ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の特徴。后淵譽ぅ鵐魁璽箸離瓮鵐謄淵鵐垢肇僖侫ーマンス)

  • 2019.03.01 Friday
  • 15:25

人間のアウトドアウェア、スキーウェア、スノボウエアは、洗濯(クリーニング)、撥水などのメンテナンスを適切にすることで、優れた機能性を維持して、快適に長期間着用することができます。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」も同様の機能素材の生地を使用しているので、洗濯、撥水のメンテナンスを適切に行うことで、撥水+防水&透湿性の機能性を維持して、長い間快適に着用することができます。また、レインコートは、乾いた状態で、ハンガーなどにつるして保管し、高温・高湿度・日が当たる場所で保管しないようにすると、変質や変色・退色などが起きにくく、新品に近い状態をキープしやすくなります。

IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

●「オーダーメイド・レインコート」のメンテナンスとパフォーマンス。

「オーダーメイド・レインコート」は、表地に超撥水加工、中間層に防水&透湿性フィルム、裏地をラミネートした3層構造の機能素材の生地を使っています。または、裏地がない2層構造の機能素材の生地を使っています。撥水性は、水をはじく性能で、永久撥水の生地はないので、劣化すると、表地が水を吸って重くなったり、雨の冷たさが伝わりやすくなります。防水性が水を通さない、濡れない性能のことで、表地の撥水性がなくなっても、防水&透湿フィルムで、水を通さないので、犬が濡れることはありません。

防水・透湿フィルムは、洗濯で性能が劣化するようなことはありませんが、表地の撥水性は劣化していくので、レインコートのパフォーマンスをキープするためにも、撥水性を回復させるメンテナンスは必要です。

\濯。

汚れが部分的であったり、洗濯するまでもないときは、雑巾などで砂や小石、汚れをふき取ります。汚れがひどいとき、お腹側がすごく汚れたときなどは、洗濯(手洗い)して、ハンガーにかけて陰干しで乾かします。

洗濯は、30度以下のぬるま湯、または水で手洗いします。ハンガーにかけて、日影で自然に乾かします。

禁止事項は、プリント部分のもみ洗い。タンブラー乾燥。全体を絞るなどがあります。

撥水のメンテナンス。

永久撥水の生地は、現代でもないので、撥水性が落ちたら、撥水スプレーを使って復活させるメンテナンスがお薦めです。ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の生地は、全て表地が腸撥水加工で、表地の下が防水・透湿フィルムになっています。表地の撥水加工が落ちても、防水&透湿フィルムが水を通さないので、犬が雨で濡れることはありません。

しかし、表地の撥水が落ちると、表地が濡れて重くなる、雨や雪の冷たさが伝わりやすくなる、レインコートが乾きにくくなる、などが起きやすくなります。撥水性は、水をはじく性能なので、撥水スプレーで復活させると、表地に水を含まず、軽量で快適、使用後も乾きやすくなります。撥水スプレーを使うときは、必ず屋外で使用してください。

また、撥水性が落ちてきたときに、レインコートにドライヤー、アイロン(当て布)で低温の熱を加えると、撥水性は少し戻ります。プリント部分は、熱を加えないようにする必要があります。また、高温では生地を傷める可能性があるので不可です。

⓷ストーブ周辺、高温になる場所に、長時間放置しない。濡れたまま、長期間放置しない。

ストーブやヒーターの周辺、夏の車の中など、高温になるような場所に、長時間放置すると、変質して機能が劣化する可能性があります。また、高温、高湿度、日が当たる場所にレインコートを保管しないようにします。生地の縮み、変色、退色、プリント剥離などの原因になることがあります。また、濡れたまま放置すると、変質、変色、カビ、プリント剥離になることがあります。

犬のレインコートも、人間の服、レインコートなどを置いてる場所に、ハンガーなどにかけて保管しましょう。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

カラー:イエロー×オレンジ プリントカラー:シルバー 高襟タイプ

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」の特徴。検弊乎呂離ラーと配色、プリントのカラーとデザインが選べる、オンリーワンのレインコートがつくれます。)

  • 2019.02.28 Thursday
  • 16:18

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、生地のカラーを何色でも選ぶことができます。ボディと袖やフードのカラーを変える、左右の袖色を変えるなどカラーリングの自由度が高いのも特長のひとつです。夜間の散歩が多い犬は、暗くても視認性が高いカラーを選ぶ、毛色など愛犬に最も似合うカラーを選ぶ、他の犬が来ていないようなカラーを選ぶ、など飼い主さんの意向に沿ったレインコートがつくれます。また、背中にプリントを入れられるので、愛犬の名前やイラスト、メッセージなどを入れて、オリジナリティが高いレインコートをつくれます。

IMG_0339.jpg

*生地カラー:3層ソフトタイプ パープル×プラム (カラーは、下記の生地見本参照)

*プリントデザインは、動きでぶれています。

オーダーメイドレインコートは、サイズで価格が決まるので、生地の種類・カラー色、プリントの有り無しで、価格が変わることはありません。

●生地のカラーと配色、プリントのカラーとデザインが選べる、オンリーワンのレインコートがつくれます。

レインコートは、雨や雪で犬が濡れないようにするアイテムです。レインコートに必要な機能は、撥水性、防水性、透湿性がある生地を使う、できるだけ濡れる部分を少なくする、着脱が簡単などですが、それ以外にも夜間や雨で暗くなったときに、遠くからでも目立つ視認性が高いカラーを使っていることも重要です。昨今では、小型犬が多くなり、交通事故から犬を守るためにも、レインコートのカラーも重要な機能の一つと考えられます。

.譽ぅ鵐魁璽叛乎呂離ラーが選べます。パーツ毎に配色を変えることもできます。

レインコートの生地は、パーツ毎に何色でも選ぶことができます。例えば、ボディの色をイエロー、袖とフードをグリーン。ボディの色をパープル、袖先・フード先・腰周りのパーツをプラム。など、生地のカラーと配色が選べます。

夜間の散歩が多い、歩行者・自転車・車などが多いところを散歩しているなどの犬は、視認性が高い色を選ぶと、雨の日でもより安全に散歩ができます。

背中のプリントは、名前や簡単なイラストを入れて、カラーは16色から1色を選べます。

背中に、愛犬の名前や簡単なイラストなどをデザインして、16色から1色を選びプリントできます。英字・漢字・平仮名・カタカナ、書体も自由にできます。世界に1着しかない、オンリーワンのレインコートをつくれます。飼い主さんのアイデア・希望を、伝えていただいて、ドッグワンでデータをつくり、確認していただくこともできます。
IMG_0355.jpg
写真左3色:3層ライトタイプ/グリーン、ブルー、イエロー

写真右4色:3層ソフトタイプイエローグリーン、オレンジ、パープル、プラム
IMG_0359.jpg

写真左3色:3層/ゴールド、ホワイト、ブルー

写真左4,5,6 :2層ロイヤルブルー、ブルー、レッド

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

カラー:イエロー×オレンジ プリントカラー:シルバー 高襟タイプ

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」の特徴。掘閉禽水・防水・透湿・軽量・ソフト・擦れる音が少ない。高機能な生地でレインコートがつくれます)

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 15:45

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、アウトドアウェアやスキー&スノボウエアなどに使っている高機能な生地を使って、犬のレインコートがつくれます。

市販の犬用レインコートのほとんどが、1枚の生地の表面に撥水加工をしただけなので、数回着用すると、生地が雨で濡れてしまい、犬も濡れてしまうのが、飼い主さんの最大の不満、不評なポイントでした。

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、超撥水加工の表地+「防水&透湿フィルム」をラミネートした2層構造の生地、さらに裏地がついている3層構造の生地から選ぶことができます。また、2層、3層構造の高機能素材でありながら、軽量・ソフト・擦れる音がしにくい特性があるので、犬が動きやすく、ストレスが少ないレインコートをつくることができます。
IMG_0339.jpg

●超撥水・防水&透湿・軽量・ソフト・擦れる音が少ない。高機能な生地でレインコートがつくれます。

レインコートは、雨や雪で犬が濡れることを防ぐアイテムです。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」に使う生地は、全て超撥水加工+防水&透湿フィルムをラミネートした2層構造と裏地がついている3層構造の高機能素材を使っています。また、いずれも軽量・ソフト・擦れる音が少ない生地なので、犬の動きに制約がなく、ストレスも感じることが少ないレインコートをつくれます。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

’┐譴覆ぁ蒸れない「超撥水加工+防水&透湿性フィルム」の高機能な生地を使っています。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、超撥水加工の表地+防水と透湿フィルム+裏地の3層構造の生地、超撥水加工の表地+防水と透湿フィルムの2層構造の生地を用意しています。表地の撥水加工が劣化しても、中間層の防水&透湿フィルムで、雨を通さず、体の蒸気を外側に排出します。防水&透湿フィルムは、洗濯などで劣化しないので、犬が雨や雪で濡れることを防ぎ、気温が高い時の蒸れを防ぐことができます。

ほとんどの犬用レインコートは、1枚の生地の表面に撥水加工をしただけなので、数回の着用や洗濯で撥水性が落ちて生地から雨がしみこんで、犬がびしょ濡れになることが多いのが、飼い主さんの不満や不評になっています。

撥水性や防水性だけでなく、軽量・ソフト・擦れる音が少ない。動きやすく、ストレスが少ない、犬に優しい生地です。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、アウトドアやウィンタースポーツなどで使われている生地を使っています。濡れない&蒸れないなどの機能だけでなく、軽量でソフト、擦れる音がない、耐摩耗性が高いなどの特長があります。

市販のレインコートでは、重い、ゴワゴワする、生地がこすれる音がするなどが、犬がレインコートを嫌がる原因にもなっています。

できるだけ、着用感が少ない、普段通りの感覚に近いほうが、犬が雨の中でも快適に散歩ができます。

⓷生地の縫い目をできるだけ少なくして、縫い目から雨が染みこむことが少ないレインコートです。

雨は上から降るので、背中(上部)側は、縫い目を少なくする工夫をしています。ラグラン袖、ファスナー・マジックテープなどを使わないなどで、雨が染みることをできるだけ防ぐような設計になっています。

ぅ侫.好福次▲泪献奪テープ、ボタンを使わないので、その分軽量で、ごわつくことがなく、着脱が短時間で簡単にできます。

ファスナー、マジックテープ、ボタンは、縫い目から雨がしみ込みやすいだけでなく、重くなる、ゴワゴワして着心地が悪くなるなどの理由で使用していません。また、着脱に時間がかかったり、被毛を挟むなどで、犬と飼い主さんの両方にストレスがかかります。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、首、胴、首全部に、ゴムが1周して、引っ張って止めるだけでフィットするような設計になっています。着脱も簡単で、慣れると短時間でレインコートを着る、脱ぐことができます。犬のストレスが少なく、脱ぐときに犬がレインコートについた雨で濡れたり、玄関が濡れることを極力少なくすることができます。

ダ乎呂諒欷遒噺い動きやすいように、生地の裏に、メッシュ生地をつけています。

レインコートの生地裏に、メッシュ生地を縫い付けています。特に、2層構造の生地は、フィルムの保護にメッシュ生地は役立ちます。また、生地裏が、犬に張り付いたりするのを防ぎ、犬が自由に歩ける・動けるようにしやすくなります。

生地で覆われていない箇所は、濡れる可能性があります。

犬のレインコートは、排せつのために開口部が必要であったり、足の構造が人間と違うので足先まで覆うと動きが悪くなる、4本足歩行なのでフードを常時かぶることができない、特に足が短い犬種は前足の隙間から雨がはいりやすいなど、どうしても生地で覆えない部分がでてきます。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、2本足タイプのレインコートで、フードありorフードなし(高襟)、袖が長めなどが選べます。愛犬専用サイズで濡れる部分を少なくする、生地から雨がしみ込むのを防ぐ、縫い目を少なくするなどで、雨に濡れにくいようにはなっていると思いますが、濡れる箇所はできますので、拭く箇所が少なくなると割り切ってレインコートを着せることが必要かなと思います。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の特徴。供丙寮、専用型紙、仕立てる。愛犬専用サイズのレインコートができます。)

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 12:15

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」は、愛犬の体格と体形にあった愛犬専用サイズのレインコートをつくれます。犬は、体重差が100倍ほどもあり、同犬種でも3倍ほど違うなど、体格の差が非常に大きく、体形や被毛の長さや量などの違いも大きいのが特徴です。

ドッグワンでは、犬の身体(背丈、胸周り、胴周り、首周り、前丈)を計測して、それを元に型紙(パターン)をつくり、裁断・縫製をして仕立てます。100頭の犬がいたら、100種類の異なったサイズのレインコートを製作しています。

超小型犬から超大型犬まで、背丈が長い犬、胸周りがある犬、寸胴の犬、胴囲が細い犬、毛量が多い犬など、体格、体形、毛量に関わらず、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。
IMG_5719.JPG
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG

●採寸、専用型紙、仕立てる。愛犬専用サイズのレインコートができます。

ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、採寸、専用の型紙をつくる、裁断、縫製などの製作工程で1点1点製作しています。犬の体格、体形、被毛の長さ・量にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。サイズが合ったレインコートは、雨の日でも動きやすく、雨で濡れる面積を少なくすることができます。

1頭1頭、採寸して、専用の型紙をつくって、仕立てます。

採寸は、背丈(首輪の位置からしっぽの付け根)、胸周り(前足の後ろ)、胴周り(後ろ足の前)、首周り(首輪)、前丈(首輪から前足の中間)の5か所を測ります。採寸のデータに基づいて、愛犬専用の型紙(パターン)を製作して、裁断、縫製などの仕立てを行います。100頭の犬がいたら、100通りの専用の型紙をつくり、愛犬専用サイズのレインコートができます。

愛犬の体格、体形に合ったレインコートは、雨で濡れる箇所が少なくなり、歩く・走る・排泄することが普通にできます。

レインコートは、雨で犬が濡れないようにするアイテムですが、人間のようにレインブーツをはいたり、ファスナーで排泄部分を開閉する、フードをかぶることができないので、足回り、お腹やお尻周り、頭や顔などは、どうしても濡れてしまう箇所ができます。しかし、それ以外の、背中部分、お尻のサイド、胸周り、前足の上部などは、サイズが合っているレインコートであれば、ほとんどの部分を濡れないようにすることができます。

また、愛犬の体格・体形に合ったレインコートは、大きすぎず・小さすぎることがないので、犬の動きを妨げることがありません。晴れの日の散歩と同じように、雨の中でも、歩く、走る、排せつも雨の日でもできるはずです。

⓷超大型犬でも、体格・体形に合ったレインコートをつくれます。

ゴールデン・レトリバーのLサイズ以上は、サイズ設定がないことが多いので、40坩幣紊梁膩晋い篦饗膩晋い任蓮▲譽ぅ鵐魁璽箸鬚△らめてる飼い主さんも多いようです。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」では、50kg超、60堋兇離弌璽法璽此Ε泪Ε鵐謄鵐疋奪亜▲哀譟璽函Ε團譽法璽困覆匹離ーダーが多く、70堋兇慮い離譽ぅ鵐魁璽箸眄什遒靴燭海箸あります。大型犬や超大型犬のほとんどが、外でしか排出しないので、レインコートは必需品のはずです。

1543060033424.jpgレイン1.jpg

っ紊襪發里縫妊螢院璽箸兵童い砲盥ド召任后

柴犬は、ほとんど外で排出するので、雨の日でもできるだけ濡れないようにレインコートを着せたいと思っている飼い主さんが多数です。しかし、レインコートだけでなく、シャツなど、身につけるものを着せるのが大変だったり、尻尾の根本に当たると動かくなる、耳周辺に生地がつくと嫌がるなど、デリケートな犬が多いようです。

「オーダーメイドレインコート」では、採寸してその柴犬にだけ合うサイズにつくれるので、犬が不快に感じる部分を少なくできて、慣れてくると雨の日でも普段通りに散歩ができたという報告を受けています。サイズ以外でも、着脱が簡単、全体的に軽量、擦れる音がしないなども、ストレスが少ない理由です。

ゥ潺縫船絅◆Ε瀬奪ス、コーギーなど、胴長短足の体形の犬も体形にあったレインコートができます。

ミニチュア・ダックス、コーギーは、足が短く、胴が長いので、少しでもサイズが合わないと短い足が中に入ったり、お腹が地面に擦れてしまうようなこともあります。

ミニチュアダックスは、カニヘンも含めると、体格差と体形の違いが大きい犬種です。市販のダックス専用のレインコートでも、どこかに合わせると、どこかが短い・長い、余裕がない・余裕がありすぎるなどで、使えるレインコートを持っていない犬も多いようです。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」は、採寸して専用サイズでつくれるので、ダックスでも胴長、ウェストが細い、足が短いなどの犬にも合うサイズのレインコートがつくれます。

コーギーは、外でしか排泄しない犬が多いので、レインコートは必需品です。コーギー専用サイズのレインコートが以前よりも少なくなっていて、会うサイズのレインコートを探している飼い主さんも多いようです。尻尾がないコーギーは、尻尾の切込みがないラウンドタイプ、尻尾ありのコーギーには通常のしっぽが入る切込みが入ったタイプでつくれます。

ミニチュアダックス、コーギーは、前足の袖はフレンチスリーブのような短いタイプで、短い犬でも足が入りにくいようになっています。その分、袖から雨などが入りやすくなりますが、止むをえないところです。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワン「オーダーメイド・レインコート」の特徴。機塀章/ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」の特長)

  • 2019.02.24 Sunday
  • 15:36

日本は、3日に1日は雨が降るといわれています。雨が降っているから散歩をしない、寒いから散歩をしない、暑いから散歩をしない、このような飼い主さん&愛犬も多いようです。このような生活習慣では、犬が運動不足になることは明らかで、犬のフードやおやつを減らす以前に、雨、寒さ、暑さの中でも、散歩に行くように努力することが、飼い主さんと犬の健康のために必要なことではないでしょうか。

市販の犬用レインコートは、サイズが合わない、大きいサイズのレインコートがない、数回着ただけで濡れるなどで、雨の中を散歩していた犬や雨の日の散歩をしない人が多くいらっしゃいます。犬は、体重差が100倍ほどあり、同犬種でも体重差が2〜3倍ほど違うなど、体格差が大きい動物で、同犬種であっても体形の違いなど個体差も大きいのが特徴です。このような体格や体形の違いが大きい犬では、100頭いたら100種類のサイズのレインコートがないと、ジャストフィットしません。

ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、犬の背丈・胸周り・胴周り・首周り・前丈などを計測して、1頭1頭の体格と体形にあった愛犬専用サイズのレインコートを製作しています。また、生地に3層構造の超撥水表地+防水・透湿フィルム+裏地の機能素材を使っていて、濡れない・蒸れないレインコートができます。写真は、約3圓離船錺錙LUCIA」クンのレインコートですが、70堋兇慮ぁ背丈が長い犬、胸まわりがあって胴が短い犬などでも、もちろん製作できます。

序章では、オーダーメイドレインコートの特長を簡単に説明し、次回から詳細をご紹介いたします。

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」の特長。

IMG_0102.jpgIMG_0098.jpg

⊛写真のレインコートは、チワワ「LUCIA」(体重約3圈縫ンの飼い主さんから借用。

3層構造ソフトタイプ:イエロー×オレンジ、高襟タイプ(フードなし)

●超小型犬〜超大型犬の全ての犬の体格や体形にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

犬の背丈・胸周り・胴周り・首まわり、前丈を計測して、その犬専用のパターンをつくって、レインコートを製作します。

超小型犬から超大型犬まで、犬の体格や体型にあった、愛犬専用サイズのレインコートがつくれます。

●”獣蓮閉禽水加工)∨豹紂ζ湿フィルム⓷裏地の3層ラミネートの、濡れない・蒸れない生地のレインコートがつくれます。

市販の犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけのものが多く、数回使用しただけで撥水加工が取れて、生地に水がしみ込み犬が濡れやすくなります。ドッグワン「オーダーメイドレインコート」をで使っている生地は、表地に超撥水加工、中間に防水・透湿フィルム性、裏地、の3層をラミネートした高機能素材を使っています。

イエローとオレンジの表地は、雨や雪の水をはじく超撥水加工。

表地と裏地の中間層に、濡れない&蒸れない性能がある「防水&透湿フィルム」がラミネート。

下写真のお腹部分に見える水色は、裏地で中間の防水&透湿フィルムを保護します。

*3層生地の内側に、メッシュ生地を周辺だけ縫い付けていて、生地とメッシュが別に動き、張り付きを防ぎ動きを妨げることがありません。

●生地は、軽量・ソフト・丈夫で、擦れる音が少ない。

アウトドアウェアやウィンタースポーツウエアに使う生地を使用しています。このため、3層構造の生地でも、軽量・ソフトで、摩耗・破れに強く、擦れる音もほとんど気になりません。

●生地のタイプとカラーを選び、配色も自由にできます。

生地は、表地(超撥水加工)+防水&透湿フィルムの2層構造タイプ。表地(超撥水加工)+防水&透湿フィルム+裏地の3層タイプ。の2種類あります。カラーは、生地タイプによって色が決まっていて、その中からカラーを選び、パーツ毎に生地と色を選べます。写真のLUCIAの場合は、3層ソフトタイプのイエローが基本色で、袖と襟先が3層軽量タイプのオレンジを使っています。生地や色数で価格が変わることはありません。

●背中に、プリントが入れられます。

背中に、プリント(1色)が入れられます。愛犬の名前、簡単なイラスト(肉球の画像、愛犬のシルエット)などを組みわせて、オリジナルな表現ができます。

●縫い目が少ない、シンプルな構造で、雨や雪の侵入を防ぎ、軽量にできています。

縫い目から雨や雪がしみ込むので、極力縫い目が少ない仕様で製作しています。特に、雨や雪が直接あたる背中側は、縫い目が少なくなるような仕様になっています。

ファスナーやマジックテープは、縫い目が増える、重くなる、犬の毛を挟むなどの理由で採用していません。

●着脱が簡単。普通に歩ける、走れる。

シャツと同じつくりで、着るのも、脱がせのも、すごく簡単で短時間でできます。着脱で、犬にストレスがかからず、脱がせるときに犬が濡れたり、玄関などが濡れにくくなります。

また、ファスナーなど付属が少なく、全体的に軽量でソフトなので、着用しても違和感が少なく、晴れの日と同じように、歩く・走るの動作ができます。

●フート付きが基本で、高襟(上写真)も選べます。前足の長さは、長めも可能。

基本スタイルは、フード付きで、2本足タイプです。上写真の高襟も選べます。また、前足の長さは、歩きやすい範囲で少し長めにもできます。4本足のレインコートは、製作していません。

●価格:XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長と、ご注文から納品までの流れ。
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、ドッグワン店長ブログ2019年3月8日をご参照ください。
・「オーダーメイドレインコート」の特長は、2019年2月24日〜3月7日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」のすすめ。(ゆうちゃん編)

  • 2018.11.25 Sunday
  • 17:32

今回、ご紹介する写真は、飼い主さんから送っていただきました。サイズは丁度良かったそうです。背中のプリントは、ゆうちゃんの肉球で、名前と誕生日がプリントされています。他にも、襟短め、袖短め、尻尾の切れ込みの長さ指定、お腹長め(メス)、前足の間隔など、ご希望に合わせた仕様になっています。

柴犬は、外でしか排出しない犬が多いので、レインコートは必需品です。体格・体形に合ったレインコート、撥水性(水をはじく)だけでなく防水性(濡れない)生地を使っているレインコート、生地の色と配色&背中プリントなど、世界で1着だけのレインコートをつくれるのが、ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」です。

また、柴犬はデリケートなので、レインコートが軽量で、着る・脱ぐが簡単で時間がかからないこと。生地がソフトで擦れる音がしない、サイズが合っていることも大切です。そんな繊細な柴犬にも、このレインコートは普通に歩ける・走れる、最初から嫌がらなったなど、とても評判が良いようです。
1543060011043.jpg1543060033424.jpg

ゆうちゃん/柴犬/女の子     *フードなしの、高襟(オプション)
●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のマテリアル
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、濡れない性能は半永久的です。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+裏地の、3層構造「3レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
<LUCIAのレインコート・オーダー内容>
<ベースカラー> ローズ(3レイヤー・ライトタイプ)×ホワイト(3レイヤー)
<プリントカラー> シルバー
<プリントデザイン> 完全オリジナル
<サイズ/プライス> Sサイズベース / ¥9,936
<仕様> オプション衿短め、袖短め、お腹長め仕様
●雨の日だけでなく、雪や風が強い日、雪国の旅行にも使えます。
多くの犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけなので、数回使用しただけで撥水がとれて、びしょびしょになります。

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」は、防水透湿フィルムを表地と裏地でラミネートした3層構造の生地を使っていて、雨や雪をフィルムで防いで、犬が濡れることを防いでいます。また、防風効果があるので強風で寒い日、吹雪の日にも重宝します。

雨の日だけでなく、雪の日にもアウターとして1年中快適に使えるアイテムです。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は超小型犬から超大型犬まで、ピッタリサイズのレインコートができます。
ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、採寸をして専用の型紙を起こして製作しています。このため、体重が2圓両型犬、体重が70kg以上胸囲120cm以上などの超大型犬でも、ピッタリサイズのレインコートをつくることができます。
愛犬の体型や体格にあった、レインコートがなかった飼い主さんには、サイズが合うレインコートがつくれることだけでも価値が高いのではないでしょうか。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は、メールでも製作することができます。
手順は、メールでご希望のアイテム名、お名前・住所・連絡先、犬種を記載していて申し込んでいただきます。当店より、採寸表、オーダーシートなどの資料を添付して返送いたします。それに基づいて、記載していただき、メールまたはFAXで送り返していただきます。プリントデザインについては、ご希望を連絡していただき当店でデータを作成して、必要であればメールをお送りして確認して頂くこともできます。もちろん、電話で相談などできますので、ご心配ごとも少ないと思います。
期間は、オーダー内容が決定してから約3週間ほどかかります。また、費用は、デザイン費やプリント費などは含まれています。お支払いは、代引きになりますので商品到着日になります。
また、サイズが合わないときには、無料でお直しをしています。レインコートを送っていただくときの発送料は、飼い主さんに負担をお願いしております。こちらから再発送する際には、料金は当店持ちになっております。
 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までと特長について
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、2018年4月28日のブログをご参照ください。
・オーダーの特長は、2018年4月23日〜4月26日のブログをご参照ください。

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワンオリジナル「オーダーメイドコレクション」….譽ぅ鵐魁璽

  • 2018.11.18 Sunday
  • 15:09

犬のレインコートは、犬のサイズと体型にあったレインコートがない、数回着ただけでびしょ濡れになる、犬に似合うデザイン・カラーのレインコートがないなど、顧客満足度が低いアイテムです。

ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は、犬の身体を測定して、その犬専用のパターンをつくって1点1点製作しています。犬の体格や体形に合ったレインコートは、雨から犬を守り、自由に動くために、大切なことです。

オーダーメイド・レインコートの生地は、表地に超撥水加工、中間層に防水&透湿フィルム、裏地の3層構造、裏地がない2層構造の生地を使っています。撥水加工はいずれ劣化しますが、防水&透湿フィルムは洗濯しても劣化がなく、濡れない&蒸れない性能を持続することができます。

また、オーダーメイド・レインコートは、生地の色を選び、配色もできます。袖の色を変える、フードの色を色をかけるなどができます。また、背中には、愛犬の名前や簡単なイラストなどのプリントが入れられます。

本来、犬にレインコートは必需品です。特に、外でしか排出しない犬にとっては、犬だけでなく、飼い主さんの苦労も相当なものです。犬が大きすぎて、体形が特殊で、レインコートを諦めていた飼い主さんには、是非ご検討をお願いいたします。

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」。

IMG_0102.jpg
●超小型犬〜超大型犬まで、サイズや体形を選ばず、愛犬専用のレインコートをつくれます。

犬の背丈・胸周り・胴周り・首まわり、前丈などを計測して、1頭1頭専用のパターンをつくって、レインコートを製作しています。

超小型犬から超大型犬まで、犬のサイズや体型にあった、愛犬専用のレインコートをつくれます。

●生地のタイプとカラーを選び、配色も自由にできます。

生地は、表地+超撥水加工、防水&透湿フィルムの2層構造タイプ。表地+超撥水加工、防水&透湿フィルム、裏地の3層タイプ。の2種類。カラーは、生地タイプによって色が決まっていて、その中からカラーを選び、配色していきます。LUCIAの場合は、3層ソフトタイプのイエローが基本色で、袖と襟先が3層軽量タイプのオレンジを使っています。生地や色数で価格が変わることはありません。

●背中に、プリントが入れられます。

背中に、プリント(1色)が入れられます。愛犬の名前、簡単なイラスト(肉球の画像、愛犬のシルエット)などを組みわせて、オリジナルな表現ができます。

●縫い目が少ない、シンプルな構造で、雨や雪の侵入を防ぎ、軽量にできています。

縫い目から雨や雪がしみ込むので、極力に目が少ない仕様で製作しています。

ファスナーやマジックテープは、縫い目が増える、重くなる、犬の毛を挟むなどの理由で採用していません。

●着脱が簡単。普通に歩ける、走れる。

シャツと同じつくりなので、着るのも、脱ぐのもすごく簡単です。

生地だけでなく、全体的に軽量でソフトなので、着用しても違和感が少なく、晴れの日と同じように、歩く・走るの動作ができます。

●フート付きが基本で、高襟(上写真)も選べます。前足の長さは、長めも可能。

基本スタイルは、フード付きで、2本足タイプです。この写真の高襟も選べます。また、前足の長さは、歩きやすい範囲で少し長めもできます。4本足のレインコートは、できません。
IMG_0098.jpg

●生地は、表地(超撥水加工)+防水&透湿フィルム+裏地の3層構造

表地の撥水加工は劣化しますが、中間層のフィルムは、劣化がなく水が漏れることを防ぎます。

イエローとオレンジの表地は、雨や雪の水をはじく超撥水加工。

表地と裏地の中間層に、濡れない&蒸れない防水&透湿フィルムがラミネート。

下写真のお腹部分に見える水色は、裏地でフィルムを保護します。

*3層生地の内側に、メッシュ生地を周辺だけ縫い付けていて、生地が張り付くことを防ぎ動きやすくなります。

●軽量・ソフト・音が少ない。

表地・フィルム・裏地が、それぞれ軽量でソフトな生地で、擦れる音もほとんどありません。

 

<ドッグワン>
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、http://shop@dogone.jp(Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ブログ:http://blog.dogone.jp

facebook:http://facebook.com/ドッグワン-2077385765662042

ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」のすすめ。(Azuki編)

  • 2018.11.05 Monday
  • 12:59

今回、ご紹介するドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」は、表地と裏地の間に防水透湿フィルムをラミネートした3層構造の生地で、防水性(濡れない)&透湿性(蒸れない)、防風性(風を防ぐ)、超撥水性(水をはじく)がある機能性が高い犬用レインコートです。グリーン×イエローの生地は、高機能素材ながら、ソフトで軽量なので、動きやすく着心地もよさそうです。

雨の日だけでなく、雪の日にも使える、オールウェザー対応の犬用レインコート。採寸して専用の型紙でレインコートをつくるので、1頭1頭にサイズがあったレインコートがつくれます。
レイン2.jpgレイン1.jpg

Azukiちゃん/コーギー/女の子     *フードなしの、高襟(オプション)
●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のマテリアル
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、濡れない性能は半永久的です。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+裏地の、3層構造「3レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
<LUCIAのレインコート・オーダー内容>
<ベースカラー> グリーン(3レイヤー・ソフトタイプ)×イエロー(3レイヤー・ソフトタイプ)
<プリントカラー> シルバー
<プリントデザイン> 完全オリジナル
<サイズ/プライス> Sサイズベース / ¥9,936
<仕様> オプション衿、フレンチスリーブ仕様
●フードor高襟タイプが選べます。
フード付きと、高襟タイプ(フードなし)が選べます。(同金額)
●軽量で、ソフトな3層生地が選べます。
今回のレインコートは、グリーンとイエローのソフトタイプの3層構造の生地がつかわれています。、軽量でソフトな生地で、生地がこすれるような音も非常に低いレベルです。

小型犬や超小型犬では、体にフィットしやすく、重さや硬さがないので、動きやすいレインコートがつくれます。
●雨の日だけでなく、雪や風が強い日、雪国の旅行にも使えます。
多くの犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけなので、数回使用しただけで撥水がとれて、びしょびしょになります。

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」は、防水透湿フィルムを表地と裏地でラミネートした3層構造の生地を使っていて、雨や雪をフィルムで防いで、犬が濡れることを防いでいます。また、防風効果があるので強風で寒い日、吹雪の日にも重宝します。

雨の日だけでなく、雪の日にもアウターとして1年中快適に使えるアイテムです。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は超小型犬から超大型犬まで、ピッタリサイズのレインコートができます。
ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、採寸をして専用の型紙を起こして製作しています。このため、体重が2圓両型犬、体重が70kg以上胸囲120cm以上などの超大型犬でも、ピッタリサイズのレインコートをつくることができます。
愛犬の体型や体格にあった、レインコートがなかった飼い主さんには、サイズが合うレインコートがつくれることだけでも価値が高いのではないでしょうか。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は、メールでも製作することができます。
手順は、メールでご希望のアイテム名、お名前・住所・連絡先、犬種を記載していて申し込んでいただきます。当店より、採寸表、オーダーシートなどの資料を添付して返送いたします。それに基づいて、記載していただき、メールまたはFAXで送り返していただきます。プリントデザインについては、ご希望を連絡していただき当店でデータを作成して、必要であればメールをお送りして確認して頂くこともできます。もちろん、電話で相談などできますので、ご心配ごとも少ないと思います。
期間は、オーダー内容が決定してから約3週間ほどかかります。また、費用は、デザイン費やプリント費などは含まれています。お支払いは、代引きになりますので商品到着日になります。
また、サイズが合わないときには、無料でお直しをしています。レインコートを送っていただくときの発送料は、飼い主さんに負担をお願いしております。こちらから再発送する際には、料金は当店持ちになっております。
 

●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までと特長について
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、2018年4月28日のブログをご参照ください。
・オーダーの特長は、2018年4月23日〜4月26日のブログをご参照ください。
ドッグワン
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp  (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」のすすめ。(LUCIA編)

  • 2018.10.07 Sunday
  • 13:41

今回、ご紹介するドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」は、表地と裏地の間に防水透湿フィルムをラミネートした3層構造の生地で、防水性(濡れない)&透湿性(蒸れない)、防風性(風を防ぐ)、超撥水性(水をはじく)がある機能性が高い犬用レインコートです。レインコートのイエローの生地は、ソフトタイプ。オレンジの生地は、ライト(軽量)タイプで、いずれも3層構造とは思えない軽量でソフトな生地なので、小型犬や超小型犬にも快適なレインコートをつくることができます。

雨の日だけでなく、雪の日にも使える、オールウェザー対応の犬用レインコート。採寸して専用の型紙でレインコートをつくるので、1頭1頭にサイズがあったレインコートがつくれます。
IMG_1387.JPG
 DSC_0002.JPG

LUCIA/チワワ/男の子     *フードなしの、高襟(オプション)
●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のマテリアル
犬のレインコートでは、ほとんど使われていない超高性能レインウエア素材「超撥水+防水&透湿フィルム」生地を採用しています。一般的なレインコートは撥水加工だけなので、水を弾く撥水性能が劣化すると、犬がびしょ濡れになってしまいます。しかし、ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」で採用している生地は、超撥水生地にさらに「防水&透湿フィルム」をラミネートした「濡れない&蒸れない」多層構造のアウトドアウエアやスポーツウエアに使う生地を使っています。このため、撥水性が落ちても、「防水&透湿フィルム」が雨の浸入を防ぎ、犬が雨で濡れることはありません。しかも、この防水性能は半永久的に劣化しないので、濡れない性能は半永久的です。
<マテリアル>
「超撥水加工ナイロン100% 」+「防水・透湿フィルム」+裏地の、3層構造「3レイヤー」素材
<レインコート・マテリアルスペック>
「防水性」<20,000〜30,000mm/H2O>…雨が中に入らない・濡れない性能。傘の40〜50倍の防水性(耐水圧)があり、人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの耐水圧を持っています。
「透湿性」<30,000g/m2/24hrs>…湿気を外に出して、蒸れにくくします。人間のアウトドア用レインコートの中でも、最高レベルの透湿性があります。
「撥水性」<30洗80点>…雨を弾く性能。洗濯30回で80%撥水の超耐久撥水加工を施しています。人間のアウトドア用レインコートの中でも最高レベルの撥水耐久性があります。
<LUCIAのレインコート・オーダー内容>
<ベースカラー> イエロー(3レイヤー・ソフトタイプ)×オレンジ(3レイヤー・ライトタイプ)
<プリントカラー> シルバー
<プリントデザイン> 完全オリジナル
<サイズ/プライス> XSサイズベース / ¥9,180
<仕様> オプション衿、フレンチスリーブ仕様
●フードではなく、高襟タイプも選べます。
通常は、フードがついていますが、オプションで高襟タイプのレインコートも同金額でつくれます。
●軽量で、ソフトな3層生地が選べます。
今回のレインコートは、イエローの生地がソフトタイプ、オレンジがライトタイプですが、いずれも軽量でソフトな生地で、その中でもよりソフト性が特長、軽量が特長などで、いずれも高レベルの生地です。また、生地がこすれるような音も非常に低いレベルです。

小型犬や超小型犬では、体にフィットしやすく、重さや硬さがないので、動きやすく負担が少レインコートがつくれます。
●雨だけでなく、雪の日の散歩、雪国の旅行にも使えます。
多くの犬用レインコートは、生地の表面に撥水加工しただけなので、数回使用しただけで撥水がとれて、びしょびしょになります。

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」は、防水透湿フィルムを表地と裏地でラミネートした3層構造の生地を使っていて、雨や雪をフィルムで防いで、犬が濡れることを防いでいます。

雨の日だけでなく、雪国の犬、旅行で雪国に遊びに行くときなど、雪の日にもアウターとして1年中快適に使えます。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は超小型犬から超大型犬まで、ピッタリサイズのレインコートができます。
ドッグワンオリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、採寸をして専用の型紙を起こして製作しています。このため、体重が2圓両型犬、体重が70kg以上胸囲120cm以上などの超大型犬でも、ピッタリサイズのレインコートをつくることができます。
愛犬の体型や体格にあった、レインコートがなかった飼い主さんには、サイズがあったレインコートがつくれることだけでも価値が高いのではないでしょうか。
●ドッグワンオリジナル「オーダーメイドレインコート」は、メールでも製作することができます。
手順は、メールでご希望のアイテム名、お名前・住所・連絡先、犬種を記載していて申し込んでいただきます。当店より、採寸表、オーダーシートなどの資料を添付して返送いたします。それに基づいて、記載していただき、メールまたはFAXで送り返していただきます。プリントデザインについては、ご希望を連絡していただき当店でデータを作成して、必要であればメールをお送りして確認して頂くこともできます。もちろん、電話で相談などできますので、ご心配ごとも少ないと思います。
期間は、オーダー内容が決定してから約3週間ほどかかります。また、費用は、デザイン費やプリント費などは含まれています。お支払いは、代引きになりますので商品到着日になります。
また、サイズが合わないときには、無料でお直しをしています。レインコートを送っていただくときの発送料は、飼い主さんに負担をお願いしております。こちらから再発送する際には、料金は当店持ちになっております。
●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までと特長について
・「オーダーメイドレインコート」のご注文から納品までの流れは、2018年4月28日のブログをご参照ください。
・オーダーの特長は、2018年4月23日〜4月26日のブログをご参照ください。
ドッグワン
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線 東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp  (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」ご注文から納品までの流れ。

  • 2018.04.28 Saturday
  • 12:24

ドッグワン・オリジナル「オーダーメイド・レインコート」は、ドッグワンの店舗(東京都小金井市)にご来店いただくか、ご来店できない方は、メールのやりとりでつくり完成したレインコートを発送できます。

「ドッグワン店舗にご来店」いただくメリットは、直接生地やサンプルを見ることができるので、生地の色や感触(軽さや柔らかさ)、プリント色を確認できること、犬やが同伴の場合は飼い主さんが採寸しないくて済むことなどがあります。ご注文の流れは、採寸(犬が同伴でない場合は、後日サイズを飼い主さんに測って連絡していただきます)。→生地とカラーを選び配色を決める。→プリントカラーとデザインを検討して決定します(後日、デザインをメールで確認もできます)。→仕様の確認(フードorハイネック襟、袖の長さ等)。→サイズで料金(価格)が決定。→レインコートが完成するまで約3週間かかります。→受け取りが店頭の場合は着用して問題があれば修正してお渡し。発送の場合は、着用してサイズ等の問題があれば、送り返していただき、修正後に発送いたします。サイズ修正は、料金は不要です。
「メールでのご注文」は、ご希望アイテム名(この場合はオーダーメイド・レインコート)、郵便番号・ご住所・お名前、犬種を記載して、shop@dogone.jp にメールしてください。→一両日中に、オーダーメイドレインコートのオーダーシート・採寸表・生地色やプリント色など資料を添付してメールいたします。→このブログ(ご注文の流れ)をご参照にして、オーダーシートに必要事項を記載してメールを当店に返信、またはFAXで送っていただくと、ご注文は完了です。→約3週間で完成後にヤマト運輸コレクト便で発送いたします。→サイズが合わない等で修正が必要な場合は、当店に発送していただき、修理が終わってから再度ヤマト便で発送いたします。
●採寸します。…1頭1頭採寸をして、愛犬専用の型紙をつくり、裁断して縫製しています。1頭1頭、体格や体形にあったサイズのレインコートができます。
採寸箇所は、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈の5箇所が基本です。1頭1頭採寸して、その犬の専用の型紙(パターン)をつくって、生地を裁断して縫製しています。超小型犬から超大型犬まで、1頭1頭異なる愛犬の体格や体形にあったサイズのレインコートをつくることができます。
^Ωい鯑曳爾靴討里翰菘垢蓮▲疋奪哀錺鵑悩寮いたします。
ドッグワンの店内で、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈を採寸いたします。愛犬を同伴できない場合は、ご家庭で採寸表に基づいて計測していただき、後日当店にご連絡いただくことができます。
△翰菘垢任ない方は、当店から送付する採寸表に基づいて採寸して、オーダーシートに記載して、メールかFaxで当店に送り返していただきます。
メールでのご注文は、希望アイテム名(オーダーメイドレインコート)、郵便番号・ご住所・お名前・犬種を、shop@dogone.jpまでお送りください。ドッグワンより、オーダーシートと採寸表(採寸箇所等)等を添付して返信いたします。
採寸箇所を計測してオーダーシートの寸法欄に、首周り・胸周り・胴回り・背丈・前丈等を計測してご記入してください。
生地とカラーを選び、配色を決めます。…レインコートの生地とカラー、配色を決めます。配色は、レインコートのパーツ毎(ボディ・フード・袖・フード縁・袖先等)に、生地・カラーを選ぶことができます。
レインコートの生地は、いずれを選んでも、表地に超々撥水加工+防水・透湿フィルムをラミネートした「濡れない&蒸れない」高機能素材の生地です。レインコートのカラーは、パーツ(ボディ・袖・袖先・フード・フード縁・首まわり縁)ごとに指定ができるので、ボディとフードと袖を異なるカラーにする、ボディ・フード・袖のカラーは同じで、フード周りや袖先を別のカラーを選ぶなど、配色も自由にできます。

メールでのご注文の方は、オーダーシートに生地の種類とカラーを、パーツ毎に指定できるようになっています。生地のカラーは、PC・スマホなど、1台1台異なりますので実際とやや異なる場合もあります。生地やカラーについて、ご質問やご相談は、お電話等で当店までお尋ねください。
\乎呂肇ラーを選びます
生地は、5タイプあります。
「3レイヤー」の生地は、表地と裏地の間に「防水・透湿フィルム」がラミネートされた3層構造の生地で、 ↓◆⓷から選べます。
,痢3レイヤー」の生地は、生地の張り感やしっかり感がある千鳥柄の生地で、丈夫で上質で高級感がある生地です。特に、中型犬・大型犬では、張り感や上質感が評判です。
△痢3レイヤー・ライトタイプ」の生地は、2レイヤーと同じような軽量でしなやかさが特長です。カサカサ音がしにくく、軽量な生地ので、小型犬や音に敏感、服を嫌がる犬などにも評判の生地です。また、視認性が高いカラーなので、夜間の雨天時の散歩、黒毛の犬などにも評判です。

⓷の「3レイヤー・ソフトタイプ」の生地は、柔らかくしなやかさが特長です。ガサガサ音がしにくく、軽量タイプなので、小型犬や市販のレインコートの硬さやガサガサ音が苦手な犬にも、お薦めの生地です。
「2レイヤー」の生地は、表地の裏に「防水・透湿フィルム」をラミネートした2層構造の生地で、といら選べます。生地裏には、メッシュ生地をつけています。
の「2レイヤー」の生地は、,3レイヤーと同じ、生地の張り感やしっかり感がある生地で、上質な光沢感や高級感が評判の生地です。ドッグワンでは、生地の裏側に全てメッシュ生地をつけていますが、,裡灰譽ぅ筺爾鉾罎戮襪搬儺彑は少し劣ります。
い痢2レイヤーライトタイプ」の生地は、軽量でソフトであることが特長です。洗濯や乾かし方などによっては、耐久性がやや劣ります。
 孱灰譽ぅ筺次(3層構造)生地×3色
表地の「超撥水加工ナイロン」+「防水&透湿フィルム」+「裏地」がラミネートされた「3層構造」の生地です。3層構造なので生地の張りやしっかり感があり、丈夫な生地なので犬のレインコートに非常に適した素材です。また、千鳥格子柄と上質な光沢感がある生地なので、その上質さや高級感も好評です。3層構造にありがちな硬さや重さがなない生地で、ガサガサ音や硬さが気になることはまずありません。
また、3層構造の生地とは別に、メッシュ生地を内側に使っているので、レインコートの生地が犬の被毛や皮膚に直接触れにくくなっていて、すべりがよく、冷たさなども、犬に伝わりにくくなっています。
DPP_4032.JPG
左から:*ロイヤルブルーブルー、ホワイト、*レッド、ゴールド(*ロイヤルブルー、*レッドは販売終了です)
◆3レイヤー・ライトタイプ」(3層構造)×4色
3層構造ですが、2層構造のような軽量でしなやかな生地です。カサカサ音や重さを感じにくい生地なので、服やレインコートを嫌がる犬も評判が良い生地です。また、小型犬で、軽量で高性能な生地のレインコートを探していた飼い主さんにも評判が良い生地です。雨や夜間などでも視認性が高いカラーが揃っているので、夜間や早朝の散歩が多い犬、黒毛の犬にもお勧めの生地です。
DPP_4035.JPGDPP_4036.JPG
左から:オレンジ、プラム、パープル、イエローグリーン

⓷「3レイヤー」(3層構造)×4色

この生地は、柔らかくしなやかさが特長です。ソフト、ガサガサ音がしにくく、軽量なので、市販のレインコートの生地の硬さやガサガサ音が苦手な犬にも、お薦めの生地です。小型犬から超大型犬まで、体のサイズや体形にかかわらず、お薦めできる生地です。

new_20170621_2427051.jpg

左から:グリーン、イエロー、ブルー、ブラック
⓸「2レイヤー」(2層構造)×3色
表地の「超撥水加工1WAYストレッチ生地」に「防水&透湿フィルム」がラミネートされた「2層構造」です。表地の生地がしっかりしているので、3レイヤーの生地に近い張り感と光沢があるきれいな生地です。大型犬や超大型犬でも、適度な張り感がある生地で、しなやかさや音が少ないなど評判が良い生地です。
また、レインコートの生地の裏側には、メッシュ生地が使って、フィルムに直接ふれないように保護するようになっています。また、レインコートの生地が直接犬の被毛や皮膚に触れないので、冷たさなども犬に伝わりにくく、すべりが良くなるので運動性も良くなっています。
DPP_4033.JPGIMG_6022.JPG
左から:ロイヤルブルー、ブルー、レッド
ァ孱殴譽ぅ筺・ライトタイプ」(2層構造)×3色+1色
表地の「超々撥水加工ナイロン」+「防水&透湿フィルム」をラミネートした「2層構造」の生地です。ブルーグレー、グリーン、イエローの3色は、表地が薄いので、軽量でソフト、こすれる音が非常に少ない生地です。デリケートな生地で、耐久性がやや劣るので、ボディ・フード・袖などに使うのではなく、フード縁・袖先などワンポイントのカラーとして使うことがおすすめです。
柿色は、表地が3色とは異なります。表地の生地がブルーグレー・グリーン・イエローの3色よりも厚みがありますが、しなやかで耐久性もあります。
DPP_4034.JPGIMG_5871.JPG
左から:柿色、ブルーグレー、グリーン、イエロー
<レインコートの配色>は、パーツ(ボディ・フード・袖・フード縁・袖先など)ごとに、何色でも選ぶことができます。
レインコートの配色は、フード全体、フード縁、フードのつば、首周り、袖全体、袖下縁、背中上部、背中下部、ウエスト周り、おなか、などの各パーツごとに生地とカラーを選ぶことができます。3層の生地と2層ストレッチの生地や2層の生地の組み合わせも自由にできます。何色選んでも、価格は一緒です。
<ワントーン>
全てのパーツが同色使いのバージョンです。3レイヤーと2レイヤーストレッチの生地の中には同色もあるので、フードと袖だけ異素材を使った異素材MIXのレインコートをつくることもできます。
IMG_5719.JPG
<ツートーン>
生地のパーツ毎にカラーを変えることができます。フード全体、フードのツバ、フード縁、首周り、袖全体、袖下縁、ボディ背中側、ボディお腹側、胴のゴム周りが、パーツです。パーツの部分とカラーの組み合わせを選ぶと、ツートーンのレインコートの出来上がりです。
DPP_2015.JPGIMG_6004.JPG
<マルチトーン>
生地のパーツ毎にカラーを変えることができます。フード全体、フードのツバ、フード縁、首周り、袖全体、袖下縁、胴のゴム周りに加えて、背中の上と下別々、お腹側左右別の、フード左右別、袖左右別、フードのツバの上面と下面別など、左右アシンメトリー・カラーのレインコートや、上下が色違いのカラーブロックカラーのレインコートもできます。
プリントカラーを選びます。…プリントカラーは16色の中から1色を選べます。
オーダーメイドレインコートで採用しているプリントは、レインコートで一番大切な「超撥水&防水性能」に影響を与えない、生地の柔らかさやしなやかさ妨げない、下地が透けない、発色性が良い、剥離が少なく耐久性が高いなど、最新のプリント技術を採用しています。プリント代や版代は、費用に含まれますので、別途かかることはありません。また、プリントがなくても費用は同一です。

左上から:ゴールド、シルバー、ホワイト、レッド、グリーン、イエロー、ワインレッド、キャメル、マリンブルー、バンプーグリーン、ネービーブルー、メタルシルバー、レモンイエロー、オレンジ
プリントデザインを決めます。・・・愛犬の名前やイラストをデザインします。
プリントのデザインは、愛犬の名前や誕生日、愛犬の肉球や全身の写真をシルエットにする、名前の由来をイラストにするなど、飼い主さんが自由に表現することができます。プリントデザインは、パターン化されたデザインから選ぶ、飼い主さんのご希望のデザインのラフスケッチから、当店でデザインをしてデータで確認していただくこともできます。また、イラストレーターやフォトショップで飼い主さんがデータをつくることもできます。注意点としては、細かすぎる表現のものは、プリントの剥離の原因になりますので、詳細なデザインのものは適さないこと、プリントのサイズは背中の一定の範囲でしかできないことです。当店で、データをつくる費用は、レインコートの価格に含まれいるので、別途かかることはありません。
●基本仕様と、仕様(フード、袖丈他)を選べる部位があります。…フード付きのTシャツ型(前足タイプ)が基本仕様。フードなしの襟が長い仕様、袖が長め・短め、雌はお腹部分が長め、尻尾無しタイプなどの仕様も選べます。
ドッグワンの「オーダーメイドレインコート」は、基本形がフード付きのTシャツ型で、前足に袖がある2本足タイプです。着脱の際、首周り、胴回り、フード周りの3箇所のゴムで調整をしてアジャストできるようになります。基本形以外に、フードあり、フードなしの襟長、袖の長さ、しっぽがない犬用など、仕様を選択できる部位もあります。
 屮奸璽匹△蝓廚基本形ですが、「フードがない襟が長い」のレインコートもつくれます。
フードありが基本形ですが、フードがない襟長タイプのレインコート(上記バーニーズ、ラブラドール参照)もつくれます。
フードを嫌がる、洗濯や乾かすときにフードがあると面倒などの犬には、衿が長いフードなしのレインコートが選ばれています。
フードありとフードなしの金額は、同額になります。
袖を短めにする。袖を長めにする。ことができます。
ミニチュアダックスやコーギーのような短足系の犬種や、小型犬などは、袖を短めに作製することもできますので、袖に足が入るような心配も要りません。

また、足が長い犬は、袖を長めにすることができます。
尻尾あり仕様と尻尾なし仕様があります。
尻尾がある犬種と、コーギーなどの尻尾がない犬種では、尻尾周辺の仕様を変えています。
ぅスとメスで、腹部の長さを変えることができます。
オスは、排尿のことがあるので腹部のカットが大きめになります。メスは、その分深くつくることもできます。
4本足タイプは製作していません。レッグカバーをお勧めしています。
4本足タイプは、運動性が著しく落ちること、着脱が大変で犬も人も濡れること、カバー面積が少ないこと(排便等)、などの理由で、製作しておりません。後ろ足や前足をカバーする場合は、レインコートと同素材の「レッグカバー」をご検討下さい。
Α屮好織奪侫丱奪亜廚ついています。
旅行先などで濡れたレインコートを収納できる「スタッフバッグ」がついています。

●価格(税込み)は、サイズで決まります。
価格は、採寸したサイズに基づいてきまります。生地の違いや配色数で価格が異なることはありません。また、マーキングデザインのデザイン代・版下代・プリント代も含まれた価格なので、他に費用はかかりません。また、このサイズは、価格を決めるだけで、実際に製作するレインコートは、採寸した寸法によって専用のパターンをつくって、その犬専用サイズにつくられます。
XXXS/XXS/XS¥9,180、 S/M¥9,936、 L/XL¥10,584、 2XL¥11,880 、3XL¥12,960、4XL¥14,580、5XL¥16,200 (税込み価格)
*犬種別の目安は、XXXS/XXS/XS…チワワ・ヨーキー・Mダックス・トイ・プードル、 S/M…パグ・シーズー・Wコーギー・柴犬・ビーグル、 L/XL…シェルティ・スプリンガー・コーギーL・ラブS、 2XL…ゴールデン・ラブL、3XL…ゴールデンL、4XL…バーニーズ、5XL…バーニーズL・ピレネー 

*同犬種でも、体重が2・3倍異なり、体形の違いも大きいので、この目安と実際が異なることがあります。

●納期は、全ての手順が完了してから、約3週間です。
採寸、レインコートの配色、プリントデザインが完成・確認できた段階から、3週間ほどの製作期間をいただいております。

納品は、店頭でお受渡し、店頭からヤマト運輸便で発送。

メールでのご注文は、ヤマト運輸便のコレクト(現金引換え)で発送いたします。

●メール(FAX)を使って、オーダーする手順について。
メールでご依頼の場合は、オーダーシートを添付いたしますので、それに必要事項を記入していただくだけで、簡単にオーダーすることができます。また、カラー配色やプリントデザインのデータ上での確認もできます。
”要事項を記載して「shop@dogone.jp」に送信してください。
メールで「オーダーメイドレインコート」をご注文の場合は、下記内容をご記入のしてメールをお送り下さい。
・ご希望アイテム・・・オーダーメイドレインコートと記載ください。(オーダーメイドシャツ、オーダーメイド首輪とはオーダーシートが異なるため)
・お客様の情報・・・郵便番号、ご住所、お名前、電話番号、メールアドレス
・犬の情報・・・犬種、性別
◆屮ーダーシート」・「採寸表」等必要な書類を添付してメールで送信します。
「オーダーシート」、「採寸表」、「プリント例」等の書類を添付して、メールで送信いたします。
「オーダーシート」の必要事項にご記入していただき、メールかFAXでドッグワンまでお送りください。
オーダーシートには、〆寮I宗↓∪乎呂肇ラー、配色の指示プリントデザインを記入してください。
プリントデザインをメールで確認することも出来ます。
プリントデザインを確認する必要がある場合は、レインコートを指定のカラーで配色したうえに、プリントデータをつけてメールでお送りします。配色やプリントデザインをご確認することや修正することもできます。
と送・お支払いは、ヤマト便の代引き(コレクト払い)になります。
完成した「オーダーメイドレインコート」は、ヤマト便の代引き(コレクト払い)で発送いたします。発送の際には、メール等でご連絡いたします。また、代引き手数料は、10,000円未満315円、10,000円以上420円になります。送料につきましては、5,400円以上はサービスになります。また、他の商品等と同時発送もできます。
●ドッグワン・オリジナル「オーダーメイドレインコート」の特長について
ドッグワンのブログ「オーダーメイドレインコート」の、2018年4月23日、24日、25日、26日のブログをご参照ください。

ドッグワン
〒184-0011
東京都小金井市東町4-31-12 セレスY2 101  
(JR中央線/東小金井駅 南口徒歩3分)
042-381-0187(Tel&Fax)、shop@dogone.jp  (Mail)
営業時間10:00〜20:00 (年中無休)
ホームページ:http://www.dogone.jp

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM