梅雨に多い、犬の病気の原因と対策。機覆呂犬瓩法

  • 2019.05.30 Thursday
  • 15:02

梅雨は、湿度が高く、気温も高めで、細菌が増殖するの条件が揃っています。犬が食中毒や下痢。皮膚感染症などになりやすいのは、原因細菌が増殖することが原因です。食中毒の原因細菌は、人獣共通感染症なので、人間の食中毒予防法を、そのまま犬に当てはめると予防ができるはずです。犬の皮膚病の原因の50%は、皮膚感染症といわれています。細菌やカビ菌が増殖しやすい季節なので、犬が痒がって、舐める、掻く、かじるなどの行動をみたら、早期発見・早期治療をすることで、皮膚感染症を予防することが可能になります。

●梅雨に多い、犬の病気の原因と対策。

犬の腸内に腸内善玉菌と腸内悪玉菌、皮膚にも常在菌として善玉菌と悪玉菌があり、それぞれバランスを取ることで健康な状態を維持しています。梅雨に食欲が落ちたり、栄養バランスが悪い食事をしている、雨が続いて運動不足などになると、免疫力が低下するので、腸内悪玉菌や皮膚悪玉菌が増殖しやすくなり、細菌の増殖を抑制できなくなるので、下痢や皮膚病など感染症になりやすくなります。

犬の健康の基本は、栄養バランスが良い食事を適量に規則正しく食べる、毎日適度に運動をすることです。免疫力を正常に維持することで、多くの細菌感染症を予防することができます。

もう一つは、食中毒菌など、新たな危険な細菌を体の中に入れないことです。人間と同じ食中毒対策を犬にするだけでほとんど防げるはずです。

n/中毒の原因と対策

食中毒は、カンピロバクター菌、O-157、サルモネラ菌などの細菌が主な原因で起こります。カンピロバクター・O-157は、感染している鶏や牛の腸の細菌が可食部の肉に付着しているので、トッピングや手作り食で肉を使う場合は、75度以上1分間加熱して食べさせます。サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などは、鮮度が悪くなると増殖するので、鮮度が良いものを選び、必ず加熱して食べさせます。

これらの菌は、人獣共通感染症なので、犬が人に、人から犬にも移ります。肉を調理した包丁やまな板で、野菜を切らないなどに注意すること。人や犬の、嘔吐物や便などの処理は、人間同様に扱う必要があります。

激しい下痢、血便、粘膜便を繰り返したり、嘔吐を繰り返す、震え、高熱などの症状があれば、迷わず動物病院で診察、治療を受ける必要があります。

下痢、軟便はの原因と対策。

ドライフードは、開封後1か月以内で食べきる容量のものにしないと、カビが生えたり腐ってしまうことがあります。また、食べ残しのフード、トッピングの肉や野菜などは、腐ることがあるので、食べ残しは廃棄するほうが安心です。ドライフードやおやつで、水分率が10%未満の完全乾燥のものは、常温で保存するほうが品質劣化しないものが大半です。冷蔵保存すると、袋の内部に結露ができる場合があり、水分が入るとカビや腐ることがあるからです。メーカーやパッケージによって異なるので、販売店で個々の保存法を確認する必要があります。

また、食後に飲んだ水は、細菌が入った可能性があるので、できるだけ新鮮な水を飲ませるようにします。

H乕翩造慮彊と対策

犬の免疫力が低下したり内部的な要因で、特定の皮膚常在菌が異常に増殖すると、マラセチア皮膚症、膿皮症などの皮膚感染症になります。また、犬が体痒くて舐めたり、掻いたり、噛んでいたら、皮膚表面の皮膚バリアが壊れて細菌やカビ菌が皮膚内部で増殖して、2次感染で皮膚感染症になります。犬の皮膚病の原因の半分が皮膚感染症といわれているようなので、梅雨は皮膚感染症に最もなりやすい季節といえます。

犬が痒がっているのを発見したら、できるだけ早くシャンプーや皮膚ケア用品を使って、皮膚を除菌や、殺菌・抗炎症することで、軽度の段階で皮膚感染症の原因菌を減滅して皮膚病の初期段階で治すこと重要です。また、犬のシャンプー、皮膚ケア用品は、全て天然成分のシャンプー&ケア用品で、犬の薄くて敏感な皮膚に安心して使えるものが必要不可欠です。

ょ胱炎、ストルバイト結石

膀胱炎は尿路感染症といわれるように、細菌が増殖して膀胱壁が炎症を起こした状態です。梅雨も多いのは、食欲が低下して免疫力が低下しやすいこと、水分摂取量が少ない犬は年間を通して尿路感染症になりやすくなります。また、ストルバイト結石は、膀胱炎などの細菌が尿中の尿素をアンモニアに分解して、アンモニアが尿の㏗を継続的(持続的)にアルカリ性にすることで、リン・アンモニア・マグネシウムが溶解できなくなり結晶や結石ができることがあるといわれています。

膀胱炎の予防は、細菌を入れない(清潔にする)、細菌を減滅する(免疫力で細菌を死滅する)、細菌を増やさない(尿を貯めない)ことです。尿に細菌がない状態が維持できると、尿にはアンモニアがほとんどないので、ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)はできないので、ストルバイト結石予防にもなります。

ヌ髪嵶歪祺爾鯔匹い如感染症予防。

梅雨の高湿度は、徐々に体力が低下して、免疫力も低下しやすい時期です。体力や免疫力が低下すると、細菌やカビ菌などが原因で、感染症になりやすくなります。この時期に多いのは皮膚感染症、膀胱炎とストルバイト結石、下痢などが目立ちます。体力・免疫力は、食生活と運動の影響が大きいので、栄養バランスが良い食事を適量食べる、毎日散歩をすることを基本に生活習慣を改善することが大切です。

η澑時の運動不足解消と健康維持に、高性能のレインコートは欠かせない。

雨の日に散歩をしないと、運動不足になって体力や筋力・免疫力が低下します。梅雨明けした猛暑は無理できないので、貯筋しておいたほうが、犬の健康管理上でも良いかと思います。

犬のレインコートは、雨の濡れから犬を守るアイテムです。犬の体格や体形に合っていることと、防水性がある生地が必要不可欠です。市販のレインコートでは、サイズ構成が少ない、防水性がある生地を使っていないなど、満足できるレインコートがない犬が多くいます。このような犬には、ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」がお薦めです。採寸をして愛犬にぴったりサイズのレインコート、防水性がある生地のレインコートをつくるころができます。

 

                       …続きます。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM