犬も予防医学的な考え方を。-1(運動をする大切さと健康の関係)

  • 2019.10.17 Thursday
  • 15:27

日本では、小型犬が増えていて、子犬を購入するときに、室内の運動で十分であることをセールスポイントにしているペットショップが多いようです。しかし、小型犬でも、1日中狭い空間にいて、室内を歩いたり、走るだけでは、運動不足になったり、ストレスが溜まる、病気やケガをしやすくなるといわれています。

 

毎日歩く、毎日散歩をすることで、犬の全身の筋肉、バランス能力、心肺機能を維持することができます。

犬が歩くためには、4本の脚の筋肉だけでなく、お尻や背中、首と頭など全身の筋肉を使わないと歩けません。また、左右、前後のバランス能力や長い間歩き続ける心肺機能も必要です。犬の筋肉は、主にタンパク質でできていますが、筋肉は使わないとすぐに衰える性質があります。良質なタンパク質を毎日適量摂取することに加えて、毎日散歩をして全身の筋肉を動かすことが必要です。

 

毎日歩く、毎日散歩をすることで、体脂肪が適正になり、肥満予防、生活習慣病予防ができます。

毎日歩く、毎日散歩をすることで、足腰をはじめ全身の筋肉が維持され、体の機能も維持することができます。筋肉は、消費エネルギー量が多い部位なので、筋肉が減少すると、基礎代謝エネルギーが低下して、消費エネルギー量も減少するので、以前と同じ量のフードを食べていると、エネルギー(カロリー)過剰になって、体脂肪がついて、肥満になりやすくなります。

毎日散歩をしている犬は、筋肉が増えることが多いので、基礎代謝エネルギー量が増えて、総消費エネルギー量も増えるので、同じ食事量の食生活を送っていると、余計な体脂肪が減って、肥満を解消することができます。もちろん、歩いているときに消費するエネルギー量も増えるので、歩く時間が増えるにつれて体脂肪が減って、肥満が解消されます。

犬の肥満も、体脂肪が多いことで、たんに体重が多いことではありません。体脂肪が適正になると、肥満ではないので、高脂血症、高血圧、高血糖やさらに糖尿病、脂肪肝、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を予防する効果が高くなります。

 

毎日歩く、毎日散歩をすることで、犬の生活リズムを正常に保つことができます。

動物は、1日25時間単位になっていて、毎日24時間にリセットして、生活リズムを正常に保つようになっているといわれています。朝の散歩で朝日を浴びる、毎日規則正しい食生活にするなどで体内時計をリセットして、生体リズムを正常に保つようにします。できるだけ決まった時間に、散歩をする、食事をする、睡眠をとることは、健康を維持するうえで、人間も犬も重要なことです。

 

毎日歩く、毎日散歩をすることで、ストレス解消。

ストレスを減らすことは、食習慣、運動習慣についで、病気予防において重要なことです。

毎日、部屋の中にいて、家族以外の人に出会うことがない、他の犬に会うことがないようなことは、犬にとってストレスが溜まることです。

毎日、外を歩いて、散歩をして、人、犬に出会ったり、遊んでもらったり、自然に触れる、自由に走り回るなどは、犬の自然な行動で、ストレスをためない、健康を維持するうえでも、大切なことではないでしょうか。

 

                        …続きます。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM