梅雨に多い、犬の病気の原因と対策。供文い眇中毒に注意)

  • 2019.05.31 Friday
  • 18:01

梅雨になると、湿度や気温が高くなり、細菌が増殖する環境になるので、犬が食中毒になったり、下痢になりやすくなります。犬が下痢になると、動物病院で診てもらうべきか判断に迷うことがありますが、血便・粘膜便・水様便の下痢を繰り返している、嘔吐を繰り返しているようなときは、食中毒の可能性が高いので、できるだけ早く動物病院で診察を受けて治療を受けることが大切です。

また、下痢が続く、便の色が変、血便・粘膜便のようなときも、動物病院に電話で相談するか、診察を受けるほうが良いかと思います。

●犬の食中毒の原因と対策

梅雨は、食品が悪くなりやすいので、人間同様に犬も注意が必要です。

仝い凌中毒の症状

犬の食中毒の症状は、血便・粘膜便・水様便などの激しい下痢、嘔吐を繰り返す。腹痛、発熱などの症状が出るようです。

犬が食中毒の症状があれば、できるだけ早く動物病院で診察を受ける。

犬が上記のような症状があれば、できるだけ早く動物病院で診察を受ける必要があります。飼い主さんが勝手に、残っている薬を使ったりすると、かえって細菌が排出しなくなり重症化することがあるそうです。特に、子犬、高齢犬、病中・病後の犬は、体力が低いことが多いので、油断しないようにする必要があります。

8い凌中毒の原因

食中毒は、カンピロバクター菌、O-157(腸管出血性大腸菌)、サルモネラ菌などの「細菌」が主な原因で起こるといわれています。これらの細菌は、肉や魚介類などに付着していて、腸管内で増殖して発症したり、腸管内で毒素を産出して食中毒を起こします。

犬の食中毒は、肉を茹でる、焼くなどの過熱が不十分で、細菌感染することが多いようです。ドッグフードに肉をトッピング、手づくりおやつで肉を食べさせる、手づくりのジャーキー、手づくり食で使う肉などの鮮度と加熱は、特に梅雨時は注意が必要です。

ノロウィルスは、人型ノロウィルスで、犬には感染しません。

た中毒の予防と対策

食中毒菌の多くは、熱に弱く、75度以上1分間加熱をすることで、細菌を死滅させることができます。犬の場合は、肉をトッピングしている、手づくり食で使っている肉などが十分に加熱している場合は、食中毒の可能性は非常に少なくなります。また、人間の食中毒予防と同様に、肉を切る包丁やまな板と、野菜などに使う包丁やまな板を分ける、使用した包丁やまな板を殺菌するなどで、肉から野菜などに細菌が感染しないようにする必要があります。

タ中毒が、犬同士、人間から犬に、犬から人間に移らないようにする。

食中毒を起こす細菌は、人獣共通感染症菌で、人間や犬・猫にも感染し、人間同士、犬同士、人間から犬に、犬から人間にも感染し発症することがあります。犬が食中毒のような症状がでたら、下痢便の処理をするときに手や体に付着しないようにして、必要に応じて殺菌、手を殺菌するなどにも注意が必要です。また、犬のお尻周辺に、下痢便が付着していたら、すぐにふき取り、殺菌をして、家具やカーペットなどに付着しないように注意します。

 

                   …続きます。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM