梅雨に多い、犬の皮膚病の原因と対策。-4(犬の皮膚バリア機能を低下させない、天然系界面活性剤の「ナチュラルシャンプー」で、皮膚病の改善と予防を。)

  • 2019.06.10 Monday
  • 17:54

犬の皮膚病は、皮膚バリア機能と免疫システムが低下すると、細菌やカビ菌、ハウスダスト・花粉などが皮膚組織に入り込んで、皮膚感染症やアレルギー性皮膚炎などを発症するといわれています。犬の皮膚バリア機能と免疫システムを正常に保つには、皮膚組織や免疫抗体をつくっている主にタンパク質・脂質などの栄養素を過不足なく摂取できる食生活にすることが必要です。

次に、皮膚バリア機能を正常に維持するのに影響が大きいのは、シャンプーではないでしょうか。犬のシャンプーの多くが、石油系界面活性剤を使っていて、皮膚バリア機能を構成する表皮の皮脂膜を取り除いたり、角質細胞と細胞間脂質を浸透して破壊するものもあり、皮膚バリア機能を低下させる原因になっている可能性があるようです。シャンプーした後に、痒がる,フケが出る、痒がる部位が広がる、赤くなっている、皮膚が乾燥している、皮膚がベタベタする、などは皮膚バリア機能が壊れて低下している可能性があります。

犬の皮膚バリア機能を破壊したり、低下させないためには、天然界面活性剤を使った「ナチュラルシャンプー」が、お薦めです。犬の皮膚の健康を保てること、皮膚病の犬の皮膚バリア機能回復、皮膚病を改善することができることは、多くの犬の飼い主さんからの声で、良くわかります。

●犬の皮膚バリア機能を低下させない、天然系界面活性剤の「ナチュラルシャンプー」で、皮膚病の改善と予防を。

犬の皮膚と被毛を洗うシャンプーは、石油系合成界面活性剤・合成洗剤・合成香料・合成着色料などを使った「合成シャンプー」、「合成シャンプー」に、殺菌効果がある薬品を加えた「薬用シャンプー」。ヤシ油やパーム油などの天然界面活性剤とハーブ・植物・海藻などの天然成分でできている「ナチュラルシャンプー」があります。

犬の皮膚の痒みや炎症があると、動物病院で「薬用シャンプー」が処方されます。しかし、薬用シャンプーで洗う度に悪化したり、全身に炎症が広がって慢性化している犬も少なくなりません。犬の皮膚は、人間の皮膚の1/3〜1/5の薄さしかありません。犬の皮膚感染症の原因細菌やカビ菌を殺菌できても、皮膚バリア機能を低下させたり、皮膚組織を壊しては、患部が広がったり、慢性化や悪化するだけで、完治することは難しくなる可能性があります。

今回、紹介するシャンプーは、国産とアメリカのナチュラルシャンプーです。ともに、お湯で薄めて使うシャンプーで、犬の皮膚が健康な状態では10倍にお湯で薄めてシャンプーする。皮膚トラブルや皮膚病のときはお湯で5、6倍に薄めてシャンプーをします。殺菌力がある天然成分、炎症を抑える効果がある天然成分が配合されていて、皮膚トラブルや皮膚病のときは濃いめに薄めて殺菌力と抗炎症効果を高めて使用します。1本のシャンプーで、お湯で薄める希釈倍率を変えることで、皮膚病のとき、健康な時にも、両方で使えます。このような皮膚バリア機能を低下させない「ナチュラルシャンプー」は、アメリカのホリスティック系獣医師さんで、皮膚病の治療の一環として実際に使用されています。

IMG_0269.jpg
写真左:「シャインシャンプー」、写真右「C-DEAM/パピー&アレルギーシャンプー」。
<シャインシャンプー> ¥3,024(200ml)6〜10倍希釈タイプ

国産の無添加シャンプーで、天然のヤシ油・パーム油の界面活性剤、シルク・甘草・陳皮・霊芝を原材料に、無添加・無着色・無香料でつくられています。犬の薄くデリケートな角質層に刺激を与えず、犬の皮膚や被毛の健康維持と被毛を健やかに清潔に保ちます。また、殺菌効果、抗炎症効果がある天然成分が使われているので、犬が皮膚を痒がる、炎症、湿疹、かさぶた、フケが目立つような皮膚トラブルや皮膚病の改善や治療にも使えるシャンプーです。

犬の皮膚や被毛が健康なときは、お湯で10倍に薄めて使います。犬が皮膚トラブルや皮膚病のときは、お湯で6倍に薄めて、週に1、2回シャンプーを数週間続けます。天然成分のシャンプーなので、シャンプーの回数が増えても、皮膚バリアに悪影響をあたえずに、細菌・カビ菌の感染症を改善し、炎症を抑えることができます。

無添加シャンプーの中でも、洗浄力、泡立ち・泡切れ、保湿性が優れ、皮膚や被毛のタイプを選ばないので、使いやすいシャンプーです。被毛の白は真っ白に、黒は真っ黒に、一皮むけたような本来の被毛の光沢・艶がでてくるので、「shine shampoo」という商品名になっています。お湯で希釈して使うので、経済的であることも高評価です。

*原材料は、やし油・パーム油・シルク・甘草・陳皮・霊芝などの天然由来成分で出来ています。
*内容成分は、水・ラウロイル-β-アラニンナトリウム・ラウロイル加水分解シルクナトリウム・ラウラミドプロピルベタイン・コミカドDEA・1.3プチレングリコール・グルチルリチン酸2K・ムクロジエキス・クエン酸・フエノキシエタノール
が表記されています。
<C-DEAM /パピー&アレルギー・セラピーシャンプー> ¥3,780(238ml)5〜10倍希釈タイプ

C-DEAMは、アメリカ・バークレー大学の皮膚学名誉教授が開発した、オールナチュラルケアの特許認可製品ブランドです。

「パピー&アレルギー・セラピーシャンプー」は、アロエベラ・ローズマリー・グリチルリチン(甘草の根)などハーブ・植物などでできている、オールナチュラルシャンプーです。皮膚がデリケートな、仔犬、皮膚過敏症、皮膚アレルギーなどを対象にした低刺激シャンプーです。

子犬や皮膚と被毛の状態が良い犬には、お湯で10倍に薄めて使います。皮膚に痒み、炎症、湿疹があるときは、お湯で5倍に薄めて週1,2回のシャンプーを8週間をめどに繰り返します。

「パピー&アレルギーシャンプー」は、細菌・カビ菌などの殺菌と赤く熱を持った炎症を抑える効果が高く、赤い部位は健康な皮膚色になり、痒みが減る効果が高いと思われます。痒みや炎症がなくなると、犬が舐める・掻く・齧ることがなくなり、皮膚組織の回復、皮膚バリア機能の向上によって皮膚病が治りやすくなります。皮膚炎などが慢性化していたり、症状が酷い、痒みがひどい、全身に痒みや炎症が広がっているような犬にも、お勧めのシャンプーです。皮膚の熱や痒みがとれると、犬が患部を舐める、噛む、かくことが少なくなり、細菌やカビ菌の2次感染を防ぎ、皮膚炎の改善から完治もしやすいシャンプーです。
*成分は、アロエベラジェル40倍・ローズマリー・セージ・ヘーゼルナッツウォーター・サルビア・ペクチンなど。

 

●ご紹介している商品は、「ドッグワン」の店舗、「ドッグワン・ オンラインショップ」で、ご購入出来ます。
<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)

営業時間10:00〜20:00 (年中無休)

ドッグワン・オンラインショップhttp://dogone.shop-pro.jp
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。

ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM