犬の肝臓の数値が高い。掘文い了號担里蓮⊃事や運動などの生活習慣の改善で治す)

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 18:36

犬の肝臓病は、肝臓の数値が高いというだけで、診断もなく、薬が処方されたり、肝臓の療法食にするように指導されることが多いようです。犬が慢性肝炎、肝硬変の非代償期、脂肪肝では、薬の種類が違ったり、療法食はNGの場合もあると思います。診断が難しい理由はわかりませんが、脂肪肝の可能性がある犬では、食事習慣や運動習慣を改善しないと、治ることはありません。

犬の肥満は、体重が多いことではなく、体脂肪が多すぎる状態のことです。犬の脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が溜まった状態といわれています。もし、犬が体脂肪が多すぎる肥満の可能性がある、お腹周りに体脂肪がついたメタボの可能性がある、パン・お菓子をよく食べている、ジャーキーをたくさん食べている、肉が多すぎるドッグフードを食べている、肉が少ないトウモロコシ・小麦が主原料のダイエットフードを食べている、雨・暑い・寒い日は散歩をしないなど、食事や運動の生活習慣に心当たりがある犬は、脂肪肝の可能性があります。犬の肝臓の数値が高い、中性脂肪値が高い、コレステロール値が高い犬も、脂肪肝の可能性があります。

犬の肝臓の数値を下げるために、薬や療法食にしていても、改善しない場合は、動物病院で何の病気なのか再度聞いてみる、脂肪肝の可能性はないのか相談してみることが大切です。犬の肝臓病で怖いのは、脂肪肝から慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんに進行することもあることです。また、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんに進行することもあります。薬を飲み続け、療法食を食べて、何も改善しないのは、犬の病気の進行を許している可能性があります。
●犬の脂肪肝の原因になる、食事と運動の生活習慣。
犬の肝臓に脂肪が溜まるのは、食生活と運動の生活習慣に問題があるのが原因といわれています。したがって、薬や療法食で治すのではなく、食べすぎ、動物性脂肪・糖質の摂りすぎ、運動不足などの生活習慣を改善することが脂肪肝の治療といわれます。犬の肝臓の数値が下がらないのは、肝炎などの薬、肝硬変の非代償期の療法食を食べているなどで、脂肪肝が改善されないのが原因になっている可能性があります。

/べすぎ

食べ過ぎは、エネルギー(カロリー)過剰になり、過剰分は中性脂肪に合成されて予備エネルギーとして皮下脂肪・内臓脂肪にたくわえられます。肝臓に溜まった分は、脂肪肝の原因になります。

ドッグフードや手作り食の食べ過ぎより、人間が食べるパン、ご飯、おかず、さつま芋、お菓子やケーキや、犬のおやつの食べ過ぎが原因で、エネルギー過剰になる犬が多いと思われます。
動物性脂肪の摂り過ぎ
肉などの脂肪は、飽和脂肪酸で中性脂肪やコレステロールを増やす働きがあります。中性脂肪が、肝臓に溜まる脂肪肝の原因になります。

肉が多すぎるドッグフード、グレインフリーのフードや手作り食、トッピング量が多すぎる、ジャーキーなど肉のおやつの食べ過ぎなどが、動物性脂肪過剰の原因になっています。ドッグフードは、タンパク質32%以上、脂肪(脂質)15〜20%前後は、動物性脂肪過剰になる可能性が高いといわれています。

E質の摂り過ぎ
糖質は、「体を動かすエネルギー」になる栄養素で、過剰に摂取するとエネルギーに使われなかった糖質が中性脂肪に合成されて、予備エネルギーとして皮下・内臓脂肪、肝臓に蓄えられる脂肪肝になります。

ドッグフードでは、タンパク質・脂質(脂肪)を制限した療法食、100gのカロリーが少ないダイエットフード・シニア犬用フードなどが、トウモロコシ・小麦・米などの穀類が主原料で、糖質の摂りすぎになりやすい栄養バランスになっています。また、パン・ご飯、さつま芋、お菓子やケーキなど人間の食べ物を多く食べている犬も、糖質の摂りすぎになりやすくなります。
1親杏埖
雨が降ったら散歩をしない、暑いから散歩をしない、寒いから散歩をしない、小型犬で室内で充分といわれた。などの理由で、運動不足になっている犬は、皮下脂肪や内臓脂肪のエネルギーが使われず、蓄積する一方なので、中性脂肪値が高くなる可能性があります。
●犬の脂肪肝は、食事と運動の生活習慣を改善して治す。
犬の脂肪肝は、食事と運動の生活習慣が原因なので、食事と運動の生活習慣を改善すると、治るといわれています。

‥量を食べる食生活に。

1日の総摂取エネルギー量は、1日の総消費エネルギー量とイコールにするのが基本です。ドッグフードは、パッケージに記載している体重別標準給仕量を基本に、犬の基礎代謝量や運動量にあった、適量を食べさせます。トッピングやおやつを食べる犬は、その分をフード量をマイナスして調整します。100gのカロリー×食事量=摂取カロリー(エネルギー)量なので、100gのカロリーが少ないと摂取カロリーが減るわけでもなく、100gのカロリーが多いと摂取カロリーが多くなるわけではありません。
動物性脂肪の飽和脂肪酸、1価、オメガ3・6の不飽和脂肪酸のバランスが良い食生活に。
動物性脂肪の飽和脂肪酸は、中性脂肪やコレステロールを高くする方向に働きます。同じ脂質でも、サラダ油・オリーブオイルなどの1価不飽和脂肪酸は、コレステロール値を下げる方向に働き、魚に多いオメガ3・オメガ6などの不飽和脂肪酸は、中性脂肪値を下げる働きがあります。

ドッグフードでは、鶏脂肪などの動物性脂肪、亜麻仁、サーモンオイルなど、油脂類が具体的に表記されていて、脂肪酸のバランスが良いフードをを選ぶことが大切です。また、脂肪の比率は、10〜15%前後が多すぎず、少なすぎず適量です。脂肪が5,6%しかないフードは、細胞膜・性ホルモン・胆汁酸など体をつくる材料になる脂質不足になりやすく、少なければ良いわけではありません。

E質は適量に。
糖質は、「体を動かすエネルギー」になる栄養素で、過剰に摂取するとエネルギーに使われなかった糖質が中性脂肪に合成されて、予備エネルギーとして皮下・内臓脂肪として蓄えられます。ドッグフードでは、タンパク質・脂質(脂肪)を制限した療法食、100gのカロリーが少ないダイエットフード・シニア犬用フードなどが、トウモロコシ・小麦・米などの穀類が主原料で、糖質の摂りすぎになりやすい栄養バランスになっています。また、パン・ご飯、さつま芋、お菓子やケーキを多く食べている犬も、糖質の摂りすぎになりやすくなります。
に萋適度に運動をする生活習慣に。
毎日、散歩をして適度な運動をする習慣にすることが、犬の健康維持に必要不可欠なことです。犬の筋肉も使わないとすぐに衰えます。毎日、散歩をすることで、犬の足腰など骨格筋が維持や増えると、基礎代謝量が維持や増えるので、前より多く食べても太りにくい、中性脂肪がつきにくい体になります。

●脂肪肝の犬の食事習慣の改善に。筋肉を増やして脂肪を減らす。正しいしいダイエットができるドッグフード。

「FAT DOGS」が、日本で発売されたときに、メジャーと万歩計がついていました。お腹周りなどを計測する、毎日散歩をする。犬の生活習慣を見直して、体脂肪がつきにくいフード+運動で、多くの犬が肥満を解消しています。犬の体重は、体脂肪が減った分減ります。筋肉が少ない犬は、筋肉がついて足腰が強くなった、歩くスピードが速くなったなどの評価も高いフードです。

食生活や運動などの生活習慣に問題があって、肥満、中性脂肪値・コレステロール値が高いまま改善できない犬には、ナチュラルバランス「ホールボディヘルス」より、「ファットドッグス」のほうが、効果が見えやすいと思います。しばらく続けて、効果が見えたら、「ホールボディヘルス」にする、または続けても犬の健康を維持しやすいと思います。
DPP_3451.JPG
ナチュラルバランス「「ファットドッグス・ドライドッグフォーミュラ」5ポンド(2.27kg)(日本正規輸入品)¥3,456(税込み)
●特長
100gのカロリーが約300kcalで、ノーマルタイプよりもカロリーが20%少ない分、20%多く食べることができます。

犬の中性脂肪値、コレステロール値が高い、最大の原因は食べすぎです。「ファットドッグス」は」ノーマルタイプの「ホールボディヘルスより20%カロリーが低いので、20%多く食べさせることができます。食べる量が多いので食欲を満たす可能性が高く、人間の食べ物、犬用おやつなどを減らしやすいので、1日の総摂取エネルギー量を適正にしやすくなります。

1日の総摂取エネルギー量が、総消費エネルギー量とイコールになると、過剰分が中性脂肪に合成されて予備エネルギーとして皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられることがなくなるので、血中の中性脂肪値が基準値内になり、体脂肪の肥満やメタボが解消しやすくなります。また、過剰エネルギーが原因でコレステロールの体内合成量が増えなくなるので、コレステロール値も正常に戻りやすくなります。
肉と魚が適量で、動物性脂肪過剰にならない。血中の中性脂肪やコレステロール値を下げる、1価・オメガ3・6などの不飽和脂肪酸がバランス良く適正量摂取できます。
肉に多い動物性脂肪(飽和脂肪酸)の過剰摂取は、中性脂肪過多、コレステロール過多の原因になります。「ファットドッグス」は、鶏肉とサーモンが主なタンパク質源で、鶏脂肪とサーモンオイルが脂質源になっていて、動物性脂肪が多すぎることなく、不飽和脂肪酸の1価、オメガ3のEPA/DHA、オメガ6の不飽和脂肪酸のバランスが優れているのが特長です。

動物性脂肪の飽和脂肪酸は、血中の中性脂肪やコレステロールを増やす方向に行きますが、不飽和脂肪酸の1価は、特にコレステロール値を下げる方向に、不飽和脂肪酸のオメガ3は中性脂肪値を下げる方向になります。

トッピングの肉が多すぎる、肉のジャーキーの食べ過ぎ、人間が食べるおかずやおつまみの肉類の食べ過ぎなどに注意をすることもお忘れなく。
9鯲燹Π鯲爐療質量が少ないので、肥満になりにくくなり、中性脂肪値やコレステロール値が正常になりやすくなります。
穀類・芋類などの糖質は、エネルギー源になる栄養素ですが、過剰に摂取するとエネルギーに使わなかった余剰分が中性脂肪に合成されて皮下脂肪や内臓脂肪になって蓄えられてしまいます。肥満は、体重が多いことではなく、体脂肪が多すぎることなので、糖質の過剰摂取は、エネルギー過剰、動物性脂肪過剰以上に、肥満や内臓脂肪過多(メタボクの原因になっている可能性があります。

「ファットドッグス」は、穀類・芋類・豆類などの糖質を少なくして、体脂肪にならないように配慮されたドッグフードです。特に、糖質が少なくなることで、血中の中性脂肪値は基準値内になりやすくなります。

人間が食べるパン、ご飯、さつま芋、お菓子・ケーキなどの食べ過ぎは、糖質過剰の原因になるので、食べていたら減らすようにすることも重要です。
ぢ深鑪燹β辛別椶凌物繊維が豊富で、血中のコレステロルや中性脂肪値を下げる効果があります。
「ファットドッグスは、豆類・野菜類が多品目使われていて、多種類の食物繊維を多く摂取することができます。食物繊維は、種類によって働きが違いますが、腸内の有害物質の排除、便秘・下痢の改善、血糖値上昇抑制、高脂血症予防などの効果があるといわれています。中性脂肪やコレステロールの腸からの吸収を妨げる効果があるので、高脂血症(脂質異常症)の犬の改善や予防に効果があります。トッピングやおやつで、野菜や果物を食べさせている場合は、そのまま継続することがお薦めです。
Ωい龍敍を増やして脂肪を減らす。正しいダイエットができるフードです。

「ファットドッグス」で使っている鶏肉とサーモンは、犬の筋肉・内臓・脳・皮膚・被毛・血管・血液、ホルモン・免疫抗体・酵素などをつくる材料になる良質なタンパク質と脂質です。タンパク質が体をつくるのに必要な適量になっていて、脂質は体をつくる働きをするのに必要な量を確保して、エネルギーとして使う分を減らして脂質量全体が少な目になっています。

このように「ファットドッグス」は、犬の筋肉などをつくる栄養源が適量で、体脂肪になる要素が少ないドッグフードになっています。具体的には、犬の筋肉が増えて体脂肪が減る。または、筋肉が多い犬では筋肉を維持して体脂肪を減らす。ことがしやすいフードです。

犬の肥満は、体重が多いことではなく、体脂肪が多すぎることです。このフードは、体脂肪を適正にする正しいダイエットができるドッグフードです。後は、運動をするだけで、筋肉が増える、筋肉を維持する、余計な体脂肪を減らすようにします。

犬の皮下脂肪と内臓脂肪の体脂肪が減ると、血中の中性脂肪値やコレステロール値も下がります。

●「ファットドッグス」原材料
チキンミール、サーモンミール、ヒヨコマメ、乾燥エンドウマメ、大麦、オートミール、豆ファイバー、乾燥ビートパルプ、アルファルファミール、オートファイバー、トマト、マメプロテイン、ブリュワーズドライイースト、ニンジン、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草、鶏脂肪、ドライエッグ、サーモンオイル、イヌリン、L-カルチニン、タウリン、クエン酸、ドライユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス他
*ナチュラルバランスの「チキンミール」は、USDA認可の「食用鶏肉の食用部位(ムネ肉)」を乾燥させて粉末状にしたものです。内臓肉や非可食部部位は使用されていません。「サーモンミール」「オートミール」も同様です。
●成分分析値
粗タンパク質26%以上、粗脂肪7.5%以上、粗繊維10.5%以下、水分10%以下、オメガ6…1.5%、オメガ3…0.25%、カロリー302.5kcal/100g
●1日の給餌量 (体重kg/給餌量g)
〜1kg/〜33g、1kg〜3kg/33g〜68g、3kg〜5kg/68g〜96g、5kg〜10kg/96g〜153g、10kg〜18kg/153g〜227g、18kg〜27kg/227g〜298g、27kg〜36kg/298g〜361g、10kg〜18kg/361g〜419g


●ご紹介している商品は、ドッグワンの店舗、ドッグワン・ オンラインショップで、ご購入出来ます。
「ドッグワン」の店舗
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
「ドッグワン・オンラインショップ
16時までのご注文は、当日発送いたします。年中無休なので土日・祝日でもご利用いただけます。ヤマト便のコレクト払いになります。送料は、5,400円以上は無料です。
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM