犬も予防医学的な考え方を。-5(人間用食品等級の材料を使ったドッグフードor手づくりごはんで、病気予防)

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 14:16

ドッグフードは、原材料に「人間用食品等級」の食品・食材を使った安全なドッグフードと、そうではないドッグフードがあります。手づくりごはんは、もちろん「人間用食品等級」の食品や食材を使ってつくります。

 

犬の予防医学的な考え方では、もちろん食の安全が確保された食生活が大前提です。「人間用食品等級」を使ったドッグフードを選ぶ、または手作りごはんにする、「人間用食品等級」のドッグフードとてづくりごはんの折衷のいずれかになります。

 

ドッグフードの見分け方は、原材料をみると見当がつきます。家禽肉・肉副産物・ミートミール、動物性脂肪・植物性脂肪など、何の肉・どの部位なのか不明、何の脂肪なのか不明な表示がされている。トウモロコシ・コーングルテンミール、大豆・脱脂大豆など、コーン油や大豆油の搾りかすが主原料。BHA・エトキシキン・BHAなどの合成酸化防止剤が表示されている。…等々は、ドッグフード、療法食でも、人間用食品等級を使っていないフードといわれています。

 

鶏肉・チキンミール・鶏レバー、鶏脂肪・亜麻仁・サーモンオイル、玄米・オーツ麦、ポテト、トマト・ほうれん草、クランベリーなど、具体的な表示がされているフードは、「人間用食品等級」がつかわれています。合成添加物は、使用されていないので、表示はありません。

*チキンミールは、鶏肉を乾燥させて粉末状にしたもので、乾燥鶏肉のことです。

 

「人間用食品等級」を材料に使っているドッグフードのメリットは、AAFCO栄養基準に適合しているフードでは、必須栄養素の過不足の心配がないことがあります。また、食事量も体重別の標準給仕量がわかるので、普通に食べさせている分は、肥満や痩せを防ぐことができます。デメリットは、犬によっては飽きることがあり、嗜好性が手づくりごはんよりも落ちることでしょうか。トッピングなどの工夫で、食べ続けるようにすることが対策の一つです。

 

「手作りごはん」のメリットは、食の安全が確認できる、嗜好性が高い、犬や飼い主さんの満足度が高いことがあります。デメリットは、栄養学や犬の栄養学などの知識がないと、栄養バランスが悪くなったり、食事量が不適切になる可能性がある。コストと手間がかかる。食材・メニューが毎日同じになって、栄養が偏ったり、秋て食べなくなることがある。…等があります。

 

「人間用食品等級」を材料に使っているドッグフードと、手づくりごはんを半々にしている飼い主さんも増えています。

忙しい朝は、ドッグフード中心、時間がある夕食は手づくりごはん中心。ドッグフードと手づくりごはんを、半々程度にする。など飼い主さんの都合で、やり方はいろいろあります。メリットは、手づくりごはんの栄養バランス、食事量の不安を解消しやすいことがあります。また、食の安全は一定レベルで確保できることもあります。デメリットは、少ないと思われます。

 

「人間用食品等級」の材料を使ったドッグフードは、食品・食材の種類・品目が多いもので、成分比ではタンパク質22〜28%、脂質10〜15%、糖質35〜45%前後のドッグフードが、栄養バランスが良いと思います。実際に、病気になる犬が少ない、寿命が長い犬が多いなど、遺伝性の疾患など、食事では防げない原因を除くと、予防医学的な標準食といえます。

一方、犬は肉食であるといった考え方のフードもあります。成分比ではタンパク質30〜40%、脂質15〜20%、糖質20〜30%前後です。このような成分比は、犬は肉食系雑食、猫は肉食と考える上記のフードでは、キャットフードと同じような3大栄養素のバランスになっています。犬は猫と違うので、肝機能た腎機能が低下したり、痩せすぎ、太りすぎなど、食事量も含めて難しいフードといえます。

 

犬は、1万数年以上も、人間と一緒に生活して、人間から食べ物をもらって生きてきました。その時代、その時代に、人間が食べていたものの残り物を食べてきたので、穀類・芋類・豆類などの糖質(デンプン)の消化酵素を持っている犬だけが生き残り現在に至っているといわれています。人間が毎日肉を食べるようになったのは、ここ100年ほどで、生活レベルが高い国に限らています。

犬は、肉食ではなく、肉食系雑食。人間は雑食です。雑食は、様々な食べ物を食べて、その栄養素を取り込むことによって、体をつくり、体を動かすエネルギーを得て、生きていけます。犬は肉食系雑食なので、肉や魚が多く必要で、穀類・芋類・豆類・野菜類・海藻類など、多種類で多品目のドッグフードや手づくりごはんの栄養素を摂取できると、健康を維持して、病気を予防でき、長生きすることができます。

 

人間も、犬も、病気を予防して、健康で長きするためには、、安全で栄養バランスが良い食事を、毎日適量に規則正しく食べることが、基本中の基本です。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM