犬用「オーダーメイド・レインコート」。供丙寮、専用型紙、仕立てる。愛犬専用サイズのレインコートができます。)

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 12:15

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、愛犬の体格と体形にあった愛犬専用サイズのレインコートをつくれます。犬は、体重差が100倍ほどもあり、同犬種でも3倍ほど違うなど、体格の差が非常に大きく、体形や被毛の長さや量などの違いも大きいのが特徴です。

ドッグワンでは、犬の身体(背丈、胸周り、胴周り、首周り、前丈)を計測して、それを元に型紙(パターン)をつくり、裁断・縫製をして仕立てます。100頭の犬がいたら、100種類の異なったサイズのレインコートを製作しています。

超小型犬から超大型犬まで、背丈が長い犬、胸周りがある犬、寸胴の犬、胴囲が細い犬、毛量が多い犬など、体格、体形、毛量に関わらず、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。
IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

●採寸、専用型紙、仕立てる。愛犬専用サイズのレインコートができます。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、採寸、専用の型紙をつくる、裁断、縫製などの製作工程で1点1点製作しています。犬の体格、体形、被毛の長さ・量にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。サイズが合ったレインコートは、雨の日でも動きやすく、雨で濡れる面積を少なくすることができます。

1頭1頭、採寸して、専用の型紙をつくって、仕立てます。

採寸は、背丈(首輪の位置からしっぽの付け根)、胸周り(前足の後ろ)、胴周り(後ろ足の前)、首周り(首輪)、前丈(首輪から前足の中間)の5か所を測ります。採寸のデータに基づいて、愛犬専用の型紙(パターン)を製作して、裁断、縫製などの仕立てを行います。100頭の犬がいたら、100通りの専用の型紙をつくり、愛犬専用サイズのレインコートができます。

愛犬の体格、体形に合ったレインコートは、雨で濡れる箇所が少なくなり、歩く・走る・排泄することが普通にできます。

レインコートは、雨で犬が濡れないようにするアイテムですが、人間のようにレインブーツをはいたり、ファスナーで排泄部分を開閉する、フードをかぶることができないので、足回り、お腹やお尻周り、頭や顔などは、どうしても濡れてしまう箇所ができます。しかし、それ以外の、背中部分、お尻のサイド、胸周り、前足の上部などは、サイズが合っているレインコートであれば、ほとんどの部分を濡れないようにすることができます。

また、愛犬の体格・体形に合ったレインコートは、大きすぎず・小さすぎることがないので、犬の動きを妨げることがありません。晴れの日の散歩と同じように、雨の中でも、歩く、走る、排せつも雨の日でもできるはずです。

⓷超大型犬でも、体格・体形に合ったレインコートをつくれます。

ゴールデン・レトリバーのLサイズ以上は、サイズ設定がないことが多いので、40坩幣紊梁膩晋い篦饗膩晋い任蓮▲譽ぅ鵐魁璽箸鬚△らめてる飼い主さんも多いようです。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」では、50kg超、60堋兇離弌璽法璽此Ε泪Ε鵐謄鵐疋奪亜▲哀譟璽函Ε團譽法璽困覆匹離ーダーが多く、70堋兇慮い離譽ぅ鵐魁璽箸眄什遒靴燭海箸あります。大型犬や超大型犬のほとんどが、外でしか排出しないので、レインコートは必需品のはずです。

1543060033424.jpgレイン1.jpg

っ紊襪發里縫妊螢院璽箸兵童い砲盥ド召任后

柴犬は、ほとんど外で排出するので、雨の日でもできるだけ濡れないようにレインコートを着せたいと思っている飼い主さんが多数です。しかし、レインコートだけでなく、シャツなど、身につけるものを着せるのが大変だったり、尻尾の根本に当たると動かくなる、耳周辺に生地がつくと嫌がるなど、デリケートな犬が多いようです。

「オーダーメイドレインコート」では、採寸してその柴犬にだけ合うサイズにつくれるので、犬が不快に感じる部分を少なくできて、慣れてくると雨の日でも普段通りに散歩ができたという報告を受けています。サイズ以外でも、着脱が簡単、全体的に軽量、擦れる音がしないなども、ストレスが少ない理由です。

ゥ潺縫船絅◆Ε瀬奪ス、コーギーなど、胴長短足の体形の犬も体形にあったレインコートができます。

ミニチュア・ダックス、コーギーは、足が短く、胴が長いので、少しでもサイズが合わないと短い足が中に入ったり、お腹が地面に擦れてしまうようなこともあります。

ミニチュアダックスは、カニヘンも含めると、体格差と体形の違いが大きい犬種です。市販のダックス専用のレインコートでも、どこかに合わせると、どこかが短い・長い、余裕がない・余裕がありすぎるなどで、使えるレインコートを持っていない犬も多いようです。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、採寸して専用サイズでつくれるので、ダックスでも胴長、ウェストが細い、足が短いなどの犬にも合うサイズのレインコートがつくれます。

コーギーは、外でしか排泄しない犬が多いので、レインコートは必需品です。コーギー専用サイズのレインコートが以前よりも少なくなっていて、会うサイズのレインコートを探している飼い主さんも多いようです。尻尾がないコーギーは、尻尾の切込みがないラウンドタイプ、尻尾ありのコーギーには通常のしっぽが入る切込みが入ったタイプでつくれます。

ミニチュアダックス、コーギーは、前足の袖はフレンチスリーブのような短いタイプで、短い犬でも足が入りにくいようになっています。その分、袖から雨などが入りやすくなりますが、止むをえないところです。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM