ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、胴長短足のミニチュア・ダックス、コーギーでもピッタリサイズのレインコートができます。

  • 2019.06.16 Sunday
  • 18:35

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、背丈、胸周り、胴周り、首周り、前丈を計測して、その犬専用の型紙をつくって、裁断・縫製をしています。ミニチュア・ダックス、コーギーなど胴長短足の体型の犬でも、1等1頭の体格・体形にあったサイズのレインコートがつくれます。10数年前は、ダックス専用、コーギー専用のサイズとデザインの服やレインコートが揃っていたようですが、今はサイズ構成もデザインも選択枝が少ないので、着せたくても着せらるものがないと嘆く飼い主さんが少なくありません。ミニチュア・ダックス、コーギーのレインコートは、胸周りがあっていないと袖の中に前足が入って、歩くことが出来ません。また、背丈があっていないと、短すぎると雨に濡れてしまい、長すぎると排泄で汚れてしまうこともあります。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、ミニチュアダックス、コーギーのような胴長短足の特殊な体形で、個体差も大きい犬にピッタリなアイテムです。


DPP_2627.JPG
DPP_2626.JPGDPP_2625.JPG
●ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、胴長短足のミニチュア・ダックス、コーギーでもピッタリサイズにつくれます。
ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、犬の背丈・胸周り・胴周り・首周り・前丈を採寸して、専用の型紙をつくり生地を裁断・縫製してハンドメイドで製作をしています。1頭1頭の体格・体形にあったサイズのレインコートができるので、雨の日でも普通に歩く、走る、排泄することができます。

ミニチュア・ダックス、コーギーのレインコートは、袖がフレンチスリーブで短い仕様が基本です。胸幅が少しでも合わないと、袖の中に前足が入ることがあるので、胸まわりのサイズがあったレインコートができることも、胴長短足の犬種では重要なことです。

●着脱が簡単。雨が入る、重くなる、毛をはさむ可能性があるファスナー、マジックテープ、ボタンなど不使用。

雨や雪は、上面に縫い目があると入りやすくなるので、上面はラグラン袖にして縫い目をできるだけ少なくした仕様になっています。また、ファスナー、マジックテープ、ボタンなどの付属は、縫い目が増える原因になり、重くなる、着脱が面倒になる、毛を挟みやすいなどで採用していません。

人間のレインコートやアウトドアウエア同様に、構造をシンプルにしているので、雨や雪が入りにくく、着脱も簡単です。超大型犬では、着脱が簡単で短時間で済むことは、大きなメリットです。脱がせるときも、玄関周辺などを汚すことが少なくなり、レインコート表面の水が、犬についてしまうことも非常に少なくなります。

●ドッグワン「オーダーメイドレインコート」のマテリアル・スペック。(防水性、透湿性、撥水性)
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、生地がボロボロにならない限り、濡れない性能は半永久的に持続します。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+「裏地」の、3層構造「3レイヤー」素材
「超々撥水加工ナイロン100%」+「防水・透湿フィルム」の、2層構造「2レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
●フードあり、フードなしの衿仕様を選択できます。

基本はフードがついていますが、フードなしの衿仕様を選ぶこともできます。今回ご紹介しているHazukiちゃんのレインコートは、オプションの衿仕様になっています。価格は、フードあり、衿仕様でも同じ価格です。
●メールでのご注文方法

ご希望アイテム名(オーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)もご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。

●価格の目安

XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレニーズ

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM