間違いだらけの犬の結石の原因と予防。機塀章/アメリカの犬は、日本の犬と同じドッグフードを食べても、結石ができる犬が少ない)

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 17:20

インターネットの検索サイトは、情報の質が低いサイトが上位を占めることが多くなっているといわれています。犬の結石の原因や予防でも、尿pHをフードで酸性にする、結石成分の栄養素を制限するなどが主で、水分摂取量や運動、栄養バランスなど本来の原因と予防法などがわかりにくくなっています。このような間違ったサイトが多いことが、犬の結石の再発、手術で結石を取り出したなどを繰り返す原因にもなっています。

犬の結石は、人間にできる結石と同じ成分で結石ができる原因やメカニズムも同じといわれます。人間の結石の原因と予防と、犬の結石の原因と予防は、見解が異なることが多く、それが犬の結石が予防できない理由になっていると思われます。

●アメリカの犬は、日本の犬と同じドッグフードを食べても、結石ができる犬が少ない。

ナチュラルバランスの社長が、日本にきたときに、同じフードを食べているのに、日本では、なぜ結石ができるができる犬が多いのか?と、質問があったそうです。

アメリカは、大型犬が多く。庭付きの一軒家で飼育している人が多い、日本に比べて湿度が低いので水分摂取量が多い、いつでも庭にオシッコに行ける、運動量が多いなど生活習慣の違いが、結石が少ない理由のようです。

日本は、小型犬が多い、湿度が高いので喉が渇きにくく水分摂取量が少ない、室内で排泄する犬が多く、おしっこを我慢する犬が比較的多い、運動量が少ないなど、水分摂取量が少なく、おしっこを我慢しやすい生活習慣になっています。

同じフードを食べていて、結石ができる犬が多いのは、フードの成分ではなく、生活習慣の違いが原因であることがわかります。

●結石ができた犬は、1日の水分摂取量の目安の1/3〜1/2ほどの水しか飲んでいない。

結石ができた犬、再発を繰り返している犬、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の両方の結石ができた犬。このような犬の水分摂取量の目安を、飼い主さんに教えると、1/3しか飲んでいない、1/2以下しか飲んでいないという飼い主さんがほとんどです。

●水を飲むように工夫して、1日の水分摂取量の目安を満たした犬では、結石の再発予防、他種類の結石の予防もほぼできています。

水に、フリーズドライのチーズやチキンなどのおやつを粉末にして、味や香りをつけるだけで水を多く飲むようになった犬が大半です。このような犬では、ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石の再発を予防し、他の結石の予防にもほぼできています。

●結石の療法食にしても、結石ができた。何度か手術をした。

ストルバイト結石用の療法食にしても、ストルバイト結石が何度もできたり、手術して結石を取り出した犬。このような犬の飼い主さんから相談を受けることも少なくありません。尿pHをフードでコントロールする、結石を溶解する、結石成分を制限する。このようなことは、人間のストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石の予防では言われることはありません。

●尿pHがアルカリ性だと、ストルバイト結石ができやすいので療法食で予防したほうが良い?

尿pHが継続的にアルカリ性になるのは、尿道から細菌が侵入して膀胱内などで増殖すると、細菌の影響で尿が継続的にアルカリ性になるからです。尿が継続的にアルカリ性になる原因は、尿道炎や膀胱炎などの尿路感染症なので、抗生物質で細菌を減滅できると、尿pHは通常の酸性とアルカリ性の間を行き来するようになります。

たまたま1回の尿検査でアルカリ性になることは、正常でも起こりえることです。数回検査をして継続的(連続して)にpHがアルカリ性の場合は、尿の細菌検査と合わせて、尿路感染症の診断のために使うことが正しいことのようです。尿のpHを、食事で酸性にする必要性・意味がなく、よくわからない説があふれています。

●リン・マグネシウム、カルシウムが多すぎるフードが結石の原因?

ドッグフードの場合は、AAFCO栄養基準があります。カルシウム、リン、マグネシウムは、骨や歯をつくる重要な働きをする栄養素なので、下限量と上限量、カルシウムとリンの比率が設定されています。

AAFCO栄養基準に適合しているドッグフードでは、カルシウム、リン・マグネシウムが多すぎることはありません。また少なすぎることもありません。むしろ、療法食のほうが栄養素を制限していることが多く、不足や欠乏症になることがあります。

また、ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石ができやすい環境は、水分摂取量が少ない犬ほど、尿が濃くなって固形物の比率が高くなることで、特定の成分が飽和状態で溶解しないので、結晶や結石ができることにあります。大切なのは、尿中のカルシウム、リン・マグネシウム濃度であって、必須栄養素を制限しては元も子もありません。

 

                      …続きます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM