18kg〜27kg/227g〜298g、27kg〜36kg/298g〜361g、10kg〜18kg/361g〜419g

●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
ドッグワン・ホームページよりお入りください。
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp
DOGONEオンラインショップ: cart03.lolipop.jp/LA05215563/

author:dogone, category:<Natural Balance>, 16:52
-, -, pookmark